おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

交通安全標語の作り方の一例 

      2016/10/09

 

特に車を運転する方にとっては、毎年発表される交通安全標語は興味深いものになります。

このような、標語の中にはセンスを感じる物も多く、安全運転への意識を高めてくれるわけです。

スポンサーリンク

交通安全標語とは

 

交通安全標語には、交通事故を防止しようとする目的があります。

そして今現在、交通事故発生件数、死傷者数は年々減少しています。

その中で、シチュエーション別に見てみますと、交通事故死者数は歩行中の方の事故が極めて高く、次に自動車乗車中の事故となっています。(平成25年)

故に、標語を作る際は、歩行者や自動車のドライバーの目線に立ち、作ることがポイントとなります。

そして、交通の決まりは必ず守る、などの当たり前のことをもう一度意識させることも大切で、それが国民一人ひとりのモラルを高めることに繋がり、事故を減らすことができるからです。

交通事故を防ぐために

traffic-light-876049_640

交通安全標語を作る上でもっとも大事なことは、この標語を読み、交通安全に対する考えを強く意識させることです。

そして、この標語が交通事故を防止するための一つの指標とならなければならないのです。

一方で、交通安全標語を見てみるとその内容に関しては、前途しましたように、自動車に関連するものが多くなります。

これは当然のことですが、考え方を変えて見ると「交通安全」は、人間関係とも関連性があることがわかります。

 

心の平穏

円滑な人間関係は、心の平穏を保ってくれます。

しかし、心の平穏が保てない場合は注意しなければいけません。

例えば、それが車の運転中であればイライラして、アクセルとブレーキを踏み間違えたり、危険な追い越し、よそ見運転、信号無視などをする可能性が出て来るからです。

特に喧嘩などをしている場合は要注意です。

喧嘩中の精神状態は最悪で、通常時よりも著しく判断力は低下してしまいます。

ハンドル操作中も喧嘩の事が頭から離れず、前方不注意で前の車に衝突してしまい事故を起こした、と言う人がとても多いのです。

対策としては、家庭でも職場でも良好な人間関係を築くことです。

故に、こういった人間関係をキーワードとして交通安全標語を作るのも一つのコツです。

 

交通安全標語の作り方(小学生)とアイデア

steering-wheel-801994_640

交通安全標語

一般的に、口ずさみやすいリズムのものが多いと言えます。

一度聞いただけで覚えてしまうようなリズミカルな流れの標語も多く、コンテストにおいても、聞いたときにインパクトを感じるものが選ばれている傾向があります。

交通安全標語はキーワードを使えば、簡単に作れます。

 

キーワードの例:危ない、飛び出し、やめようよ、道路横断、車

作り方の例:危ない!飛び出しやめようね

このように、標語はキーワードの組み替えにより余り悩まずに作成することもできます。

小学生

交通安全標語は、現在小学生からも応募を募っています。

小学生の場合には、日頃車を運転する機会がなく、徒歩が中心になります。

ですので、歩く側からの目線で交通安全標語を考案出来るという特徴があります。

小学生は、初めて一人で道路を横断するといった状況も多いです。

そのため、より新鮮な視点で問題点を指摘出来るという一面があります。

作り方のアイデア

こういった交通安全標語を実際に作るとなると、中々アイデアが浮かばないということも多々あります。

そのような場合には、これまで発表された標語の例をチェックしてみるのも一つの方法です。

現在インターネットでは、これまで発表された標語の数々が公開されており、時代と共に変わる言葉の使い方やセンスなども学ぶことが出来ます。

このような標語の例では、独特のキーワードが何度も使われているケースが多く、初めて標語を作る場合にはそういったキーワードをヒントに内容を考えてみるというアプローチも出来ます。

スポンサーリンク

交通安全標語のキーワードと一例

 

小学生の使用するキーワードとして頻繁に登場するのは、

  • 横断歩道
  • 信号
  • ヘルメット

などです。このようなキーワードの選び方から、普段目にする機会の多いものに注目しているのが分かります。

中学生、高校生になると、

  • マナー
  • 飲酒運転

などのキーワードが使用されるようになり、若干雰囲気は変わってくるものです。

一般の大人の場合には、運転者の目線も加わり

  • よそ見運転
  • 道路標識

などが取り上げられることがあります。

 

その他のキーワードの一例(ア行~ナ行)も紹介します。

交通安全標語を作成する際に参考にしてください。

ア行のキーワード

「あぶないよ、あせらない、アクセルを、安全は、安心は、青信号、赤信号、あなたから、安全確認、急がずに、一生が、一歩前、命とり、いつも危険を、いつものように、一時停止を、一旦止まろう、命は一つ、運転手、運転者、運転免許、エンジン音、横断歩道、おうだんは、起こす事故、大きくあげて」

 

カ行のキーワード

「確認事項、確認は、傘忘れ、電話をかける、かけるな電話、軽い気持ちで、黄色信号、危険が、気をつけて、気づくこと、急ブレーキ、車社会、車が見えない、車が止まるだろう、繰り返し、ケガはない、警察に、携帯電話、交差点、工事中、こないだろう、子供の将来、交通ルール、交通事故、交通安全」

 

サ行のキーワード

「左右確認、避けられない、避けるだろう、シートベルト、事故起こし、事故現場、事故防止、信号無視、信号待ち、自転車通勤、自転車が!、スピードを、勧めたあなたは、少しだけ、すいません、誠実に、世界、せまい道、その気持ち、そこまでは、そんなに急ぐと、それまでは」

 

タ行のキーワード

「確かめよう、確かめろ、大丈夫、大変だ、大事な命、ちょっと待って、ちょっとした油断が、注意する、駐車場、つけるだろう、つけようよ、次の信号、次の道、手をつなぎ、停止位置、止まるだろう、止まらない、飛び出して、飛び出す子供、飛び出す危険、道路のおしゃべり、道路を渡り、同乗者、どうせばれない」

 

ナ行のキーワード

「慣れた道、なぁなぁで、仲間同士で、荷台に荷物、荷物が邪魔で、抜かれても、抜かさない、眠い時、眠いなら、ねぇちゃんと、姉さんが、のろのろ運転、飲んだ後、飲んでいた、乗る側も、乗らない乗らせない」

 

交通安全標語は過去の例を参考にして作成する

 

過去の標語の例を参考にすれば、様々な目線から標語を作ることが可能になります。

自分の目線だけでは中々浮かばない言葉も、立場を変えてみればスムーズに思いつくことがあります。

こういった標語には多少の地域性もあるため、全国から選ばれた標語を知ることも新たな視点を獲得するためには役立ちます。

様々な視点から交通安全を考えてみることが、印象深い標語を考案するための一つのコツになります。

過去の事例にあたるという地味な作業が、標語には意外に役立ちます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 標語の作り方