おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ご自愛くださいの意味と使い方を知って言葉美人に

      2016/10/09

 

ご自愛くださいという言葉を耳にするけれど、意味がわからないしどう使ったらいいかよくわからないと考える人も多くなってきました。

元々ご自愛くださいとは、その言葉通りご自分の身体を大切にしてくださいという意味です。

スポンサーリンク

ご自愛くださいは自分を大切に、という意味がある

 

自愛という言葉は、文字通りの意味であれば自分を大切にすることですが、特に健康状態を指すことが多いといいます。

自己管理をしっかり行い、身体を大切にすることです。

それ以外としては自分の利益を図ること、物を大切にすることなどが挙げられています。

総合的に見ると、トータルで自分を大切にすることです。

自分を大切にするためには、健康状態に気を配ること、経済的に負担にならないように行動することなどが挙げられます。

愛という言葉が入っているため、心配している真心が伝わりやすく、多くの人にとってあなたを大切に思っている、といった本人から伝わりやすい言葉です。

SAYA160105202992_TP_V

ご自愛くださいの正しい使い方

 

基本的な使い方としては、アナウンサーが使用している例は少なくありません。

健康に関する話題の締めの言葉としての使い方が一般的です。

また、手紙の締めの言葉としても使用されることが多いといえます。

離れていても相手の心配ができるいい言葉として、心から相手を大切に思っていると伝わる言葉です。

ご自愛くださいは、目上、目下関係ない使い方ができるので、ぜひ覚えておいてください。

手紙を書くときばかりではなく、日常生活のほんの些細な挨拶などで応用すると、相手に好印象を与えます。

ただし、使用するときには中途半端な使い方ではなく、正しい使い方をしてください。

スポンサーリンク

正しい使い方の実例

例を挙げると、ご病気にならないようご自愛くださいというやり方では、却って失礼になる用法です。

病気に気をつけてほしいときには、くれぐれもという言葉や、くださいませと伝えるときれいに伝わります。

例を挙げると、「季節の変わり目ですから」という言葉を前につけるのは問題ありません。

むしろ季節の変わり目の体調不良をいたわっているので、きれいな伝え方となります。

病気を心配する場合には、

『風邪が流行っているようです。くれぐれもご自愛ください』

と伝えると、文脈としてもきれいに伝わりますし、相手に対しても心配りが見る伝え方といえます。

 

最後に

 

また、慈愛と漢字を間違えないでください。

自愛は自分を大切にすることですが、慈愛とは自分ではなく他社に惜しみなく与える利他の精神の愛情といえます。

慈しみの心で大切にすることが、相手に伝わるように言葉を与える人は増えています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 間違いやすいビジネス敬語