おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

フリーターから正社員になる方法は2つ、高卒でも諦めるな!

      2016/12/05

 

「フリーターから正社員になりたい」という人達は非常に多いと思います。

フリーターとは、辞書で意味を調べてみると、働いてはいるけど正規の社員ではないこと、とされています。

一般には、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、などを指しています。

正社員と同じ仕事をしていても、給料に格差があり、本当にやりきれないという方々はたくさんいます。

将来の生活設計を考えていく上でも、フリーターから正社員への道を探っていかなければなりません。

スポンサーリンク

フリーターから正社員になる方法

 

まず、正社員について考えてみるならば、フリーターと違う点はその責任の違いにあります。

正社員であるならば、自分がした仕事がどのような結果を生むかを考え、それを受け止めて結果に対する責任を取らなければなりません。

フリーターであれば、もちろんそのような問題は発生せず、管理する側がすべての責任を負うことになります。

ここが全く違う点になります。

これを強く意識した上で、フリーターから正社員に、ステップアップすることを考える必要があります。

正社員の責任感とは

まず第一に「自分はその責任を取っていく」という、覚悟はあるかどうかの自問自答をしていきましょう。

正社員である以上は、誰でも避けられない問題です。

PAK85_tosutool20140830_TP_V

これを受け止めなければ、フリーターから正社員になることは非常に難しくなります。

ただこの認識をして行くことは、自分を高めて行くことにつながりますので、あまりにもリスクが大きいと感じることはないと思います。

ひとくちに責任といっても、仕事自体は組織でやっていくものですので、担当者ひとりだけで全責任を負う、ということは殆どありません。

まずは、自覚を持つことから始めましょう。

そうすれば自分の意識も変わり、採用面接の時には、相手側の見る目が変わってきます。

自分の強みを考えアピールし、今の会社で正社員を目指す

次に、自分はどんな強みを持っているかを常に考えましょう。

例えば「高卒だが英会話だけは誰にも負けない」という、強みがひとつでもあれば、それは自分の価値を飛躍的に高める力強い武器になります。

積極的に管理職の上司にアピールしましょう。

そうすることで、昇格試験を受ける事を進められるようになり、晴れて正社員になれます。

正社員試験では、アピールが功を奏し、よほど酷いことをしなければ落ちないでしょう。

また、英会話ではなくても「パソコンの操作や、現場での機械操作に対する習熟度はトップレベルだ」という、自負があれば良いのです。

それが自信につながり、体からはエネルギーが溢れだし、仕事に対する態度や姿勢も改善され、オーラが出てきます。

もしそのようなことがなければ、これからそれを目指していけばよいのです。

このような事を踏まえ、できるだけ現在の職場でフリーターから正社員になる道を探しましょう。

全く新しい職場や環境でのスタートとなると、覚えることが非常に多く、また人間関係を作って行くのもたいへんです。

できる限り今の環境で、正社員になる方法を探していくことで、後悔することは少なくなるはずです。

スポンサーリンク

フリーターなら失敗を恐れず、転職活動をする

あなたがもし仮に20代後半の年齢で、夢もないのに会社でフリーターをしているとすれば、あなたはもしかしたら、今の自分に満足しているのかもしれない。

初めての就活に失敗し、お金を稼ぐ為に適当に入った会社のフリーターで、もうあなたは満足しているのかもしれない。

女性であれば、結婚することで、この先は夫に養ってもらえば良いのですが、これが男性ともなると、真剣に考えなければならないのです。

この先を想像すると、惨めな負け組人生にしかならないのです。

同期の女性社員と、仲良くしていても意味がないのです。

その女性は、正社員の収入のよい男性と結婚するからです。

今の収入では、結婚してくれる女性もいないでしょう。

仮に素晴らしく心の広い女性が居たとして、結婚できても、共働きをさせなければならず、女性に惨めな生活をさせることになります。

今、行動を起こさなければ、このままではきっとあなたは5年先、10年先もフリーターをしているはずです。

頭のよい男性

PAK75_kewashiibiz20140823111716_TP_V

あなたは今、フリーターで本当は頭のよい男性と自分で思っているのなら、未来を想像し、今の会社に早く見切りをつけ、退職し、正社員として雇用してくれる会社へと転職しなければならないのです。

それが頭のよい男性だからです。

頭の悪い男性

一方で、頭の悪い男性ならきっと何も疑わず、このまま安い給料で雇用され続け、派遣であれば大体35歳くらいで首を切られ、路頭に迷うことになり、この年齢でフリーターをしていた自分を悔やむことになるはずです。

テレビなどのCMでは、アルバイトの従業員を楽しそうに映していますが、それは企業にとってもっとも人件費を安くできるためであり、従業員の生活のことなどは全く考えていないのです。

「みんなフリーターしていて楽しそうだから」と何も考えずにフリーターを選ぶ男性は、頭が悪いとしか言いようがないのです。

前途しましたように、夢などの野心があってフリーターをしている男性は例外です。

失敗を恐れず、いい未来を想像しよう

故に、あなたにはそれ程残された時間はない、今すぐ会社を辞める準備をしなければならない。

まだ今なら、急げば将来に多くの期待ができる、あなたはまだ頑張れるはずだ、ここで決断すればきっと今よりは「いい未来」が待っている。

現状に満足し、変化を恐れていては何も変わらない、行動さえ起こせば、未来は変わる。

正社員なら恋人もでき、マイホームも持てる、老後も安心だ、親の世話も見てあげられ親孝行もできる。

頑張ろう、将来の恋人やあなた自身のために、私自身も頑張っている。

みんな楽などはしていない、みんな頑張って、今の地位を築いてきたのだから。

 

最後に

 

「正社員になろう」という強い気持ちをもっていれば、必ず実現することができます。

今では、ネットなどの転職サイトでも、いい求人を見つけることが可能です。

是非、転職活動をする事を検討してみてください。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職