おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

集団行動が苦手で嫌いな子供の学校での克服方法!

      2016/10/16

 

学校に通う様になると、集団行動が必要になり、時には協力体制が養われる場面などもあります。

しかし、それが苦手で嫌いといった子供も見られます。

学校での集団行動が苦手で嫌いな場合には、いくつかの方法を試してみる事ができます。

スポンサーリンク

集団行動が苦手な子供にはスポーツで対策

 

今後の将来的な事を考えた場合には、避けて通れない団体生活において、ある程度の慣れも必要になります。

例えば、年齢にもよりますが、団体性、チームワークが必要なスポーツなどを始めてみる事もできます。

団体のスポーツ

団体で行うスポーツは様々にありますので、スポーツが嫌だったり、運動がダメというのでなければ、無理強いをしない範囲で始めてみる、薦めてみる事もできます。

団体スポーツの場合には、得点を上げていくために、普段からチームワークが必要になります。

必ずしも上下関係に厳しいチームやスポーツばかりに限りませんので、情報をある程度収集しながら、体験レッスンなどを通じて始めてみる事もできます。

中には、在留外国人と一緒に楽しめるスポーツなども、地域によっては存在しています。

子供の場合には、言葉が通じなくても、相手と分かり合おうとする気持ちが強く表れて、団体性などが養われる場合があります。

スポーツチームの情報などを調べた上で、参加してみる事をおすすめします。

 

集団行動が苦手な子供には趣味や学童保育で対策

スポンサーリンク

学校での集団行動が苦手で嫌いな場合、好きな事には熱中できるという生徒も見られます。

スポーツ以外にも、趣味を深めていく事もできます。

放課後に、学童保育などの現場では、年齢が近い子供もいれば、年齢がかなり下、上の子供が利用しています。

この様な、年齢が混ざった状況の場合には、特に力を合わせて一つの事を仕上げる必要性が出てきます。

屋外に遊びに行く場合にも、下の子供の面倒を見たり、協力体制が必要になります。

学校の場合には、ほとんどが同じ学年によるクラス分けになっているため、それが当たり前の現状になっています。

学童保育などに限ってはいませんが、屋外で協力してできるイベントへの参加をしてみるなど、体験を通じて集団行動に慣れていく様にする事もできます。

 

最後に

 

嫌いや苦手は、慣れが克服のカギになる場合がありますので、イベントなどを利用する事ができます。

特に、親がいない屋外の場合には、子供にとって、開放感を感じる場面が多くなります。

自主性を養う事にも繋がり、集団における自分の役割を見つける可能性を引き出してくれる場合があります。

親であったり、周囲の協力も必要になりますが、子供の人間形成にも役立つ事ですので、考慮してみてください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 子育て