おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

工場勤務が底辺に属されるケースを見ていきます

      2016/12/02

 

職種が多く存在する様に、何かを製造するという工場などに勤務する人たちも多くいます。

しかし、人によっては、生活の現状は甘くない内容が見られる場合もあります。

工場勤務をしていると、底辺で生活していると捉えられる事もあります。

実際には、工場勤務をしていても、安定した収入を得て、定年まで同じ製造所で勤め上げるという人も存在しています。

 

工場勤務が底辺と呼ばれる理由

 

不安定な勤務体系

底辺と呼ばれるに当たっての問題は、例えば、不安定な勤務体系なども挙げられます。

事業所の取り扱い内容や、勤務に関するシステムにもよりますが、季節的なアップダウンがあるなどの場合、必要な時だけ人員を募集する事があります。

内容によっては、単純作業であると、年齢や性別を問わず、真面目に作業をしてくれる人であれば、誰でもが勤務できる場合もあります。

一方で、一生懸命に製造所での作業をこなしたとしても、季節労働などの場合には、時期がくると、仕事を辞める形になり、職を失ってしまうデメリットもあります。

次の仕事が直ぐに見つかる人ばかりではないため、生活にも困ってしまうという場面に繋がる事があります。

正社員として勤務できる場合には、福利厚生などの面でも保証されている部分もあります。

もし、短期的、期間限定などの形で工場勤務を行っている場合には、医療などの面においても、保証が無い状態になるケースがありますので注意が必要です。

仕事で危険を伴う作業がある

事業所には、作業をするための大型機械などもあります。

作業によっては、かなり集中力を必要として、危険な作業に従事する場合もあります。

怪我をした場合にも、医療面での問題が発生する事もあります。

給与が安い

RAN151107330I9A8198_TP_V

工場勤務をしていると、仕事については真面目に対処していても、給与が安く、将来設計などができないというケースもあります。

年齢が若いと、将来的には、結婚やこどもをもつなどの場面も想定した生活が必要になります。

しかし、経済的な余裕がなく、生活もギリギリの状態になるケースがあり、このことも底辺と呼ばれる理由の一つになっています。

 

工場勤務から抜け出す方法

 

工場勤務をしている現場においては、必ずしも綺麗な環境が整備されているとは言い切れません。

汚い環境で、給与が安い、それでも生活における収入が必要で、勤務を途中で中断する訳にはいかない、というスパイラルに陥ってしまう事もあります。

底辺から抜け出すには、自分の腕に何かの技術を身に付けて、同じ製造所での立場に変化をもたらすなどの方法もあります。

技術や資格によって、給与が上がるというケースもありますので、自分を磨いて向上させるなどの方法も有効手段の一つになります。

 

工場勤務は地方では安定した生活がおくれる仕事です

 

大手の工場

筆者自身も工場勤務を2社程、経験したことがあります。

一社目は大手の食品工場でした。

工場勤務といえど大手の企業ともなると、社員への福利厚生も充実したものになっています。

ホワイト企業の代表的な制度に『完全週休2日制』がありますが、大手のほとんどはこの完全週休2日制を採用しています。

完全週休2日制をとる企業と言うのは、比較的安定した経営が出来ている企業と捉えることが出来ます。

製造所に勤める際は、これをブラック企業とホワイト企業の見極める材料として使えば、長期に渡って勤めることが可能な職場を見つけることが出来ます。

正社員について

大手では、正社員登用試験を受けて正社員になれば、当然給与もアップします。

ボーナスに関しても、非正規労働者と比べると倍近く貰えることもあります。

その反面、組合への強制加入、組合主催の行事やイベントなどにも参加しなければなりません。

筆者のような休日は絶対に休みたいタイプの人間からすれば、スポーツ大会や社員どうしの親睦を深める交流会などは、めんどくさいものでしかありませんでした。

結果3年程しか持ちませんでした。

従業員10人以下の工場

一方で地方の従業員10人以下の製造所に勤務すると「休みも少なく低賃金」と筆者の同級生のAさんは語ります。

社員には「業務が多忙なのは少数精鋭の会社だから」と正論を振りかざし、重労働なのに働いても働いてもベースアップもそれほど望めず、毎日毎日、同じ作業の繰り返しで思考回路も麻痺してきます。

仕事が終わると疲れて寝る、そんな状況ですので、「私はこのままでいいのだろうか」と不安にかられたそうです。

工場長に昇格

入社後数ヶ月ほどで正社員となり、仕事が評価されれば数年後には、工場長に昇格です。

現場を任され、トラブルの対処にも当たります。

機械を動かすので、昼休みでさえ機械と共に過ごさなければならないのです。

従って、ごはんも美味しく食べることはできず「ストレスが溜まって仕方がない」とAさんは話してくれました。

しかし、コミュニケーションが得意ではなく、勉強もしたくない、となると田舎ではこう言った工場勤務の仕事しかないのが現状です。

筆者は他の工場への転職を進めましたが、彼は「工場長の責任や生活があるから」と転職に踏み切れないようでした。

従業員100人以上500人以下の工場

PASONA_21_TP_V

筆者が務めた2社目の工場は、従業員100人以上500人以下の事業所です。

一般に多くの方が勤めることになるのは、このあたりの規模の製造所ではないでしょうか。

田舎にもこれらの製造所はあり、従業員10人以下の規模の製造所よりも比較的安定しています。

福利厚生も良く、職場恋愛で結婚する男性、女性も多いです。

定年まで勤めあげれば、それなりの退職金も支給されます。

また、安定経営のため定時に帰ることができ、週休2日制を導入している企業も多いです。

それゆえにブラックではなく、ホワイト企業と呼べます。

管理職について

小規模な工場とは違い、ここでは管理職以上になればそれほど現場に出ることがなく、事務所でデスクワークをしたり他の部署との打ち合わせが主になります。

コミュニケーション能力も求められる

地方では高校卒業後に、これらの工場に友達同士で一緒に仲良く勤めることが多いです。

従って、工場勤務では仲間意識が強く、頻繁に飲み会も行われます。

それ故に集団の中で孤立してしまうと、会社に通うのが辛くなるようです。

製造所は学校の延長線上にあるようなもので、みんなと一緒の安定した生活がしたい方にとってはおすすめの職場です。

ただ、筆者のように刺激がほしい、と言う人には合う職場ではありません。

 

最後に

 

工場勤務は商社や一流企業に勤める方から見れば、底辺に見えるのかもしれません。

ですが、地方では従業員100人以上500人以下の製造所は、それなりに安定した働き口です。

転勤も課によっては全くありませんので、「地方で安定した生活がしたい」、「都会はもう嫌だ!」、「友達と一緒がいい」と思う方は、従業員100人以上500人以下の『週休2日制』を導入しているホワイト企業を選ぶべきです。

その際の就職するコツとしては、ハローワークだけに頼らず、転職サイトなどを活用した転職活動をすることが大事です。

もちろんハローワークにも良い求人はありますが、そのほとんどは早い者勝ちで、通常は残された求人の中から選ぶことが多くなります。

そうした状況では、ホワイト企業を探すのも困難です。

そのせいか社宅付きの求人などは、ハローワークではあまり見かけることがないのが現状です。

しかし、製造業や工場勤務の仕事に特化した求人サイト、「工場ワークス」になら大手の求人も豊富にあります。

その他にも、様々な工場の仕事が掲載されています。

工場勤務の仕事を探す際には、一度「工場ワークス」のサイトを利用してみてはいかがでしょうか。


サイトはこちら↓↓
工場ワークス

 

 

関連コンテンツ

 - 仕事