おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

仕事をどうしたらいいかわからない時

      2016/12/05

 

どんな仕事をしていても、その内容に疑問を持ったり、どうしたらいいかわからないと思うことは誰にでもあります。

そんな時には、その仕事の目的と到達すべき成果についてあらためて考えてみることが重要となります。

スポンサーリンク

どうしたらいいかわからない時はまず目的は何なのかを整理する

 

自分が受け持っている仕事の本質的な目的は何なのかを、まず自分なりに整理してみましょう。

それにより目的が確認できたら、それをどのように遂行して成果をあげるかを考えることになります。

これは仕事によって大きく異なるものになります。

営業ならば数字や顧客開拓数などが成果になりますが、すでに顧客となっている方々への対応であれば顧客満足度がその成果になります。

とかくどうしたらいいかわからないと思うのは、数値的な表面上の成果ではないところに難しい要素のあるものが多くなります。

結果を出すには

OOK86_TELsurublack15190743_TP_V

同じ結果を出すにしてもやり方を定義されている仕事もあるでしょうし、プロセスは完全に自分で考えて行うことが求められているケースもあります。

難しいのは結果目標だけ与えられて、それに各自自分で考えた手法で突き進んでいかなくてはならないときです。

たとえば営業で新規の顧客開拓を業務としている場合には、顧客を開拓することが目標とはなっているものの、どのアプローチ方法やクロージングまでのプロセスはすべて個人が考えなくてはならないケースがよくあります。

これは目標を整理しただけでは、実際どうしたらいいかわからない業務のひとつになります。

そんなときは、マーケティングの基本を忠実に再現するのも一つの方法です。

マーケティングの基本

マーケティングとは、簡単に言うと商品を販売するために人を呼び込むことです。

マーケティングでは、まず客の動向を探りどんな商品なら人気になるか、などの市場調査を行い、

次に、広告を作り宣伝するのです。

最後に商品を販売し、どうやったらこの売り上げをもっと伸ばせるかを考えるのがマーケティングの基本です。

マーケティングの極意

一方で、このマーケティングをしっかりと行ったからといって、販売が上手くいくとは限りません。

当てが外れて、見通しが立たなくなることの方が多いのです。

そこがビジネスの難しいところでもあります。

ですが、このマーケティングには極意があります。

それは客が何を求めているのかということを理解しているかどうかです。

例えば、女性が高い洋服を購入する場合、その洋服が気に入ったことは間違いありませんが、それ以外にも彼女には目的があります。

そう彼女は周りから、人並み以上の生活をしている女性として見られたいという願望を叶えるためにこの洋服を購入しているのです。

この場合は、見栄やプライドという自己の虚栄心を満たしたい気持ちが強いのです。

従って、販売する側はこのプラスアルファーを積極的にアピールすることが必要になります。

一般に多くの人は、その商品を持つことで得られる効果を欲しています。

販売が上手くいかない多くの場合には、このプラスアルファーの説明不足などが挙げられます。

また、商品を販売するにあたっては客に感動を与えるくらいの意気込みで、商品に沿ったオリジナルのストーリーを作ることも必要です。

スポンサーリンク

仕事でどうしたらいいかわからない時は真似ることも必要

 

営業行為では人を真似るだけではなかなかうまくいかないものですが、それでもベストプラクティスと呼ばれる模範的な行為というものは必ず存在するものです。

高い成績を上げている人は一体自分とどこが違うのかをよく観察してみますと、何らかの糸口というものが見つかることになるのです。

もちろん世の中にいままでなかったものを作り出し、販売するといった未知の領域のビジネスの場合には、人の事例を模範にすることはできないものも多いことと思いますが、それでも参考になるビジネスの手法というものは必ず存在します。

全く独自の手法で業務に取り組み成功する人というのは、せいぜい全体の2割り程度にすぎません。

多くの人は人がうまくやれている内容を模倣するところからはじまって、自分の形として完成させることでなんとか自分のやり方として定着させているのが殆どです。

人を真似ることは恥ずかしいことではありませんが、単にまねるだけではなく自分のものにしていくところに努力が必要となるのです。

どうしたらいいかわからないという問題は、こうしたアプローチを行うことでかなりクリアになってくるものです。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - どうしたらいいかわからない