おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

「的を得る」と「的を射る」の違いと意味、そして使い方

   

 

的を得る、的を射る、どちらが正しいのか、そしてどういった違いがあるのかはよく議論に上ります。

意味としては、要点を得ている、理にかなっているというものになりますが、職場などでも実際に使用する方も多いのではないでしょうか。

その際、頻繁に聞く方は「的を得た」の方ではないでしょうか。

スポンサーリンク

「的を得る」「的を射る」どちらが正解?

bunbougu_cutter

例えば、会議の後などで「あの発言は的を得ていたね」など仕事のできる人を評して使われるものです。

文化庁の調査では、平成15年では「的を得る」と言う人の割合の方が多かったのですが、平成24年の調査ではそれが逆転し「的を射る」と言う人の割合の方が多くなっています。

正しくは「的を射る」の方で、「的を得る」の方は的を射るの誤用だと長らく思われていました。

テレビなどでもさかんに正しい日本語について取り上げられ、広く誤用説が広まる中での調査結果の推移と言えるでしょう。

三省堂国語辞典

1982年に監修された三省堂国語辞典の中で「的を得る」は「的を射る」の誤用である、とそうはっきり記述されていたことが、的を得るが誤用と広まった主な理由となっています。

しかし、最近ではその見方を疑問視する声も出てきています。

もともと三省堂国語辞典で誤用であると断定されたのは、辞典の監修者が「的というものは射るものであって得るものではない。したがって的を得るという使い方はおかしい」と判断したからです。

権威ある事典において、そう判断されたということはその影響は計り知れません。

なので、後の事典においても「的を得る」という単語は辞書に載らず、「的を射る」という単語のみが記載されるようになったのです。

 

「的を得る」実は間違っていなかった?

 

しかし、最近になって、当時の監修者が「的を得る」を誤用と表記したのは誤りであった、と自ら世間に公表しています。

「得る」というのはうまく捉えるという意味で捉えれば、誤用ではないと過去の判断を撤回し謝罪したのです。

ただ、世の中には「的を得る」という使い方は正しい日本語ではない、と思い込んでいる人もいまだ多くいます。

これを見て「そうか、的を得るという言い方でも良いんだな」と思って、いざ実際に使ってみたら上司からそれは正しい使い方ではない、とたしなめられる可能性もないとは言えません。

一般的に言葉の使い方をたしなめられる場合、目上の人間からの場合が多いでしょうから、その際に「的を得たという言い方は間違っていないんですよ」とは刃向っているようでなかなか言いづらいでしょう。

スポンサーリンク

的を得る、的を射るの使い方

 

的を得る、的を射るの使い方としては、先に言及した通り、主に会話では「的をえる」を使うことが多いのではないでしょうか。

例えば、「あの発言は的をいていたね」とするよりも、「あの発言は的をえていたね」とする方がしっくりきます。

なので、会話では主に「的を得る」を使うことが多いと言えます。

一方で「的を射る」は、新聞などの紙版に多いように思います。

使い方の例

「的を得る」を使った例:

■あの発言は___ていたね。

■___たやり方だ。

 

「的を射る」を使った例:

■あの____感じが素敵です。

■坊ちゃまは、時々___た質問をなさるんだ。

■才人は、誰も射ることのできない____。 天才は、誰にも見えない____。

ショーペン・ハウエル(ドイツの哲学者)

 

最後に

 

日本語は奥深く本来と異なる意味の使われ方をしている言葉や、似たような意味の言葉が沢山あります。

なので微妙な言葉に関しては、積極的には使わない方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 - 言葉の意味