おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

体が弱い人の特徴と原因、対策4つ

      2017/09/17

 

「自分は体が弱い」と思っている人は少なくないと思います。

学生の頃から体が弱く、大人になっても苦しんでいる人は多くいます。

体が弱いといっても、人によりその原因なども様々あるとされています。

ここでは、体が弱い人の特徴と原因、対策などについて紹介します。

スポンサーリンク

体が弱い人の特徴と原因、対策について

 

虚弱体質

まず体が弱い人の特徴としては、虚弱体質が挙げられます。

虚弱体質とは、例えば、風邪をもらいやすく、ひいたら治りにくいということがあります。

職場や学校などで、いつも自分だけが風邪やインフルエンザにかかることがあれば、虚弱体質で体が弱い可能性が高いです。

その他にも、お腹を壊しやすいということ(下痢や便秘)

太ることがあまりない

慢性的な体調不良がある(不眠や関節痛など)

とにかく毎日体がだるいということ(女性は低血圧や貧血の可能性が高い)

スタミナがないことがあげられます。

IMARIC20160805472116_TP_V

原因と改善策

次に、虚弱体質になる原因をあげていきたいと思います。

①栄養不足や栄養の偏り

1つ目の原因として、食生活での栄養不足や栄養の偏りがあるということです。

そうなると体内の免疫力が低下し、その結果、風邪をひきやすい体になります。

栄養バランスを考えて食品を摂ることや、サプリメントを活用することも良い方法です。

②腸内バランスや腸内環境の悪化

2つ目の原因として、腸内バランスや腸内環境の悪化があるということです。

栄養吸収が低下し、その結果、全身に栄養がまわらず免疫機能の低下につながります。

ヨーグルト(乳酸飲料なども)や納豆には、腸内環境を整える作用があると考えられるのでお薦めの食品です。

③運動不足

3つ目の原因として、運動不足があります。

運動不足は血液の循環も悪くなり、基礎体力の低下にも繋がります。

血液の循環の悪化は、肩凝りや冷え性などにつながります。

だからといって、スポーツ選手並みに運動したほうが良いというわけではなく、生活の中で歩く習慣をつけるなどすると良いと考えられます。

汗をながすことは、自律神経も整えることができるので1日30分程は歩きたいものです。

④精神的ストレス

stress_woman

4つ目の原因として、精神的ストレスがあげられます。

私自身もこの精神的ストレスで体をこわしたことがありますが、「病は気から」という言葉があるように、心と体の繋がりは密であるということです。

精神的ストレスを感じると、自律神経が乱れ体に様々な症状としてあらわれることもあります。

主な症状としては、動悸や息切れ、目眩などがあります。

自律神経の乱れは、アレルギー疾患の原因にもなります。

精神的ストレスを減らすためには、ストレスとなっている理由がわかるのであれば、それを排除できれば良いのですがそれでは何の解決にもなりません。

マイナスからプラスへ自分自身の発想を転換することや、リラックスできる時間を毎日とりいれることで少しは改善されると思います。

普段何も考えずしている呼吸も、やり方一つかえて行うことでリラックスを得ることができます。

これらの原因や改善策を知ることで、虚弱体質が少しでも改善されると毎日が輝かしいものになると思います。

虚弱体質への対策

虚弱体質の原因や改善策がある程度わかったとして、では実際にやるか、といえば難しいことの方が多いと思います。

原因③の運動不足と、原因④の精神的ストレスへの対策といったことは、頑張れば何とかなるレベルだと思います。

しかし、①と②の原因については自力でどうにかしようとしても上手くいきません。

①の対策としては、「栄養バランスを考えて食品を摂ることや、サプリメントを活用する」

②の対策としては、「ヨーグルト(乳酸飲料なども)や納豆などの腸内環境を整える効果のあるものを摂取する」

としていますが、実際は難しいです。

栄養のバランスといっても、毎日野菜を摂るなどで精一杯ですし、腸内環境を整えるためにヨーグルトを毎日摂取し続けるのも案外難しいです。

人によっては納豆嫌い、乳製品の摂取による下痢などの症状が出る場合もあり、一向に虚弱体質の改善は進みません。

なので、そういった方、もっと楽に虚弱体質を改善したい、という方には「薬用養命酒」がおすすめです。

薬用養命酒と幸健生彩

81gAPOmTYmL._SL1500_

この薬用養命酒は、胃腸が弱いとか、冷えやすい、風邪をひきやすい、といった体質そのものを改善してくれます。

薬用養命酒を飲むことは、ふだんの食生活ではとれない生薬の薬効成分を、体の中にとり入れるということ。

毎日の服用で、さまざまな症状に対して効果が期待できます。

出典:薬用養命酒

私たち人間には、個性というものがあり、一人一人必要な栄養素も違うので「普通の人よりも栄養分が足りない」という場合があります。

普通の人がこれくらいの栄養をとっているから、「自分もこれくらいで大丈夫だ」と思うのは違うということです。

薬用養命酒はこういった人に対して、栄養分を補ってくれる”滋養強壮効果”があります。

滋養強壮効果の「滋養強壮」とは何なのかというと

「滋養」とは、「体に養分(栄養分)をしみ込ませる」ことを意味します。「強壮」は精力を含め、「体を強く、元気にする」という意味。つまり、滋養強壮とは、先天の気である体質の弱い部分を栄養分で補い、体質を改善して強い体をつくることをいいます。

出典:セルフドクターネット

上記でも説明されていますが、つまり簡単に言うと「薬用養命酒」は体質を改善してくれるのです。

ただ、すぐに効果がでるものではないので、ある程度の期間は飲み続ける必要があります。

注意点としては、薬用養命酒にはアルコール成分が含まれているので、車を運転する方、働いている方は、朝食前に飲むときには注意してください。

 

アルコールが苦手、味が苦手、仕事に支障がでるから飲めない、といった方には、アルコール成分なしの幸健生彩(こうけんせいさい)がおすすめです。

幸健生彩」も薬用養命酒と同様に、「滋養強壮効果」が期待できます。

 

スポンサーリンク

敏感すぎる

体が弱い人の特徴としては、敏感すぎるというものがあります。

ある研究結果によると人間は実に5人に1人の割合で、この敏感な性質を備えていると言われています。

また敏感な性質は、生物が生きる上で欠かせないものであることも同時にわかっています。

例えば、動物などが生きるために天敵から身を隠したり、天変地異が起きるのを事前に察知できる能力(危険察知能力)などがこれに当たります。

従って、敏感過ぎる人は、脳が常に危険がないか敏感になり、そのせいで細かい様々な情報をも収集してしまうという特徴があります。

それにより、通常の人よりも脳が限界を超えやすく、それがストレスとなり身体を壊しやすくなり、体が弱い人となってしまうのです。

HSP

ちなみにこうした過度に敏感過ぎる人は「HSP」と言われています。

例えば、みんなと同じようなことをしていても自分だけが疲れている、音や光に敏感、人の影響を受けやすい、休日(土日)に遊ぶと次の日がだるい、などが特徴として挙げられます。

傷つきやすい

kotoba_bouryoku_wm

体が弱い人の特徴としては、傷つきやすい傾向があります。

相手から何か言われただけ、悪口ではなくても、ちょっとしたことで傷つくことが多いと言います。

仕事での軽いミス、テストの点数が悪かったなど些細なことを気にして引きずります。

傷つきやすい人は、自尊心が低く(自尊心が低い:自分に対する評価が低いこと)、目の前の事からも逃げようとすることがある為、常に問題を抱え、問題が解決しないことでストレスを溜めやすく、積極性もなくなり体が弱くなります。

対策

傷つきやすい人は、なるべく過去にこだわらない方が良いとされています。

ミスをすると自尊心が低いせいで「自分はダメな奴」と思うことが多いですが、起こったことを悔やんでもそれはもう仕方がないことで、過去よりも未来に目を向けることが大事です。

試験前に体調を崩す

体が弱い人の特徴としては、試験前に体調を崩すというのがあります。

これは明日が試験で、絶対に合格しないといけないという不安から過度に緊張することで、体調を崩す症状です。

試験に限らず、スピーチ、特定の人物に会うなど人によってその不安要素は違います。

こうした不安を来たすものを、心理学では「不安対象」と呼びます。

人間に不安はつきものですが、過度な不安は体に悪影響を及ぼすということのようです。

対策

強い不安は誰かに話すことで楽になる場合があります。

信頼できる人に相談して見ることで解決するかもしれません。

その他には、緊張したとき緊張をほぐす方法を知っているだけでも効果があると言います。

ゆっくりと深呼吸をしてみるのが良いでしょう。

最後にどうしてもという場合に限り、それを回避します。

ただその不安の原因がわかっているのであれば、しっかりと向き合うことも大事です。

 

最後に

 

以上、体が弱い人の特徴と原因、対策などについて紹介してきました。

体が弱いのは、虚弱体質、敏感過ぎる性質など人によってその原因は様々であることがわかります。

体が弱い人は「自分だけが何で・・・」と悲観的にならず、そうした性質なんだとまずは自覚することが大事です。

 

スポンサーリンク

 - 医療