おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

絵本の読み聞かせのコツとおすすめな本の選び方!

      2016/10/16

 

絵本の読み聞かせは、子供の学習能力アップにも繋がるとされていて、非常に重要です。

他にも知性、喜怒哀楽、心にも影響を与えるとされています。

そんな絵本の読み聞かせのコツについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせのコツ

 

子供に絵本を読み聞かせることは、意外と難しいものです。

そこで、子供が絵本に集中してくれるコツを発表します。

①コツ:中断せずに最後まで読む

特に言葉を覚えたての子供に絵本を読んであげる時は、なるべく中断しないで、子供がストーリーに、感情移入することができるようにすることがコツとなります。

中断しないで続けると、お話に集中することができます。

その結果、本の中の言葉や絵のイメージが、子供たちの心に深く刻まれるからです。

human-732227_640

子供が小さいうちは、どうしてもよく知らない言葉も、絵本の中に出てくるのですが、読み聞かせを中断して言葉を説明するのではなく、その言葉を表す絵を指さしながら読むことをおすすめします。

その際には、その言葉の部分をゆっくり読むようにし、絵を指さすのがコツとなります。

読み聞かせには、

例えば、「この子は何故泣いているのかな」などというように話しかけて、ひとつひとつの場面の理解を、子供に促すという方法も存在しています。

しかし、前述しましたように、言葉を覚えたての子供には、中断せずに感情移入することができる環境をおすすめします。

②コツ:抑揚をつけて読む

そのほかの読み聞かせのコツについては、

抑揚をつけて声も大きくしながら、ジャスチャーなどもつけて、オーバーリアクションで読むということが挙げられます。

こうすることによって、子供は絵と言葉が結びつきやすくなります。

さらに、読み手もお話に感情移入して読むようにしましょう。

そのお話を、読み手も楽しんでいるということが、子供には伝わるからです。

感情移入すると、自然と読み方にも抑揚がつくようになります。

子供と同じ世界を共有するということが、ポイントとなります。

スポンサーリンク

読み聞かせにおすすめな本の選び方

 

たくさんある中から、読み聞かせに適した本を選ぶ方法として、図書館の利用をおすすめします。

大人には意味がわからない本でも、案外子供が大喜びする本はたくさんあります。

図書館で、子供が喜ぶ絵本を探しましょう。

子供は気に入った本は、何度でも読んでほしいとせがむものなので、その場合には、そのお話を買ってあげるようにしましょう。

大人が子供に読んであげたい本と、子供が読んでほしいお話にはギャップが存在します。

そのような時に、図書館の利用は有益な方法となります。

 

最後に

 

絵本を子供に読んであげる時には、ぜひ膝の上に子供を座らせて、読んであげることをおすすめします。

そうすることによって、子供の体温や鼓動などが、子供の背中からダイレクトに伝わるからです。

子供と世界を共有し、同じ立場で読むことができる体勢でもありますので、膝の上に座らせるというのもコツとなります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 子育て