おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

交通安全週間の取り締まりや罰金!交通事故の減少理由についても

      2016/10/14

 

交通事故による被害者は、以前よりも確実に減少しています。

それは事故を引き起こした場合のリスクが以前よりも大きくなっているからです。

自動車の免許が登場したばかりの頃は、凄惨な事故が起こる日も珍しくありませんでした。

スポンサーリンク

交通事故の減少と自動車学校について

車の事故

しかし現代において致死に至る事故は毎年少しずつ減っているのです。

加害者への罰則強化は事故減少という確かな成果を生んだと言えます。

しかし事前に十分な教育を施さなければ、事故を引き起こした者への罰則に意識が向くはずがありません。

自動車学校でしっかりした教え方をしている事も、交通事故の減少に貢献しています。

以前から交通ルールが確立されていたにも関わらず、教育の完成度が上昇しているのは交通安全週間の授業が上手くいっているからです。

 

交通安全週間とは

警察官

交通安全週間は春と秋に行われる警察のイベントといってもいいでしょう。

交通安全週間は全国交通安全週間と呼ばれることもあります。

全国交通安全週間は交通事故の増加に伴って、事故を減らそうとする目的で交通対策本部が中心となり、行う活動のことです。

具体的に言うと、集中して交通安全思想の普及浸透を図る為の、啓発活動を行う一週間のこと、とされています。

 

交通安全週間の時期は、いつからいつまで

 

基本的に毎年同じで、春と秋の時期に行われます。

  • 春は4月6日から4月15日の一週間程度です。
  • 秋は9月21日から9月30日の一週間程度です。

 

ただし、曜日の配列や、祝日などの影響で数日ずれる年もあるので、注意してください。

交通安全週間は毎年交通対策本部によって決定されています。

 

また、統一地方選挙の年の春の時期は

  • 5月11日から5月20日へと変更されるのでここも注意しましょう。

 

交通安全週間の取り締まりと罰金や点数について

逮捕される際、使用する

交通安全週間は不定期に開催されるイベントの様なもので、取り締まりがいつもより厳しいと言われています。

時期や日程は上記でも説明していますし、調べれば解りますが、時期や日程を知っている人でさえ、恐れているそれが交通安全週間です。

では、なぜそんなに恐れられているのかについて説明していきます。

 

通常と交通安全週間の時を比べて見る

交通安全週間は、通常よりも取り締まりを行う警官とパトカーの動員数が多いため、僅かな違反でも罰金に至ります。

そして超過した法定速度についても通常より厳しい査定です。

 

罰金や点数

 

罰金や点数については通常と変化しません。

そのあたりのやり方には温情が伺えると言えます。

 

ドライバーから恐れられている交通安全週間

ただし通常よりも判定が厳しくなるため、罰金を何度も受ける可能性があるのです。

それは経済的な制裁を受ける事と同義であるため、多くの運転手から恐れられています。

点数についてはお金を取られる事はありませんが、免許そのものを取り上げられるリスクが存在するのです。

自動車の運転が仕事で必須な場合には、免許停止は死活問題だと言えます。

それが理由で退職に至る可能性もあるので、仕事が遅くなり過ぎないようにしながら十分な成果を出さなければなりません。

それは、運転手にとって大きなストレスを与える事になるのです。

 

現代の自動車学校では交通安全週間に対して厳しく教えている

勉強中です。

この取り締まりの現状について、現代の自動車学校では徹底して教え込んでいます。

以前は自動車の運転をスポーツの一種の様に捉えている人も少なくありませんでしたが、現代では大多数が運転に高い意識を持っているのです。

それは自動車が娯楽ではなく他者だけでなく自身の生活を脅かす存在だと、社会全体に認知されたおかげだと言えます。

それを伝える事が出来たのはルールだけでなく、交通安全週間の厳しさと罰金について力を注いだ教育をした恩恵です。

 

最後に

 

人間の成長は子供時代の教育が強く影響すると言われています。

それと同じ様な法則が自動車学校の教習過程でも発生しているという事です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 節約・生活