おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

会社の役職の順番と役職名の一覧

   

 

会社に勤めていると社員一人一人に役職が与えられます。

役職には当然、順番があり役職名があります。

会社を経営する立場と社内で発生した職務上の責任を背負う立場では、役職の順番や名前が全く違います。

まずは、会社を経営する立場から説明します。

スポンサーリンク

会社の役職の順番と役職名について

 

会社を経営する立場

会社経営で一番偉いと位置づけられているのが、社内をまとめる力があり大事な取引先と契約することが出来る「代表取締役」です。

次に偉い役職が、社内の業務を取り仕切ることが出来る「取締役」です。

他に、社内利益の計算が出来る「会計参与」や、しっかりと規則が守れているかどうか、重要書類が紛失していないかどうか、しっかり利益の計算が出来ているかどうかを厳しく監査する「監査役」に、率先して業務を執り行うことが出来る「執行役」があります。

執行役の下に位置づけられているのが一部の業務は執り行うが、重大な業務でなければ執り行う必要がないと判断する「執行役員」が居ます。

startup-593304_960_720

社内経営は、先に説明した地位の順番で成り立っています。

  1. 代表取締役
  2. 取締役
  3. 会計参与
  4. 監査役
  5. 執行役
  6. 執行役員

社内で発生した職務上の責任を背負う立場

社内で発生した職務上の責任を背負う時に、一番偉いと位置づけられているのが全ての実権を握っている社長に対して、全ての判断を任されている「会長」です。

会長の次に偉いとされているのが、社内の全ての実権を握っている「社長」です。

社長の下には、全ての実権を握っているわけではないのですが、部署内の実権を握っているのが「副社長」で、事務などのデスクワークをサポートする「専務」、常に社長の傍で補佐している「常務」が居ます。

更に事細かに言うと常務の下が、いくつもの社内部署を束ねている「支社長」や数多くの店舗を束ね、営業回りや下請けの仕事が非常に多い「支店長」、営業の本部を取り仕切る「営業本部長」が居ます。

営業本部長より低い地位に位置づけられているのが、組織全体の部を統括する長になっている「部長」、工場での仕事が主な「工場長」が居ます。

工場長より低い地位ですが、社内の各部門を代表する「次長」で、社内の組織を数える際に使用している室の長になっている「室長」が中間管理職に就いていてる他、室より下にある組織単位の課の長になっている「課長」が居ます。

課長の下が業務の中心人物になっている「主幹」や、社員の階級を決めている「主査」、社内を組織している役割を担っているが、最下級の単位として扱われている係の長に就いている「係長」が居ます。

最後になりますが、係長よりもはるか下に位置付けられている地位があります。

それが、工場で働いている従業員が違反を起こさないように監視する「主任」です。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、社内で発生した職務上の責任を背負う階級の順番になりますが、注意点としては、民間企業や行政職によっては役職の地位や役職名も代わるということです。

企業によっては、会長が一番偉いのではなく「最高顧問」~「顧問」~「相談役」~「名誉会長」の次に「会長」が偉いとする企業も多いです。

地方公共団体などでは、「主査」が係長級よりも低い地位にある場合もあり、自治体によって様々ですので注意が必要です。

  1. 会長
  2. 社長
  3. 副社長
  4. 専務
  5. 常務
  6. 支社長
  7. 支店長
  8. 営業本部長
  9. 部長
  10. 工場長
  11. 次長
  12. 室長
  13. 課長
  14. 主幹
  15. 主査
  16. 係長
  17. 主任

最後に

 

会社から役職をもらって部下ができ、役職名で呼ばれることは嬉しいことでもありますが、同時に責任ある立場になったことの証でもあります。

また、管理職となる「課長」となると根本的な働き方が代わってきます(民間企業や行政職の場合)。

今までは、目先の仕事をこなすことが多かったと思いますが、これからはそうした仕事も部下に徐々に譲っていきます。

管理職である課長は、経営者の意見を部下である従業員に的確に伝えるなどのパイプ役となります。

課長の上司に当たる室長や次長、工場長…社長などは、課のことについてはあまり詳しくは知らない場合があり、言葉が抽象的です。

課長はこの抽象的な言葉を、部下もわかるように具体的に伝えることが必要であり、また課が抱える問題やそれに対する改善策を提案する役目もあり、要するに課長は課を経営する立場にあります。

このように、役職をもらうことで役職名がつき立場によって働き方が代わってきます。

従って、こうした役職名をもらった方は自分の役職に合った仕事をすることが、会社から求められています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事