おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

東京に行きたい人へ東京に住みたい人のための方法論

      2016/10/09

 

日本の中で東京は独特の存在です。

やはり一極集中であり、その存在感から東京に行きたい、住みたいと思う人も多いかと思います。

では、どのような方法で住んだら良いのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東京に住みたい人のための方法論

 

現状把握

まずは現状把握です。

東京に住むにあたって、経済的にどれくらいならば許容出来るのかきちんと検討しましょう。

遠い距離を引っ越して住むとなれば住環境以外にも、さまざまな環境が変わることになります。

そんなときに経済的に追い込まれるようなことになれば、他の環境変化と相まって心労が過大になってしまいます。

せめて経済的な目論見はしっかりと立てておきまきょう。

では、そのための見積もりをどのようにすれば良いのでしょうか。

すでに述べたとおり、東京は特殊な場所です。

物価も特殊で、それまでに東京価格に馴染んでいない人にとっては想像を超える額が提示されます。

例えば、東京に住む人に聞いてみるなど出来るだけ現実に即した情報を集めることが大切です。

実体験に基づいていない話は過度に信用してはいけません。

住む家の決め方

office-1121869_960_720

住む家の決め方についても話をしておきましょう。

東京に住みたいときに想像する生活は多くの場合、華やかでキラキラした生活でしょう。

前述のとおり経済的な目論見を経たときに、毎月の家賃がどれくらいが妥当なのかも分かったことでしょう。

その額によっては、その想像した生活に必要な、キラキラした住環境が実現出来ないこともあるでしょう。

家賃を考えて、例えば築年数がかなり古い家や、駅から遠かったり、会社まで時間のかかる場所にある家だったり、このような家しか候補に出来ないこともあるかと思います。

住環境のレベルを下げるという決断をしなければならないこともあるのです。

東京に住む方法としてはそれも仕方のない1つなのです。

金銭感覚

次に考えるのは、金銭感覚です。

上述のとおりいろいろとお金がかかるのが東京での暮らしです。

いわゆる田舎にずっと住んでいた人が、その金銭感覚で日々を過ごしていればあっという間にお金がなくなります。

東京に住みたいという気持ちがあるのなら、金銭感覚を「東京モード」にしなければなりません。

その方法としては、シンプルですが一つ一つの物の値段をきちんと意識することです。

家計簿をつけることも良いでしょう。

レシートを集めたり、アプリを使ったりしながら自分の支出を意識して、お金が足りなくなって困ることのないようにしましょう。

 

未経験の東京暮らしは経済的な問題以外にも問題が起こることもあります。

一つ一つの課題に落ち着いて対応して、東京に住みたいという気持ちが悪い結末で終わらないように頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

転職して東京に行きたい人へ

 

最近では地方に満足に仕事がありません。

あっても給与面などの待遇で不満を感じるものばかりで、「東京に行きたい。そこで転職して再スタートを」と願う人は後を絶ちません。

昔は中学校を卒業したばかりの少年たちが「金の卵」と呼ばれ、集団就職をしていましたが、その名残は今も残されています(田舎で喰うのに困ったら、人がたくさんいる都会に行って一旗揚げたくなる気持に理解を示せる人は珍しくありません)。

希望を述べるのはただですが、しかし数々の問題を解決せねば理想に近づくことはできません。

疑問点を軽く触れただけでも、

「遠方からどうやって就職活動をすれば良いのか」

「就職活動を始めるのは、在職中にすべきなのか、退職後にすべきなのか」

「転職理由を何にしようか」

「やはり東京に家を借りてから活動を始めるべきなのか」

と、複数あります。

いずれも無視できない要素です。

転職して東京に行くコツ

今回は東京に行きたいけれど、そのノウハウや心得を知りたいと思う人にそれを教えます。

まず、就職活動自体は、在職中に始めてください。

これはいきなり無職になると、そこで収入が途絶え、どうしても気が焦り、妥協しがちになるからです。

japan-217882_960_720

「慌てて決めたけれど、やはり肌に合わなかった」との理由で、短期間のうちに再就職先から離れた、という人は現実に多数います。

退職すればまた振り出しからやり直しになる上に、経歴に傷が残りますから、決して褒められた行為ではありません。

転職とは心に余裕を持って臨まねばなりません。

今月中に決まらないと、貯金が底をついてしまうという気分でやると、どうしても落ち着きがなくなり、面接を続けて落ちる原因にもなります。

その点、定期収入を維持したままですと、「今回も駄目だったけれど、次があるさ」と割り切れます(面接官はそうしたメンタル面もチェックしているので、注意が必要です)。

無職の状態では家も借りられないこともある

また、無職の状態だと貯金があっても家が借りられないという問題が起きてしまいます。

何ヶ月か腰を据えて就職先を探そうと思っても、宿泊先がなければどうにもなりません。

ホテル住まいでは滞在費そのものが馬鹿になりませんし、面接官から「計画性のない人間だ」と減点される材料にもなります。

滞在をするのが無理だから、土日だけ足を伸ばして就職活動をしたいという人には、交通費が支給される会社の面接だけを集中して受けるのをおすすめします。

こうすると予算の圧縮(新生活を始めるのには何かとお金がかかりますから、何事にも余分なお金をかけないのが一番です)にもなります。

面接の際は人間味を訴えることで上手く行くこともある

また、転職理由を述べる際、「ずっと東京に行きたい、住みたいと思っていました」と述べるのも有効です。

面接官とて人間ですので、人間味を訴えるのもテクニックの一つです。

これらを踏まえた上で就職活動を成功させ、新生活を満喫してください。

関連記事

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事