おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

古風でもキラキラネームでも女の子の名付けは大事

      2016/10/12

 

女の子の名付けは古風にするか、それとも今流行りのキラキラネームにするかどっちが良いんだと悩む人も多いと思います。

今日はそんな人達の為の記事を紹介します。

最近では、生まれた子どもに付ける名前に対して物議を醸すこともあり、そのような名前をドキュンネームやキラキラネームと呼ばれるほど「これって何て読む名前だろうか」と思うほど変わっていると感じる名前を付ける親が出てくるようになってきています。

 

ドキュンネームやキラキラネーム

child-85321_640

たとえば、女の子の名付けとなりますと、

最近では

①永久恋愛と書いて「エクレア」と読んだり、

②七音と書いて「ドレミ」と読んだり、

③希星と書いて「キララ」と読んだり、

④緑輝と書いて「サファイア」と読んだり、

⑤火星と書いて「マァズ」と読んだり、

 

教師も困る

 

パッと見ただけでそのまま読むことができるものは少ないらしく、学校でも学級名簿に振り仮名をつけなければ読むことができないという教師が多くなってきているようです。

 

女の子の名付けは良く考えて

a0007_001456

子供の将来のため、特に女の子は生まれ持った気品というプライドを持っているものです。

品のある名前を付けてあげるほうが、大人になっても名前に悩むことはなくなります。

 

名前の悩みは深刻

PAK86_syabondamapu-20130512-thumb-815xauto-16902

最近ではそのキラキラネームに悩む中学生などが増えてきており、親が名付けてくれたことで不快に感じることに罪悪感を持ってしまうこともあるらしく、そのため、親は子供のためにもよく考えて名付けてほしいという教育や社会の専門家も多く存在しています。

 

古風な名前

数年前までは「桜(さくら)」という名前が、女の子の名付けランキングで1位となっていたことがありました。

 

cherry-621631_640

桜という名前は古風な名前でもありますが日本らしく、和の風味を感じる古風な名前でもあり、年齢を重ねても恥ずかしく感じることのない名前でもあるといわれていました。

 

portrait-709197_640

最近では女の子の名前に「子」をつける親は少なくなり、子を付けない名前を付ける人が増えてきているのも現代の現象ともいえるのかもしれません。

中には「子」を名前に付けることじたい古いと考える人もいたりします。

 

大事なことは

たとえキラキラネームと感じる名前であっても恥ずかしく感じることのない子供のことを思って名付けた名前であれば、子供につけて良いんです。

古風な名前であろうがキラキラネームであろうが、大事なのは子供の一生につながる名前を付けるという重要度です。

 

まとめ

 

子供にとって名前はとても重要なものでして、それが一生ついてくるものである為、親は子供のために意味を持った名前を付けなければいけません。

だからこそ、産まれるまでに夫婦でしっかりと話し合って、良い名前を子供に与えてあげる気持ちを持つことが大事になってきます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 赤ちゃん(子供)の名前