おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ドーパミン過剰分泌による弊害

      2016/08/23

 

ドーパミンって何?

よくテレビなどで、使われていますが、詳しくは説明されていないので、ドーパミンについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドーパミンとは

 

ドーパミンとは中枢神経系に存在する、神経伝達物質で運動調節、ホルモン調節、意欲や快楽にかかわる物質です。

よく言われていることは、「ドーパミンが分泌されると幸福感が満たされる」っといった説明がされることが多いです。

では分泌すればするほどよいのでしょうか。答えはNOです。

では過剰に出た場合には、どんな問題点が起こってくるかを見て行きたいと思います。

connection-647206_640

ドーパミン過剰分泌の問題点

 

まず、ドーパミンが分泌されると、交感神経を作用し、冷静で理性的な行動が阻害されることがあります。

興奮状態になること事態は悪くないのですが、欲求が高まるので、時として健全な社会生活を営むのに問題が出てくる場合があります。

ひとつの例が、ギャンブル依存症です。

パチンコの場合ですと、当たりが出ると大きなサウンドが流れたり、派手なエフェクト効果が出て、さらに当たりが出ることによりお金に換えることができ儲かった気分になるので遊戯者のボルテージを高揚させます。

この際に体内で放出されます。

勝っているときはいいのですが、負けているときでも勝ったときの快感が忘れることができず、一種の中毒状態に陥ってしまいます。

これにより、ギャンブルの勝ち負けにかかわらず、ギャンブルから抜け出せなくなってしまって正常な金銭感覚を失ってしまうのです。

こうならないためにも対策のほうを考えて行きたいと思います。

まずは日常でもできる方法から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャンブル依存症 対策

 

一番いい方法は対抗関係にあるセロトニンを体内に増やすことです。

 

セロトニンを増やすことにより、打ち消しあって効果が弱まると考えられるからです。

具体的にセロトニンを増やす方法としては、朝に日光を浴びることです。

これによって体内で生成されます。

あとは夜にできるだけスマートフォンやテレビを見たりしてブルーライトを浴びないことです。

これは体が興奮状態になることを防ぐためです。

腸内環境を整える

またセロトニンは腸内で生成されるため腸内環境を整えることも大事になってきます。

腸内環境を整えるには食事改善や冷え防止等日ごろの何気ない部分が重要になってきます。

もちろん過剰なストレスも腸内環境を悪化させる原因につながるので、ストレスの源を取り除く生活を心がけましょう。

 

最後に

 

上の方法でも良くならない方は医者に相談すれば薬での治療や自分にあったサプリメントの紹介等を行ってくれるので相談してみるのが良いと思います。

一般的にいいものと思われがちなドーパミンですが、過剰に分泌されれば毒と同じなので気をつけましょう。

関連コンテンツ

 - 病気