おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ムカデ対策は防虫剤と環境整備!アシダカクモで守りは完璧

      2016/10/19

ムカデ対策は防虫剤と環境整備!アシダカクモで守りは完璧

 

ムカデを屋外で発見するのは、

多数の落ち葉が積もり重なった下であったりしますよね。

そう考えるとムカデは湿気がある環境を好むと考えられます。

 

ムカデ対策 防虫剤と環境整備

caterpillar-503113_640

家の周りの環境に関しては、落ち葉などの隠れ蓑になるものを除去して

日当たりをよくすることで湿気対策になります。

 

簡単に言えば、家の周囲はちゃんと掃除しろというのが対策の第一歩です。

ただ落ち葉を取り除いてもそこが日陰であればどうしても地表に湿気が

残ったりしますから、日陰なりに風通しを良くすることです。

 

防虫剤で防御ライン

しかし湿気対策をしてもムカデの住処(スミカ)

になるような場所が完璧になくなるわけではありませんから、

屋外には家を囲うように粉系の防虫剤を撒いておけば良いです。

 

ドラッグ・ストアなどに行けば、粉系のムカデ用の防虫剤はすぐに見つけられます。

この白い粉系のタイプはダンゴムシやヤスデにも効果絶大です。

 

ちなみにムカデは湿気を好むと上に書きましたが、湿気過多は逆に嫌いなようで

雨が降ったときに屋内に侵入して来たりするケースが多いと考えています。

 

おそらく雨の降っているときは虫などのエサが見つけにくいのでは

と推測していますが、これには確たる根拠はありません。

 

もっとも家を囲むように撒いた粉系の防虫剤は雨に流されて薬効が低減することで

防御ラインを突破することが容易である可能性は十分にあります。

 

ムカデ対策 防虫剤(スプレー缶)

spray-549085_640

侵入した屋内で物色の対象はゴキブリらしいのですが、ムカデの侵入時の対策

としてはスプレー缶の防虫剤を購入して備えておくことが必要です。

 

スプレー缶タイプのものはゲジゲジや蜂用にも重宝します。

 

また室内で見つけて近くにスプレー缶がなければとにかくスリッパで踏むとか

新聞紙で叩くなど即座に対処すれば良いです。

 

噛まれたら激痛がすると言われています。動きは、遅くはないんですが、

俊敏とまではいえず、ただ隙間に逃げ込むのが上手いだけですので、

怖れることはないです。

 

そして足が多数で浴槽の急こう配でも、登れそうな印象を受けますが、登れません。

ちなみに浴槽の底のような場所で発見した場合は、逃げ出すことが困難ですから

ヤカンに熱いお湯でもあれば、それをかければ簡単に死にます。

 

それとゴキブリを退治することが対策として考えられますが、ゴキブリ駆除用の

様々なツールがありますが、非常に効果があるのはアシナガ(脚長)ではなく

アシダカ(足高)クモの存在を放置することです。

 

アシダカクモで対策

spiderweb-29225_640

 

このクモは、大きいので家の中で遭遇した場合にびっくりして駆除してしまいがちですが、

逆に大事にしましょう。

 

上手く活用出来ればゴキブリがいなくなること、ほぼ間違いなしです。

 

アシダカクモは、大きく(全長10cmくらい・足の長さも含む)不気味ですが、

強い毒はありません。ただし素手で触ると噛まれる恐れがあり、痛いです。

 

アシダカクモはゴキブリを食べる、ゴキブリクモとして有名です。

ムカデと同じで、餌のゴキブリを食べる為に室内に侵入してきます。

ネズミ、ハエ、なども対象です。

 

大きく不気味な存在ですが、ゴキブリ対策には最適です。

くれぐれもスプレー缶を噴射しないようにして下さい。

 

 

まとめ

 

室外のムカデ対策は、周りの清掃から始め、湿気場所をなくし、家の周りは、

防虫剤で、防御ラインを築き、室内では、防虫剤(スプレー缶)を装備し

アシダカクモを配置すれば、守りは完璧です!

この守りで、ムカデに侵入を許し、ムカデが攻撃をしてこようものなら、

もうお手上げです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 -