おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

フランス革命の原因とその流れについて

      2016/10/12

 

フランス革命の原因とその流れについてフランス革命は市民革命の代表的なもののひとつで、封建的社会であるアンシャンレジームから近代社会への扉を開く契機となりました。

スポンサーリンク

フランス革命 原因と流れ

 

そもそもの原因はブルボン王朝の抱えていた財政的問題にあったと言えます。

 

財政状況が逼迫していた中で様々な戦争に資金が費やされ、アメリカの独立戦争への参戦が財政破綻を決定的なものにしました。

 

また、アメリカ独立戦争は資金面でブルボン王朝を揺さぶっただけではなく、思想的な面からも大きな影響を与えました。

 

アメリカ独立戦争からフランス革命への流れは新たな価値観に基づいた社会を形成するものだったのです。

フランス革命時代の歴史的なもの

フランスにおいては、第一身分や第二身分である聖職者や貴族と第三身分である平民との間に大きな軋轢が生じていました。

 

しかし、人口比率で言えば、第三身分の平民が圧倒的多数を占めていたにも関わらず、三部会の議決方法が第三身分の要求を阻むものとなっていたのです。

 

課税強化を狙って召集された三部会でしたが、第三身分の平民たちはこの議決方法に異を唱え、国民議会を形成するに至りました。

 

国民議会の成立は、従来の身分制議会である三部会とは一線を画し、近代国家への第一歩となりました。

 

憲法を制定するまで解散しないことを誓ったのがいわゆるテニスコートの誓いです。

 

国王であるルイ16世はこの流れに抗することは無理と考え、第一身分や第二身分の議員を合流させて憲法制定国民議会を結成させました。

 

しかし特権を手放すことに納得しない第一身分や第二身分の中には、軍隊を動かして第三身分に圧力をかけようとするものが出てきました。

 

軍隊の出動によって高まった緊張は、財務長官であったジャックネッケルの罷免で暴動へと発展しました。

 

ジャックネッケルは倹約を進言していたため特権階級から疎まれていましたが平民には人気があったのです。

 

これがきっかけで起こったバスティーユ牢獄の襲撃は各地に飛び火し、憲法制定国民議会が人権宣言を採択するに至ります。

 

当初、ルイ16世はこれを認めようとしませんでしたが、圧力に抗することはできずに結局承認しました。

 

その後、ルイ16世とその家族たちは軟禁生活を送りましたが、オーストリアへの逃亡を試みて失敗しました。

 

ヴァレンヌ逃亡事件と呼ばれるこの一件によってルイ16世への支持は急速に落ち込みましたが、フランス革命の流れが波及することを恐れたプロイセンやオーストリアの圧力によって国王の地位が保たれることとなりました。

 

まとめ

 

フランス革命の原因は、簡単に言うとブルボン王朝の抱えていた財政的問題に原因があり、そんな中で戦争に資金が費やされたことによる財政破綻が原因と言うことですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 勉強