おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

転職活動がうまくいかないあなたへ!これだけやって仕事が決まらないのなら、それは時代のせいです。

      2016/11/09

 

一昔前と違い、今は職業を変えることが当たり前のことになりつつあります。

一つの会社を勤めあげることばかりが、いいこととは限りません。

この会社にいては自分のやりたいことができない、自分の体がもたないなど、辞める理由は人それぞれあるものです。

さてそこで、誰でも知っていておきたいのが、次の仕事を見つけるに当たって発生する転職がうまくいかない原因です。

ここでは、転職がうまくいかない原因と対策方法についていくつかご紹介したいと思います。

もし仮に、対策通りにこなしても仕事が決まらないのなら、それはあなたのせいではなく時代のせいであり、あなたが落ち込む必要はありません。

まずは原因を把握し、しっかりと対策を講じることが大事です。

スポンサーリンク

転職がうまくいかない原因と対策について

 

手に職がある人は特に、次の仕事も簡単に見つかると思いがちかもしれませんが、タイミングによっては数か月見つからず焦ることにもなりかねません。

焦りのあまり自分の願っていないところに再就職してしまっては残念です。

従って、仕事を辞める前に、次の就職先を探しておくというのが転職を望む人にとっての基本となっています。

しかし、現実はそううまくはいかないものです。

ハローワークに通っても転職はうまくいかない

日中は仕事に追われ、休日に就職活動しようにもハローワークは休みですし、ハローワークでは職場の関係者と鉢合わせする危険性もないわけではないのです。

しかも、ハローワークは求人情報が豊富なわりにあまり良い企業の求人が集まりません。

それには理由があり、ハローワークの求人広告は無料であるために様々な企業が求人を出せる仕組みがあるからです。

そのため企業としては、体力のない企業(ブラック企業)が多くなります。

つまりハローワークとは、求職者を募集したい企業の最終的な受け皿なのです。

ただ、ハローワークにもホワイト企業の求人がないわけでもないのですが、その場合には多くの人達との奪い合いになります。

ハローワークのみに頼りきった転職活動では、うまくいかないということを理解してください。

ちなみにホワイト企業の見極め方としては、「完全週休2日制」を導入しているかどうかが判断材料になります。

ハローワーク以外の転職方法(対策)

GREEN_YA20140125_TP_V

では、ハローワーク以外の転職方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

一般的には、

  • 新聞の求人欄
  • 知り合いからの紹介
  • 専門誌の求人
  • 転職エージェント
  • 転職サイト

などが挙げられます。

ですが、新聞などに求人情報を載せる企業などは、少し考えた方が良いかもしれません。

それは、応募者が殺到することを事前に把握していない企業でもあるからです。

新聞は多くの人が見ているぶん、その問い合わせに苦労し、企業活動に支障がでることが多いです。

就職後に苦労することが目に見えています。

知り合いからの紹介などは、入社後に仲が険悪になることも考えられますのであまり良いものではありません。

この中で最も良い求人媒体は、専門誌の求人です。

大企業でも、専門誌に限り求人広告を掲載するところもあります。

企業としては、そうした専門誌を購読している人達の中から抽選したい、という思惑があるのです。

ですが、こうした求人はほとんどの場合、目にすることはできません。

なので一般的には、転職エージェントや転職サイトを利用することが多いです。

 

転職エージェント(人材紹介会社)の利用について

 

転職エージェント(人材紹介会社)

転職エージェントとは、人材紹介会社のことです。

人材紹介会社は、国の許可を受けた職業紹介事業を行う民間企業のことです。

まず、人材紹介会社は「スカウト型」「登録型」「再就職支援型」の3種類があり、多くの企業が登録型のタイプとなっています。

スカウト型

スカウト型は、ヘッドハンティングと思って良いです。

登録型

登録型は、一般登録型と呼ばれ人材紹介会社で最も多いタイプです。

ハローワークの制度と同様で、この場合民間企業が運営しているのが異なる点と思ってもらえれば良いです。

再就職支援型

再就職支援型はそのままの意味です。

スカウト型や登録型のベースがあった上で、再就職支援の相談もするというものです。

 

*基本、求職者の方はまずは「一般登録型」に登録する、という流れになります。

転職エージェントを利用するメリット

では、転職エージェントを利用するメリットと言えば何なのか、というとそれは次のような点です。

・本職のコンサルタントからのキャリアに関するアドバイスがもらえる(第三者的立場から)

・会社へ入社するに当たっての条件の交渉が可能になる

・一般には公募していない求人情報の案件を紹介してもらえる

 

人材紹介会社は、数多くあり登録するのは基本的に無料です。

転職エージェントに登録したからといって、必ずしもそこを通して仕事を決めないといけないということではなく、同時進行で他の転職活動もできますので、心配する必要はありません。

人材紹介会社としても、求職者の就職先が決まれば企業側から成功報酬を受け取ることができますので、相談には親身にのってくれます。

コツ

人材紹介会社を利用するコツとしましては、まず自分が良いと思う会社へ登録をすることが大事です。

人材紹介会社は、登録してみなければわからないこともあるからです。

例えば、評判の良い会社でもコンサルタント(助言をする専門家)次第では良い転職はできません。

ここでは、良いコンサルタントに出会うことができるかが全てなのです。

従って、コンサルタントが合わなければ、担当を変えてもらうことも必要です。

コンサルタントに会うのは緊張する

中にはコンサルタントに会うのは緊張する、という人もいますがこれは面接ではありませんので、そこまで意識する必要はないです。

ハローワークに通うようなもの、と思ってもらえれば良いです。

転職エージェントを選ぶコツ

転職エージェント(人材紹介会社)に登録する会社を選ぶ際には、基本ですがまず国の許可(厚生労働省)を受けていることが絶対条件です。

ちなみに有名企業のほとんどは登録済みです。

気になる方は、一般社団法人日本人材紹介事業協会にアクセスして確認することができます。

次に、自分が働きたい業種が明確に決まっている場合には、専門の人材紹介会社を選ぶべきです。

人材紹介会社は、各社それぞれに得意とする分野が異なるからです。

まずは、数社に絞って転職エージェントの登録をしてみましょう。

登録すると、条件が合えば本職のコンサルタントからカウンセリングを受けられ、アドバイスをして貰えますし相談相手にもなります。

これだけで登録する価値があります。

転職エージェント(人材紹介会社)は利用することが大事です。

転職エージェントにおいては、1~2社程度を登録をする方が多いです。

 

登録型なら

おすすめ順 サイト名 特徴 詳細はこちら

リクルートエージェント
無料 リクルートエージェント

パソナキャリア
無料 パソナキャリア

DODAエージェントサービス
無料 DODAエージェントサービス

ハタラクティブ
無料
・フリーターにおすすめ・未経験から正社員も可能
ハタラクティブ

 

IT・web、ゲーム業界なら

おすすめ順 サイト名 特徴 詳細はこちら

ワークポート
無料
・IT・インターネット・ゲーム業界
ワークポート

レバテックキャリア
無料
・IT・web
レバテックキャリア

 

無料の就職実践講座なら

おすすめ順 サイト名 特徴 詳細はこちら
pics3670 2016y11m06d_184151473女子カレッジ 【JAIC】 無料20代女性限定の就職支援・フリーター、既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退は除外)の20代女性におすすめ

・優良企業20社と書類選考ナシの面接が可能です。

・人物重視の企業が多く、未経験OKの正社員求人になります。

女子カレッジ 【JAIC】

 

転職サイトの利用について

 

転職エージェント(人材紹介会社)の登録が済んだら、次は転職サイトへの登録も同時進行で行います。

転職サイト

転職サイトとは、インターネットを通して求人情報の提供を行うwebサイトです。

こうしたサイトは、企業からの広告費や成果報酬によって運営されています。

基本、求職者は登録をすることで無料で利用することができます。

最近では転職の手段として主流となっています。

転職サイトを利用するメリット

サイトの利用に当たっては、次のようなメリットがあります。

・自分のペースで転職活動が行える

・求人情報が豊富

・人材紹介会社より、サイトの方が企業側が負担する費用が安いため、転職サイトから採用者を多くとる傾向がある

 

*転職サイトへの登録は転職エージェントとは違い複数社(3~5)に登録をすることがポイントです。

転職活動がうまくいく人は、やはり多くのサイトへ登録をしているようです。

転職サイトの種類

転職サイトの種類には、「総合型」「スカウト型」「マッチング型」の3種類があります。

総合型、スカウト型、マッチング型それぞれにメリットがありますので、最低でもこれら3つのサイトには登録をしておきます。

総合型

様々なサービスが統合された転職サイトになります。

 

おすすめ順 サイト名 特徴 詳細はこちら

リクナビNEXT
無料
・登録は簡単!約一分で完了します

・「グッドポイント診断」が受けられる

 

「グッドポイント診断」を使ってみた

リクナビNEXT

マイナビ
無料 マイナビ

DODA(デューダ)
無料 DODA(デューダ)

はたらいく
無料 はたらいく

 

スカウト型

スカウト型では、あらかじめ自身の経歴などを登録します。

すると求職者の方に、企業側からのスカウトメールが届くというものです。

MIIDAS(ミイダス)、キャリコネなどが挙げられます。

 

おすすめ順 サイト名 特徴 詳細はこちら

MIIDAS(ミーダス)
無料
・自分の市場価値(適正年収)がわかる・入社が決まれば金一封(10万円)
MIIDAS(ミーダス)

キャリコネ
無料
・入社が決まれば金一封(最大50万円)
キャリコネ

 

マッチング型

マッチング型とは、登録された情報を元に求職者に最も合いそうな求人を紹介してくれるマッチングサイトのことです。

スカウト型と似たところもありますが、マッチングサイトの場合にはすぐに結果がわかるようになっています。

ピタジョブなどが挙げられます。

 

おすすめ順 会社名 特徴 詳細はこちら

ピタジョブ
無料
・あなたにピッタリな求人が見つかります
ピタジョブ

 

最後に

 

少々後ろめたく感じるかもしれませんが、仕事がある間に面接し、内定を取り付けるのがコツです。

その際に、以前の会社の不満を愚痴っぽく言うのは避けます。

そうすると「どうして転職したいのか」をさわやかな印象が残る仕方で伝えることができます。

それによってあなたの評価が上がることもあるでしょう。

やむを得ない場合も多々ありますが、休職中の期間が長くなると印象が悪くなる場合があります。

現在勤めている会社を辞めたら、間を開けずに再就職するのが理想です。

ちなみに退職するときは、責任者に十分前もってその旨を伝えます。

会社によりますが、1か月前かそれ以上前のところが多いようです。

引継ぎが関係しているときは、同僚の方にも配慮が必要です。

自分がずばっといなくなって、残った方が困らないようにします。

また、引っ越しのために仕事を辞める前にすることもあります。

実家を離れて生活していたけど、親の世話のために故郷に戻ることになったとか、家族の慢性的な病気のために環境の良い場所に引っ越すことになったとか、仕事探しと引っ越しが重なる場合があります。

その場合引っ越しのほうに気をとられて、仕事は向こうで落ち着いたらゆっくりとと考えるかも知れません。

経済的な余裕があればそれも良いですが、そうもいかない場合は焦るものです。

今はインターネットで求職情報も検索できますから、次の仕事を決めてから引っ越しで来たら安心です。

引っ越しするからといって仕事を先に辞めてしまい、そのあとでアパートを探そうとすると、無職の人にアパートを貸すことはできないと断られるケースもあるようです。

最終的には貸してくれるところは見つかってどうにかなるものですが、そういうこともあると覚えておくのもいいですね。

転職は良くも悪くも大きな変化の時です。

なるべくストレスを減らしてうまく乗り越えたいものです。

 - 転職活動がうまくいかない