おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

火事の夢を見る意味とは

      2016/10/09

 

夢占いという占いをご存知でしょうか。

1度は耳にしたり、興味を持った方もいるのではないかと思います。

夢占いとは、

夢で見た内容を元に心理状態や近い未来に起こる出来事を判断する、という占いのことです。

これは、夢には見えない世界や滞在意識からのメッセージが隠されている、ということを前提にされています。

ここでは、夢占いと火事の夢を見る意味について解説していきます。

スポンサーリンク

夢占いについて

 

夢占いとは夢の中で見た印象的な人やものや風景、または夢の中で起こった出来事などををシンボルとして解釈していきます。

しかし東洋と西洋とでは、内容が同じものでも解釈が違ってくることもあります。

また判断基準は、シンボルに対しての一般的な知見、過去の経験則が用いられますが、夢を見た本人が、シンボルに対して一般的な見方とは違った印象を持った場合には、一般解釈とは異なった解釈が必要になることもあります。

例えばどのような場合でしょうか。

通常、犬といえば人間が身近に感じる動物、またはペットと捉える人が多いことから夢占いで犬は、友情の象徴とされています。

しかし、もし夢を見た人が犬に対して普段から良くない印象を強く持っていたり、怖いという意識を持っている場合には、夢占いでの判断が、友情とは異なってくる場合もあるということです。

また夢の中で見られることが多いとされる「火事の夢」というのは一見、縁起の悪い「悪夢」だと感じる方が多いのではないでしょうか。

しかし実は火事の夢は、基本的には逆夢なのです。

 

火事の夢を見る意味

fireman-38083_960_720

火事の夢は、

燃えるような情熱や欲望、願望、または激しい感情の象徴とされています。

火事とは、建物が燃えつき消失してしまいますが、その後には新しい建物が建つという一般解釈から、夢占いでも、消失して破壊してしまってもまた必ず再生できるということを意味します。

炎の激しさ

また炎が激しいほど、現実に何か激しい感情や葛藤を持っているとも解釈ができます。

ちなみに、炎に包まれるような激しい火事は吉兆であり、現在置かれている状況からの好転を意味します。

これは激しく燃え上がる炎のごとく、運勢が劇的に変わる時期だと夢が知らせてくれているのです。

炎を消していたり、消そうとしていた

その炎を消していたり、消そうとしていた場合は、自分の気持ちを制御しようという強い意思の表れです。

しかし消しても消しても消えない火事の夢の場合は、まだまだ感情や葛藤に対して、対処できずに制御することもできない状態とされ、衝動的になりがちで失敗をすることも意味します。

また、恋愛においては注意をすることが必要とされています。

建物が燃えている

建物が燃えているときは、周りの忙しさを表しています。

これは、あなた自身の心のストレスを表すものでもあり、今の忙しさが短期的なものになることを暗示します。

また、自分の部屋や家が火事になるのは、自身の健康状態の異変を表すとされています。

黒く焼ける建物

黒く焼ける建物が夢に出てきたのなら、それは今いる場所の変化、もしくはこれから先の職場の変化を意味します。

燃える建物を何もせずに眺めている

燃える建物を何もせずに眺めている場合には、あなたの周りの人達のあわただしさを映し出しています。

周囲が煙でたちこめていたり、人が炎に包まれている場合も用心してください。

スポンサーリンク

鎮火

火事の鎮火は、これまで隠れていた問題が露呈してしまったり、予想外の事態に頭を抱えることを暗示しています。

山火事

山火事を見たり、実家の玄関付近や窓部分で煙が上がっている場合には、家族や親戚の誰かの体調が思わしくないことを表しています。

また、何かしらのトラブルを抱えたり、これから先大きなものを失ってしまうことを暗示していることがあります。

航空機が墜落して炎上した

航空機が墜落してしまい火災となってしまった、あるいは高層ビルが赤々と燃えていた場合、それは予定していた計画の中止、社会に関わる大きな事、大事件やアクシデントが起こることを暗示する場合があります。

熱い感覚と火事による火傷

夢の中で熱いといった感覚に襲われた場合、それは寒さや冷たさに対する反発を意味します。

従って、この場合には、現実での寒さや冷たさなどの気温の変化を感じていることが多いようです。

こうした夢は、気候の変化や周囲の環境変化に、上手くなじむ事ができていない状態で、心の問題を抱えることを忠告しているのです。

また火事での火傷は、仕事あるいは勉学での成功を表しています。

給料があがったり、試験に合格するなどの吉報を予感させます。

消防士

消防士とは、自分の気持ちにどう対処するかを表す夢となります。

もし夢の中で、あなた自身が消防士になっていた場合、それは今の自分の性格を理解して感情を上手くコントロールしていることのあらわれです。

自らが消防士となり、無事に火事を消すことができたのなら、それはセンチメンタルな感情を抑えることができていることを暗示します。

ちなみに、火災現場から人を救うこと(人命救助)ができた場合には、あなたの隠れた才能が開花する可能性が高いです。

救急車

救急車とは、運命が進展したり、何かしらの変化かが訪れることを告げる夢です。

救急車に乗せられる人や病院の前で救急車を見るのは、身内や自分にこれから起こる予想外の出来事を告げています。

病気の発覚や切迫した状況に陥ってしまうこともあります。

救急車が自分の家の前に止まっている場合、それは混乱や面倒くさい出来事を暗示しています。

衝動的な行動に気をつけて過ごして下さい。

 

最後に

 

このように火事の夢と一言にいっても、夢の内容によって様々なことが隠されているのです。

夢占いとは、単純な占いのように見えて深いものです。

無意識の領域からの何か強いメッセージが隠されているという、不思議なものにも感じられたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 夢判断・夢占い・夢診断