おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

施工管理は激務でブラックなのか

      2016/12/04

 

施工管理はブラックだとか、激務だとか言われています。

施工管理は、施工管理技士のことです。

この資格は、建設業におけるトップクラスの資格となります。

電気、土木、建設、建設機械、造園、管工事などの建築に関する仕事を行う上で、なくてはならない資格です。

職場によって、現場監督などと言った呼び方もされます。

スポンサーリンク

施工管理の仕事

 

施工管理の仕事は、現場での指揮をとる形になりますので、その仕事に対する技術もそうですが、

現場の状況判断を下したり、現場の職人さん達とのコミュニケーション、クライアントからの要望に応えるなど、その業務は多岐にわたっています。

その為、残業が多くなる傾向があり、責任も重い仕事とされています。

現場監督ですので集団をまとめる能力も必要です。

施工管理補助(助手)

ちなみに、施工管理の資格がなくてもできる、施工管理補助(助手)という仕事もあります。

この仕事は現場での経験がない未経験者でも可能な仕事とされています。

仕事内容としては、職場によって違いがありますが、マニュアルに沿った形で施工管理のサポートを行います。

現場を知らない人は苦労することが多い

PAK160130140I9A6669_TP_V

現場では、わからないことが多いので、現場作業を知らない人は、職人さん達とのコミュニケーションをとるのに苦労することがあります。

職人には頑固な人や、仏頂面で気の短い人が多いので、新人の頃は現場で萎縮してしまう方がほとんどです。

始めの頃は図面も見れない、材料の名前もわからないので、職人から

「こんなこともわからないのか!」

と怒鳴られ、肉体的にも精神的にも疲れてしまい、仕事を辞めたくなることも多いです。

その為、この仕事をこなすには、メンタル面も強く尚且つ体力もあるそんな方が向いています(現場について詳しい人なら尚良いです)。

施工管理のポイント

施工管理を行う場合、労働者が激務とならないようにすることがポイントです。

ギリギリの日程でスケジュールを組んでしまうと、倒れてしまう人が出てしまうかもしれないからです。

もちろん、天候が悪い時もあります。

余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。

また、工期スケジュールどおりに、必ずしもいくとは限りません。

たいていの場合は、変更になります。

それは予測不可能な天候不順に見舞われたり、何かしらのトラブルが発生し予定どおりに工事が進まなかったりすることがあるからです。

この点もあらかじめ考慮した上で、スケジュールをその都度、見直していくことになります。

スポンサーリンク

施工管理の担当者は激務になりやすい

 

施工管理を行う担当者はとても大変です。

常に状態を把握しておかなくてはならないからです。

今日はどこまで進んだのか、残りはどの程度なのかというように、毎日、細かくチェックすることになります。

その為、他の社員が帰宅する時間になっても仕事が続きます。

もし、予定どおりに進んでいないようであれば、その都度、調整していくことにもなります。

だからといって、無理に予定を詰め込み過ぎないようにすることも大事です。

時間的に無理なスケジュールを組んでしまうことで、結果的に手抜き工事を余儀なくされてしまうことがあるからです。

これでは後々、トラブルを発生させてしまうことになります。

手抜き工事は会社の倒産危機に直結する

最近は手抜き工事が世間的にも取り上げられるようになり、かなり注目されています。

手抜きをしたことによって、その工事業者が潰れてしまうこともあるため、手抜きをしてはいけません。

この点は肝に銘じて工事を行うことをお勧めします。

無理なスケジュールの代償

手抜き工事はできない、でも工期には間に合わせなければならない、そうなってくると、多少は無理を要求されてしまうことも少なくありません。

それが激務となってしまうこともあります。

疲労が溜まった状態で工事を行うことで、大きな事故に繋がってしまうこともあります。

これこそ、起こしてはならないトラブルの一つです。

 

施工管理の担当者は労働者が激務とならないように注意する

construction-257326_960_720

施工管理を担当する人は、労働者が激務にならないように気をつけなければなりません。

例えば、シフト制勤務にすることがその一つです。

一人が何十時間も休まず働くということにならないようにします。

きちんと休日を作ることが大切です。

もちろん、一日の作業の間にも適度に休憩を設けることが重要となってきます。

それから、工期が遅れてしまっている場合には、新人ではなくベテランを投入することが大事です。

その方が作業もスムーズにはかどるようになるからです。

この点も、シフトをうまく組んで行うようにしていきます。

いろいろとやりくりしてもうまくいかない場合には、工期を多少は長く見積もってみるということもお勧めです。

 

最後に

 

施工管理という仕事は実際、激務になる場合が多くホワイトではなく、どちらかと言えばブラックに近いのかもしれません。

しかし、職場の環境によってそれは変わる場合もあります。

例えば、残業が続く忙しい時期も有れば、暇なこともあります。

決して年がら年中激務ではないのです。

土日祝と、決まった休みはもらえないかもしれません。

ですが、建築工事には必須の人材であり、社会からの信用も高い仕事です。

今まで与えられる側にいた人は、施工管理の仕事をすることで、自分が中心となって仕事を進めていく楽しさや、やりがいを感じることができるでしょう。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事