おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

涙袋ない人でも魅力的なホルモンタンクは作れる

      2016/12/02

 

最近は涙袋がぷっくりある女性ほど、可愛らしく見えると言われています。

もちろん、涙袋ないという人も居ます。

これは生まれつきのことなので仕方ありません。

それでも、流行に乗って涙袋を作りたいという女性が多くなってきています。

スポンサーリンク

涙袋と目の下のたるみやクマの関係性について

 

そもそも涙袋とは涙堂のことであり、通称ホルモンタンクとも呼ばれています。

ホルモンタンクと呼ばれる由縁については、涙袋があることで男性から魅力的に見えるので、女性ホルモンが活発な様子を想像させるためとされています。

また、涙袋があると肌のハリが良い、タレ目に見えるなど女性にとっては嬉しい効果があります。

下眼瞼溝をはっきりとさせることでさらに魅力が増す

ホルモンタンクをより美しく際立たせるためには、涙袋の下側の境目がはっきりとしていなければなりません。

この境目のことを下眼瞼溝と呼びます。

下眼瞼溝(かがんけんこう)をはっきりとさせるには、目の下のクマやたるみを取り除くのが良いと言われています。

一般に目の下のクマやたるみなどはそれ程関係性はない、と思われがちですが、両者の関係性は非常に近いことがわかっています。

涙袋がない人は下眼瞼溝が膨らんだことが原因の場合も考えられる

YUKA151206135840_TP_V

実は目の下がたるむことで、下眼瞼溝が膨らみホルモンタンクがかすんでしまい、そのせいで涙袋がないように見えている場合があります。

この目の下のたるみの原因には、老化現象が挙げられますが、老化により目の下の脂肪(眼窩脂肪)が張り出してくることで皮膚が下に垂れ下がり、厚い脂肪のせいで影ができクマに見えるようになります。

また、まばたきの回数が極端に少ない人も注意が必要です。

まばたきが少ないと目の周辺の筋力低下を招き、目の下のたるみに繋がるからです。

目を酷使する作業、特にパソコン作業が多い人はまばたきの回数が減りやすいので注意が必要です。

 

涙袋がないのではなく隠れていた場合のホルモンタンクの作り方

 

前途しましたように涙袋がない人は、下眼瞼溝が膨らんだことが原因の場合があります。

一度、鏡でしっかりと自分の顔を見て目の下にたるみがないか確認してください。

もし、たるみがある場合には、その後の努力次第で魅力的なホルモンタンクが作れると言うことです。

その際には、目の周辺の筋肉(眼輪筋)を意識して動かすことで目の下のたるみを改善します。

ウインクや目の下辺りをマッサージすることも効果があるようです。

また、化粧品が肌に合わない場合にも、目の下がたるむと言われているので、その際は使用するのをやめる事も大事です。

スポンサーリンク

涙袋がない人におすすめなメイク方法

 

涙袋がないと美容整形をしてみようかと考える人も少なくありません。

しかし、そこまでやるには抵抗があるという人も居ます。

そこでお勧めなのは、メイクで工夫することです。

メイク

実は流行していることもあり、メイク法によって魅力的なホルモンタンクを作ることができるようになってきているのです。

まずは、バラエティー雑貨やコスメグッズ専門店などで探してみることをお勧めします(ただしテープなどは色も派手で、剥がれやすく、周りにばれることがあるので注意してください)。

元々、持っているメイク道具でも、工夫することで涙袋を作ることは可能です。

その際は、陰影をつけることがポイントとなってきます。

陰影

ぷっくりと目の下の部分が膨らんでいれば、それがホルモンタンクに見えることになるので、ファンデーションなどで陰影をつけてみるといいかもしれません。

薄めと濃いめのファンデーションを上手に使い分けます。

もしくは、コンシーラーでも陰影をつけることも可能です。

このようにして工夫することで、新たに買い揃えることなく涙袋を作ることができます。

涙袋がないことで困っている人や、悲しく思っている人などは、試しにいろいろとやってみることをお勧めします。

PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V

メイクの仕方はファッション雑誌や美容雑誌、それから、インターネット上でも探すことができます。

様々な情報を参考にしてみることもポイントです。

メイクでホルモンタンクを作る場合の注意点

ただし、メイクでホルモンタンクを作る場合、当然、洗顔をすることでなくなってしまいます。

汗をかいたり、水に濡れたりしても落ちてしまうことがあるので、その点は注意が必要です。

プールや海などに入る時は、すぐにとれてしまうこともあります。

 

最後に

 

涙袋がないことがコンプレックスになっているという人は、最終的に美容整形を考える方もいます。

最近は簡単かつリーズナブルな料金で、美容整形を受けられるようになっています。

また美容整形であれば、メイクなどとは違って落ちてしまうこともありません。

毎回、メイクでホルモンタンクを作る手間もなくなります。

一見すると美容整形には、メリットだらけでデメリットがないようにも思います。

しかし、手術をしたからといって半永久的にその効果が持続することはなく、何度も何度もヒアルロン酸を注入しなければならず後になって後悔する方もいます。

お金の問題もそうですが、副作用が出ないとも言い切れません。

それよりも、年齢を重ねるうちに自然と涙袋ができることに期待する方がおすすめです。

と言うのも、肌の状態は年齢とともに違ってくるものだからです。

顔が変わるように個人差がありますが、自然な流れに沿って、涙袋ができるまで待ってみるというのも一つの手段と言えます。

関連記事

私が結婚できない理由、それは毛が濃ゆいからでした。

ウインクのやり方とできない原因

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 美容