おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ピアノ処分の費用が高いと思ったら買取ってもらいましょう

      2016/10/14

 

ピアノの処分費用にまつわる話題が盛り上がりを見せているのは、それだけ多くの人が興味関心を寄せている話題であるからにほかなりません。

ピアノといえば、今でもなお、裕福な家庭にある楽器というイメージが大きいのは事実です。

その大きさや重さを鑑みれば、そう簡単に持ち運んで処分できるものではありません。

場合によっては、クレーンなどの重機を使用しての運搬になることもあります。

スポンサーリンク

ピアノ処分の費用は数万円かかる

 

ピアノの運搬については、容易に素人が運べるものでもないことから、引っ越し業者においても、専門部隊をつくるなどして、対応するほどだといわれています。

一般家庭レベルでの話だけではありません。

学校などにおいても、廃校や統廃合などによって、ピアノを運搬する必要性が生じることもあります。

音楽の授業などにおいては、大きく活躍するものですから、当然ともいえるでしょう。

むろん、その移動については、細心の注意を払いながらの作業になることはいうまでもありません。

PPW_retoronapiano_TP_V

全身全霊を傾けての作業になるのです。

作業自体も大変なものになりますが、その費用についてもそれなりの金額になります。

とはいえ、これだけの重さのものですから、そう簡単に移動することはなく、運搬をサービス業務とする業者にとっては、他の仕事もしていかなくてはいけません。

コンサートホールなどの設営や撤去を手掛ける業者にとっては、音楽機材の運搬はなれたものだといいます。

ギターやドラム、シンセサイザーなどといった持ち運びしやすい楽器はもとより、ピアノのような重くて大変な楽器を運ぶことも仕事になるのです。

気になるのは、運搬したり、処分したりする場合の費用ともいえます。

その費用ですが、一般的には2万円~3万円は覚悟しなければなりません。

 

ピアノは処分するより買取ってもらいましょう

 

私の家には、娘が保育士になるための試験に合格するためにと、10年以上も前に購入したアップライトピアノがあります。

今は娘がいないため誰も使用してはいません。

そのせいか、ピアノにはホコリも積もり、場所もとるので、使わなくなった現在は邪魔な存在となっています。

アップライトピアノを処分しようとしていた私

そんな我が家のアップライトピアノですが、今回長年住んだ我が家から引っ越すことが決まったことで、このピアノも処分しようと言う話になりました。

始めは思いでもあるし、一緒に持っていこう、と言う話になっていたのですが、

引っ越し先に持っていくだけでそれなりの費用もかかるそうで、よくよく考えてみたら今よりも引っ越し先は狭く、置くスペースもないと言うことに気付き断念した次第です。

処分することを娘に伝えると

「えっ、処分するの?」と驚いた様子でした。

私は娘に「また使うのなら送るわよ」と伝えたのですが、

娘は「うちも狭いから置く場所がないし、弾いたら弾いたで近所迷惑になるから」と引き取ることはできないと話します(今は結婚して仕事も辞め専業主婦になっている娘ですが、帰省するとたまにピアノを弾くこともあったので、処分して良いのかはっきりと確認をしておこうと思い、このことを話したのです)。

ちなみに娘には「処分するなら専門業者に買い取って貰った方が良いよ」と言われ、買取業者の比較と査定を進められました。

私は「そんな面倒なことはしなくても良い」と言いましたが、

娘から「簡単だし、一番高くで買い取ってくれる業者がわかるよ」と説明され

少し不安でしたが、パソコンを立ち上げ、教えてもらったピアノ比較と査定が一括で可能なサイトを開き、一括査定を行いました。

一括査定

実際やってみて思ったことは、

うちのピアノに複数の専門業者が値段をつけてくださるので、相場より安いんじゃないかと言う不安もなく、安心して一番高い値段をつけてくださった、専門業者に買取ってもらうことができました。

調律もしていないけど、売れるのかなぁと心配していましたが、そのままでも大丈夫で一括査定も無料で行えました。

もし私のように処分したい、捨てたいと思った方がいたのなら一度、一括査定をしてみることをおすすめします。

ピアノは本来高級楽器ですので、処分するのではなく、誰かがまた使い続けてくれるように専門業者に譲る方が良いようにも思います。



詳しくはこちら↓↓

ズバットピアノ買取比較

 

何故ピアノは高値で売れるのでしょう

 

何故ピアノは高値で売れるのでしょうか。

気になったので調べてみました。

人気の秘密について

そもそも日本の楽器は、その性能の良さには定評があり、中古品として、東南アジアなどの各国に輸出される場合も多いとされ話題を呼んでいます。

むろん、日本国内の中古品マーケットでも取引される場合も多いといいます。

ネット時代と呼ばれる今、知らず知らずうちに精神的なストレスや心の悩みを抱える人が増えているともいいます。

そんな時には、音楽を聞いたり、自ら奏でることによって、ストレスを発散する方法がとられることもあります。

また、楽器店の盛況ぶりがクローズアップされる機会の増加で、新品や中古品を問わず人気が続いています。

従って、ミュージシャンやオーケストラなどのプロはもとより、趣味の延長線上で楽しむ素人が増えていることが背景にあるのかもしれません。



詳しくはこちら↓↓

ズバットピアノ買取比較

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 節約・生活