おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

普天間基地移設問題を考える

      2016/10/12

 

現在でも月に一度は朝のニュースなどで取り上げられる普天間基地移設問題ですが、これはそもそも日本とどのような関わりのある問題なのでしょうか。

 

普天間基地移設問題

okinawa-723246_640

この問題は、アメリカの海兵隊の沖縄県宜野湾市にある普天間飛行場にある施設を、沖縄県内を中心にどこに移すかという点が問題点となっています。

沖縄県内では、アメリカ軍兵士による犯罪は昔から発生しており、1995年に起こった沖縄米兵少女暴行事件をきっかけに、更に沖縄県民をはじめとする日本人のアメリカ軍に対する反感は高まりました。

それ以前からもアメリカ軍の撤退を地元の人たちは訴えておりましたが、その事件により沖縄のアメリカ軍問題も注目されるようになり、普天間基地移設問題も日本全国に広まりました。

1990年代から普天間基地移設問題は国会で議論されており、その時は2000年代はじめまでの返還を目標としていましたが、それが実現することはありませんでした。

ですが、2000年代に入ってもこの問題は定期的にニュースなどで取り上げられ、地元の人々をはじめとする国民の普天間基地返還要求は風化しませんでした。

2000年代ではそれに関する国会での議論も活発となっており、日米の首相会議などでもこの問題に関する話し合いは持たれていますが、日本・アメリカ双方の意見が合致することは無く、この問題の解決にはまだまだかなりの時間がかかると思われます。

 

日本の内閣、国会に対する反感

angry-man-274175_640

また現在では、この問題に関する国民の反感はアメリカに対してだけでなく、日本の内閣、国会にも向いています。

この普天間基地は移設の話が出た頃は、沖縄県外に基地を移設させるという話で話し合いが進んでいました。

しかし、2010年、移設案は熟慮されていましたが、県外移設は不可能とみなし、結局普天間基地は沖縄県内で移設を行うこととなり、それにより沖縄県をはじめ、日本全国で普天間基地移設のデモが起こるようにもなり、それは現在でも続いています。

fighter-jets-1008_640

基地の周辺に住む人々は

アメリカ軍による深夜帯におけるヘリコプター・飛行機を使用した訓練における騒音や、それだけでなく日常におけるかなり大きな揺れなどに苦しまされており、できるだけ早い解決が望ましいとされています。

 

最後に

 

沖縄県外への移設が不可能となってしまった現在、これらが発生しないように海の上にヘリポートを作ることで揺れを防ぐ、などといった様々な方法で騒音・揺れへの対策が練られていますが、この国民・アメリカ軍・日本政府の意見が合致することはまだまだ先の話になりそうであり、建築方法などの詳しい対策に関する話し合いは更に先の話になりそうです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 勉強