おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

品川区の保育園の倍率について

      2016/10/14

 

品川区においても、待機児童の問題がクローズアップされており、大きな関心事になっています。

いわゆる待機児童ゼロといった言葉が声高に叫ばれるようになって以来、品川区においても、自治体を中心にして多くの議論がなされてきました。

現在の状況からの脱却を目指す動きが具体化してきており、その動向には大きな注目が集まっています。

スポンサーリンク

数年前までは、品川区でも一部の地域ではそこまで倍率を気にすることもなかったのですが、今は数年前とは状況が変わり、品川区では今現在とても高い倍率となっています。

従って、引っ越しを決意するなどの行動に移る前の段階でしっかりとした情報収集をすることが大事です。

ママ友の情報を参考にしたり、役所に問い合わせる、品川区のホームページで最新情報を確認するなどの行動が必要です。

 

品川区の保育園の倍率

 

保育園の倍率はいまだに高くなっており、事態打開に向けた取り組みが進められています。

この問題については、国家レベルでの対応が必要であるとされており、厚生労働省をはじめとして、関連省庁が喫緊の課題として、対策を講じていますが、その道のりは険しいものといわざるを得ません。

そんな中において、各自治体においては、国からの支援に頼ることなく、慢性的ともいわれる待機児童の問題に向けた対策に動く自治体があることもまぎれもない事実です。

品川区が目をつけたのは、保育園で実際に勤務する保育士の確保の必要性です。

倍率の高さということだけに注目するのではなく、視点を変えることを考えたのです。

保育士の環境

現在の保育士を取り巻く環境については、極めて厳しいものがあるとして、クローズアップされています。

保育士の資格を持ちながらも、保育士としての勤務を希望しないという人がいるのも実態であり、抜本的な解決が求められています。

品川区においても、他の多くの自治体同様に保育園の数の少なさが問題になっています。

その存在自体が、いわば子育てをする機関という意味あいが強いために、営利を追求するものでないことが、その数の拡大につながらないという声も出てきています。

民間企業の参入に期待の声も

nursery-1219348_960_720

保育園についていえば、民間企業の参入にも期待の声があがっていることも事実です。

競争原理を大いに活用して、発展することが期待されます。

倍率の高さを考慮すれば、より激しい競争が起こることへの期待もあるといえるでしょう。

保育園を経営する側にとっては、優秀な保育士の確保が最も難しい課題だといわれています。

大切な子供を親御さんから預かるという仕事は、想像以上の激務であり、大きな責任も担うことになります。

ゼロ歳児から就学前の子供を預かるというケースが多い中において、子供の命を守ることが求められています。

 

最後に

 

女性が光り輝く社会の実現やワークライフプラン、一億総活躍社会などといった言葉が声高に叫ばれていますが、その背景を担うのが、保育の現場であることは間違いありません。

今後も目が離せない状況が続きます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 節約・生活