おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

仕事を頑張りたいと思う精神状態を軽くする方法

      2016/12/05

 

現在、世間が思っているほど求人は少なくはないと聞きます。

むしろ、求人を探している人数よりも、求人数は上回っているようです。

それだけ人材を必要とはしているのですが、もちろんそれには職種のかたよりなどもありますし、飲食業や土木業関係が多く、それ以外の職種はまだまだ少ない、というような状況でもあります。

そんな中、前回の職場では上手くいかなかったけど、次回の職場では「仕事を頑張りたい」と強く思い転職活動をする人も数多くいます。

しかし、無理に自分を変えようとするのは辛いことも少なくありません。

ここでは、そんな精神状態を少しでも軽くする方法を紹介します。

スポンサーリンク

仕事を頑張りたいと思う心境とその対策について

 

これから転職をしようと考えている方の中には、仕事を頑張りたいと思って探している方と、そうではなくてとりあえず仕事に就かないと世間体もあるし、生活もできないし、というような感じでしぶしぶ働こうとしている方などいろいろあると思います。

正直、どちらの感情も持ち合わせている方が圧倒的に多いとは思います。

基本的に、ネガティブな感情を無理やりポジティブに持って行こうとしてもそれはしんどくなっていく一方です。

もちろん、ポジティブになろうという気持ちは非常に大事ですし、ネガティブな感情よりもポジティブな感情の方が断然いいです。

ですが、ネガティブ思考を無理やりポジティブにしようと最初から頑張ってしまうと、いつのまにか本当の自分がわからなくなってしまったり、周りが見えなくなってしまうことがあります。

なので、単純に、シンプルにまずは今の自分を受け入れてあげることというのが大切です。

heavy-934552_960_720

今の自分でもいい、頑張りたいとは思っているけれど、今の自分に合ったレベル、今の自分にぴったりな職場で無理をせずに仕事をしたい、そのようなテイストでいいのです。

最初から意気込んでしまったりすると、後になってしんどくなってくるような気がするからです。

対策について

自分にぴったりの職場が見つかれば、無理に頑張りたいと思う気持ちを持たなくても、気づいたときには頑張っている自分がいて、自然とスキルアップできていっているものです。

なので、まず転職をしようとするときは、今から応募しようとしている会社が本当に自分のニーズに適しているのか、自分に合った会社なのか、それをじっくり考えてから応募するといいです。

正直、自分が希望していた職種とは全く違うが、会社の雰囲気がなんとなく自分に合いそうだった、くらいの気持ちでもいいと思います。

会社の雰囲気が自分に合っていればそれだけで仕事が楽しくなりますし、その仕事を好きになれることは多いにあるからです。

見極めるということが大切ですし、自分に合っている求人を見つけるのは難しいかもしれませんが、いろんな求人を見ていると少しずつわかってきます。

また、求人を探す場合、転職サイトを活用して自分に合った求人を見つける方法もありますので、是非活用してみて下さい。➡ピタジョブ

スポンサーリンク

仕事を頑張りたいと思う人は真面目な人が多い

 

仕事を頑張りたいと思う人は、真面目な方が多いようです。

性格が真面目なばっかりに仕事にも手を抜くことができず、誰にも頼る事ができないこともあります。

真面目なことはいいことですが「頑張らないとダメだ」と強く思うことは、度が過ぎるとプレッシャーとなりストレスになります。

転職活動が上手くいかず、すでに失業状態に陥っている場合はさらに辛くなります。

ただ、転職活動は焦っても上手くいきませんので、たまには遊びに出かけてみるのもいいかもしれません。

例えば、図書館で自分の好きな本を読む、映画を見る、美味しいものを食べるなどはいい息抜きになります。

自分は失業中なので仕事を探さなくてはいけない、と頑なになる必要はないのです。

また、ストレスを感じているときには、誰でもいいので愚痴をこぼせる相手を見つけておくことも大事です。

話をしても問題が解決しないこともありますが、自分の話を聞いてくれる人がいる、ということだけでも心は落ち着きます。

 

最後に

lonely-1149764_960_720

頑張りたいと思う心境は、ときに自分を追い込む場合があります。

しかし、追い込まなければ行動を起こすこともまた困難、ということもあり上手い具合の加減が必要です。

要は、要領よく生きなければいけないのですが、真面目な人にとっては、これが難しいことでもあるのです。

ただ、仕事に限っていえば自分に合う仕事さえ見つけることが出来れば、そんなに頑張る必要もないのです。

例えば、コミュニケーションが苦手な人が営業マンになると自分を追い込み頑張らないといけません。

では、コミュニケーションをあまり必要としない仕事に就くとどうでしょうか。

確かに始めは仕事を覚えなければいけないので大変かもしれませんが、それから先は前者よりも「仕事を頑張ろう」と強く自分を追い込むことはないのではないでしょうか。

故に、転職活動をする際は、自分に合った仕事を選ぶことが必要で、そうすれば、自分を追い込むことも少なくなり、精神状態も安定してきます。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事, 転職