おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

派遣ですぐ辞めたい場合は、早めの対処が必要です

      2016/10/10

 

働き方の形態は、正社員としてのスタイル以外にも、アルバイトやパート、様々な形があります。

その中で、比較的時給などが確保される形態としては、派遣社員として働くなどがあります。

派遣社員として働く場合、雇用期間がある程度設定されている場合も多くあります。

そこではお互いの雇用条件が合って、働き始める訳ですが、働いてみると思っていたのとは違っていた職場などもあります。

そして、すぐにでも辞めたいというケースも出る事があります。

この様な場合には、できるだけ早い内に申し出る事も一つのコツになります。

例えば、6ヶ月の派遣期間の中で、2ヶ月など暫く経過してから辞めたいと申し出ると、受け入れ側でも困る場合があります。

スポンサーリンク

派遣ですぐに辞めたい場合

 

すぐに辞めたいという場合には、早めに自分の会社にも申し入れをして、次の人を準備してもらうなど、まずは受け入れ先企業に迷惑が掛からない様にするのが第一です。

確かに、実際の職場で働いてみないと、実情がわからないというケースもあります。

自分は悪くないというケースであったとしても、受け入れ側には辞めた後の穴ができてしまう可能性もあります。

工場などの場合には、生産ラインに影響が出る、仕上がり、あるいは商品納入先、またその先の会社にまで影響が出るなども懸念されます。

まずは、受け入れ企業に迷惑が掛からない状態を作った上で、早めに申し出る事が大切です。

面接などがあって、お互いの合意に基づいて雇用契約も発生していますので、書類上においても、契約を一旦破棄する形になります。

 

派遣で働いてみたけどすぐ辞めたい場合

 

働いてすぐの場合には、頭数には入っていますが、仕事を覚える期間などを想定している場合があり、その範囲内という事で処理してもらえる可能性があります。

もし、受け入れ企業にとって余りにもマイナスになったり、礼儀を欠いた行動で辞めると、後々の問題も発生する場合があります。

受け入れ先企業にとっては、辞めたいと申し出た個人よりも、派遣会社に対するペナルティーを科す場合もあります。

次に、同じ受け入れ先企業に入る人の事なども考慮する事が必要です。

また、すぐにでも辞めたいという場合であっても、派遣社員にも有給休暇が支給されるという内容は覚えておくと役立ちます。

特定の期間働いた人には、発行される場合が多いので、有給休暇を使えるまで頑張るという手段もあります。

精神的、肉体的にどうしても「もう耐えられない」という場合は別ですが、有給休暇を上手く利用できる様な退職の仕方も考慮してみる事ができます。

ただ、この場合にも、やはり受け入れ企業に迷惑がかからない範囲での行動を心がける必要があります。

スポンサーリンク

派遣どうしてもすぐに辞めたい場合

TAKEBE160224540I9A0364_TP_V

どうしてもすぐに辞めたい場合には、様々な要因がありますが、特に精神的、肉体的にきついとどうしてもすぐに辞めたい、と思うことがあります。

このような場合は、正直に人材派遣会社の担当の方に話すのが良いです。

会社側からは契約日までは働いて欲しい、と言われるのが大半ですが、どうしても耐えられない場合には仕方がない場合もあります。

ただ、今後この派遣会社から、今までと同じように派遣の仕事を貰うのは難しくなります。

そうなると、正社員での仕事や、パート、アルバイトでの仕事も考え、探さなければなりません。

一人暮らしで生活が厳しい状況では、ある程度の資金の蓄えも必要になります。

また、今後も派遣社員として働きたいのであれば、契約日までは我慢するといったことも必要になります。

故に、これから先のことも十分に考えた上での判断が大事です。

関連記事

転職活動がうまくいかないあなたへ!これだけやって仕事が決まらないのなら、それは時代のせいです。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

就職に「失敗した、失敗した、失敗した!」と後悔したら、客観的にOOを診断してもらおう

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職