おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

教師を辞めたいと思った時

      2016/12/05

 

一般的に教師という職業は、比較的安定している部類の仕事となっており、一度なることが出来れば将来まで働くことが出来ます。

しかし、その一方で強いストレスを感じやすい職業でもあり、人によっては辞めたいと考えてしまうことがあります。

一般的に辞めたい、と思ってしまうことが多い原因として、保護者からのクレームが多いことが関係しています。

スポンサーリンク

保護者からのクレームが原因で教師を辞めたい場合の対策

 

保護者の中には、ちょっとしたことで学校や教師にクレームを出してしまう方が、時々存在します。

最初の内は何ともなくても、それが繰り返し行われることによって、心労が少しずつ蓄積されていく流れとなっていきます。

その結果、心の病気になってしまうケースがあるため、そういった理由から辞めたい、と思う教師が増加しています。

そこで、そういった事態を回避するための秘訣やコツとして、誰か相談出来る相手を見つけることがポイントとなります。

相談出来る相手についてですが、これについてはいくつか該当する人がいます。

職場の同僚

S001_megane0220140830145944_TP_V

1つめの候補としてあげられるのが、「職場での同僚」という選択肢を選ぶことが出来ます。

基本的に学校勤務が基本となっていますので、同じ職場で必然的に他の教師と会う機会が多いです。

ポイントとしては、その中でも自分と性格が似ていて、気軽に話が出来る人を1人以上確保しておくことが、重要となります。

そういった人を見つけておくことによって、悩み事や愚痴などを気軽に話すことが出来るようになります。

ただ、校長や教頭といった立場が違いすぎる相手を選んでしまうと、自分の仕事への評価に影響が出てしまうことがあります。

なので、その点については注意しながら、慎重に相手を選択していくことが大切です。

友達

そして2つめの候補としては、「友達」です。

ここでのポイントは、仕事が休みの日には友人と遊びに出かけることです。

仕事上のストレスなどを貯めておくことによって、それが心の負担や病気に発展することもあるからです。

そうなると最終的に、休職してしまうケースがあるため、それをなるべく早く発散させることが大切です。

比較的有効な方法として、友人と、お茶会やショッピングなどをすることが重要となっています。

基本的に、休日の行動は自由となっているので、休みの日を有効に活用することが秘訣となります。

また、友達などと中々スケジュール調整が出来ない時には、何かスポーツや習い事などを始めるのも有効です。

何か仕事以外の、熱中出来る楽しみを見つけることによって、それを日々の仕事に生かすことが出来るようになります。

スポンサーリンク

教師を辞めたい

 

教師という職業は、社会的地位も高く、周りから一目置かれる立場にあります。

当然、学力も優秀な方が多いのが特徴です。

教師には、小学校、中学校、高校教師と様々ですが、共通する点は、学生の頃からこの職業を目指して教師となる方が、ほとんどだと言うことです。

要は、子供の頃からの夢を叶えた人でもあるわけです。

そして、無数にある職業の中から、教師一本に絞り、ここまで来たのですから、芯の強い人という見方も出来ます。

一方で、そのような方が教師を辞めたい、と今実際に思っているのですから、相当な何かがあるのでしょう。

辞めたい理由

例えば、教師としての責任に耐えられない、モンスターペアレントの対応に疲れた、仕事が忙しすぎて辛い、などの事情があるのではないでしょうか。

実際に、現代では昔の教育方針と大きく異なることから、指導が上手くできず、生徒が言うことをきかない、従わない、などの生徒の問題も多くなっています。

MAX76_idouwoiiwatasareta20140531_TP_V

そんな中、何かトラブルが有れば教師が叩かれ、指導が悪い、と外部の人達から文句を言われます。

そして、毎日の業務も辛くなります。

教師が悪いと言えば、周りはそれまでで、根本的な原因を解決しようとはしません。

そういったことが原因で、元は好きだった、教師の仕事が嫌いになってしまった方も多くいます。

教師は、ひたすら我慢するしかないのが現状です。

ただ、それでも「昔からの夢だから、安定しているから」と教師を辞めずにいる方も多くいます。

どうせ生きているからには、苦しいのは当たり前だと思え。

という、芥川龍之介の言葉もあるように受け取り方は様々です。

そして、今の仕事が本当に辛いなら、仕事を続けながら他の職種への転職を考えるべきでしょう。

世の中には、教師以外の職業も多くあります。

故に、これから第二の人生をスタートさせる、と考えれば将来に希望が持てます。

 

最後に

 

教師を辞めて転職するにしても、続けるにしても、あなたは元々芯が強いのですから、自分が目指した道を邁進してみてはいかがでしょうか。

きっといい方向へと進むはずです。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職