おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

発達障害の人は仕事でその特徴を生かせば必ず成功する

      2016/12/06

 

大人になってから、自分が実は病気だったと気付かされる事があります。

発達障害などにおいても、成人して、社会に出てから病気だと判明する場合などがあります。

発達障害の人が、仕事で成功するには、やはり周囲の理解を得るなども必要ですが、可能であれば、自分でも仕事内容に工夫を加えるなどが成功の秘訣になります。

スポンサーリンク

発達障害の人の特徴

 

発達障害の内訳は、かなり多くの症状が該当する場合もあります。

対人関係において、人と目を合わすのが苦手だったり、同時にいくつかの事をこなす事ができないなどの場合もあります。

人と目を合わすという場面は、仕事では営業職などの場合にも発生します。

取引先の人と目を合わせながら、売上に繋げていく必要があります。

この点を鑑みた場合、いずれかの企業に就職ができたとしても、やはり職種に問題が発生する可能性をもっている事になります。

また、同時に複数の仕事をこなせない場合には、例えば、職場で電話などが掛かってきても、話を聞く、話す、メモを取るなどの簡単な内容にも対応できないケースもあります。

以上は、ケーススタディに見る内容ではありますが、発達障害の人が仕事で成功するためのヒントにもなります。

 

発達障害を認知して適切な仕事に就くことが成功の秘訣

 

まずは、自分自身が発達障害であると、医学的な面から証明されたのなら、そこからが始まりになるといえます。

office-1031707_960_720

大手の企業では、確かに産業医なども常駐していますので、病気に対するケアなどを行ってもらう事も可能です。

自分が現在行っている業務内容に息苦しさを感じたり、クリアできない業務があるのであれば、部署や職種を変えてもらう事を考えます。

会社側での了承も必要になりますので、自分の病気への理解をしてもらう事から始まります。

その上で、会社に残りながら業務をこなしていくのであれば、適正のある職種を選択する必要があります。

他の方法として、自分ができる事を分析できれば、メモ書きにして、そこから新たに出発する事もできます。

適切な職場への転職も考える

現在勤務している会社を退職して、新しい会社、職種を見つけるなども一つの方法になります。

例えば、この病気の特徴として、一つの事にこだわりをもったり、執着するという面が挙げられます。

業務内容についても、一つの同じ内容を続けるという職種は複数あります。

研究や分析

研究や分析などの分野では、常に同じ作業を繰り返す事が求められます。

逆の言い方をすると、同じ事に執着していていい状況でもあります。

自分で判断する場合にも、引き込まれる程に、作業に没頭できる場合があります。

この病気を抱える人にとっては、そのままできる事が、成功への道しるべになっている場合があるのです。

発達障害の人が成功できる特殊な仕事

まず、発達障害の人が仕事で成功するには、夢中になれるものを見つけることが一番ですが、まだそれが見つかっていないのであれば、発達障害の特徴を活かした、データ分析重視の仕事に就いてみてはいかがでしょうか。

データ分析の仕事と言えば、やはり株のトレーダーであり、発達障害の人が成功する可能性がある仕事です。

他にも、リスクが高いFXもありますが、FXよりは、規則性のある株の方がおすすめです。

また、SEや不動産投資家などもいいのではないでしょうか。

このように、発達障害の人は普通の人がする仕事では成功できませんが、自分の特徴を知り、それを活かして諦めなければ必ず成功できます。

ただ、焦ってはいけません。

私達は、IQの高い天才のように、簡単に成功はできないのですから。

長い目で見て、30代前後で成功できるように、まずは20代で、地道に土台を作り努力するしかありません。

努力できるという、自分の才能を活かすしかないのです。

スポンサーリンク

普通の人は学歴だが発達障害の人は才能を活かす

 

普通の人は学歴で勝負しますが、私達は才能で勝負するしか道はないのです。

普通の人のように、普通に生きても発達障害の人は成功出来ません。

私達は才能、才能だけで勝負する必要があります。

会社に勤めても、普通の人のように仕事をするのは辛く、ストレスが溜まるだけで仕方がありません。

起業したり、一人でできるような仕事でしか、私達は成功する事ができません。

ただ、前途しましたように、会社側が理解を示し、研究や分析の職場に就けばそれなりの成功を収めることもできます。

成功したいなら

成功したいのなら、あなたは覚悟しなくてはならないのです。

よく成功者が、学校を中退した時や、死にそうな目にあった時に、覚悟したと話します。

あなたも成功したいなら、覚悟を決めて、これからの人生を歩まなければいけません。

アインシュタインの言葉

天才とは努力する凡才のことである。

これは、アインシュタインの言葉ですが、正にこの通りで、好きな事に夢中になれる、そして、諦めずに努力ができる発達障害の人は天才とも言えるでしょう。

ただ、努力するところを間違えば、あなたは成功できないし、普通の人よりも辛い人生になってしまいます。

故に、あなたはまず、自分の特徴を活かせる好きな仕事に就くための、キャリアを積む必要があります。

20代は成功するための、準備期間でなければならないのです。

 

最後に

 

あなたがしたい仕事が何なのか、私は何かわかりません。しかし、あなたが就きたい仕事に就く方法を、私は知っています。

その方法、それは、その仕事で成功している人の本を読むこと、その人の話を聞くこと。

これしかない、そして徹底的に情報を集めて自分で分析することです。

そうすれば、あなたは仕事で成功できるはずです。

諦めてはいけません。

努力できる人は強く、普通の人は努力ができずに苦しんでいるのですから。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

一人でできる仕事でストレスなくマイペースで収入を貰える職業

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事