おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

携帯代を安くする方法は4つ

      2016/10/14

 

「毎月の携帯代が高い!」と、一度くらいは悩んだことがあると思います。

携帯は、現代の日本においては、一人一台が当たり前の時代であり、日常生活を送る上でも欠かせないコミュニケーションツールとなりました。

携帯電話の大手は、docomo、au、ソフトバンクの三社であり、今では当たり前のように、この三社のいずれかを保有しているのが現状です。

近年では、ガラケーからスマートフォンへの移行が進み、今まではメールや電話といった機能だけで十分だった人でさえ、周りの目を気にして「ファッション感覚で持つ」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、このスマートフォンへの移行自体が、携帯代の料金を引き上げる要因でもあります。

スポンサーリンク

携帯代を安くする方法はスマホからガラケーへの切り替え

 

私は、今現在、ガラケーを使用しています。

以前は、「周りがスマホを持っている」「LINEがしたい」「スマホじゃないとダサい」といった思いから、スマートフォンを使用していました。

そして、スマートフォンを使用した結果、暇つぶしには最適なもの、と言うことがわかりました。

ただ、暇つぶしにもお金がかかるものです。(ゲームやアプリなどの課金)

私は、通帳を記帳した際に、スマホの恐ろしさを知ることになりました。

周りに流され、安易にスマホに変えたばかりに、お金がどんどん通帳から消えていきました。

故に、スマホは単なる携帯ではなく、小さいパソコンを携帯していると、思った方がいいのかもしれません。

スマホからガラケーに機種変更

selfie-1148996_960_720

携帯代を安くする方法についてですが、私はこのスマホから、以前のガラケーに機種変更を行うことで、携帯代を安くすることができました。

これにより、スマホ自体は電話、メール、ネットへの接続はできないものの、自宅でwi-fi接続を行えば、またネットに繋ぐことができとても便利です。

様々な方法をとれば、スマホでもガラケーのように安くする方法もあるのかもしれませんが、私は大雑把な性格ですので、そんなめんどくさい事はしたくなく、元のガラケーに戻すことを選択しました。

 

携帯代を安くする方法は割引制度を利用する

 

家族割引

他にも、携帯代を安くする方法は、いろいろあります。

まず、家族が居て、家族みんなで携帯を使っているという家庭では、全員、同じ携帯電話会社のものにすることがポイントです。

そうすることで、家族割引に加入することができます。

携帯電話会社によって、家族割引の内容に多少の違いがありますが、多くは、家族間の通話やメールが無料になるといったものです。

家族間で頻繁にやりとりをすることがある、という家庭こそ、家族割引に加入しておいた方が無難です。

学生割引

家族に学生が居るという場合には、学生割引のある携帯電話会社を利用するというのもお勧めです。

当然、学生を卒業すると、学生割引は使えなくなってしまいますが、学生のうちだけでも安くなるので、お得です。

習い事をしていて、子どもだけで外出する機会が多い、という家庭では、子どもに携帯電話を持たせることが多くなっています。

このような家庭では、学生割引を使った方が効率的です。

スポンサーリンク

携帯代を安くする方法は料金体系を比較し最新機種は買わないこと

 

料金体系の比較

そして何よりも、主要携帯電話会社の料金体系を、比較してみることが一番です。

各携帯電話会社のホームページでは、どんな料金プランがあるのか掲載されています。

自身や家族に合うプランを選択し、各携帯電話会社の料金体系を比較することで、より良いものを見つけることができるはずです。

最新機種は高い

iphone-476237_960_720

また、最新機種は、どうしても本体代が高く設定されてしまっています。

少しでも費用を、安く抑えたいのであれば、一つ前の機種を購入するといいかもしれません。

一つ前でもそれほど品質が落ちるというわけではなく、それでいて本体代が安くなっていることがあります。

この方がお得です。

 

携帯はスマートフォン、ガラケーの2台で使い分ける

 

それから、各人の生活環境を考えてみることも大事です。

出先や仕事で、インターネットを使うことが多い、という人は、スマートフォンがお勧めです。

プライベートでは家族としか、メールや通話をしないという場合には、家族用としていわゆるガラケーの所有をお勧めします。

つまり、スマートフォンとガラケーの二台持ちということになります。

実際に、二台持ちの人が多くなっており、この方が費用を安く抑えられるという人も少なくありません。

また、場合によっては、会社でスマートフォンを支給されることもあります。

会社用をスマートフォン、家庭用をガラケーというように、使い分けをすることが、携帯代を安くする方法となることもあります。

このように、自身が置かれている環境からより良いものを、選択することがポイントです。

最後に

どれが一番安いのか分からないのであれば、キャリアショップで、相談してみるというのもお勧めです。

携帯代を安くする方法を、提案してくれるお店もあります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 節約・生活