おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

就活中の髪型!メンズは前髪・襟足・サイドを短く切ることが基本

      2016/10/10

 

就活は、人間の一生を左右するほど大切なアクションです。

男性が意中の職場で採用を得たい場合、まずはメンズの髪型に注目してみましょう。

面接と言う短い時間の中で、企業に注目してもらうためにも、ヘアースタイルは大切な要素なのです。

スポンサーリンク

就活中のメンズの髪型の基本

 

まず、面接時のメンズの髪型で気を付けたいのが、好ましくないヘアースタイルの選択です。

特に注目したいのが前髪であり、目にかかるほど前髪が長い男性は、面接官に「暗い」と言う印象を与えるだけでなく「不潔」だと思われてしまいます。

前髪

面接前には、前髪は切るか、上げるようにしましょう。

特に、飲食や接客関係の仕事に就職する場合、清潔な印象を与える人材が好まれますので、できるだけ切りたいところです。

逆に、あまりにも前髪を上げてしまった場合も、勤め人として相応しくありませんので注意が必要です。

BON_tokeiwomiru20150207155800_TP_V

例えばオールバックで就活した場合、とても一般的なサラリーマンに見えませんので採用が得られないでしょう。

襟足

たまに襟足だけが異常に長い、ウルフカットと言われる髪型を目にしますが、オシャレとしては良いのかもしれませんが、これが面接の場面となると話は別です。

ウルフと呼ばれるだけあって、襟足だけ異常に長いヘアースタイルは、面接官にもインパクトを与えることができます。

ただし、前髪とサイドは短めなのに、襟足だけ異常に長い場合は、見た目のバランスもあまり良いとは言えません。

ここは就活の場面と割り切り、襟足も全体のバランスを考慮し短めにするのが基本です。

サイド

サイドは耳にかかるか、かからないくらいの自然な感じになるくらいの、長さがおすすめです。

逆に長かったり、極端に短い場合(刈り上げ)もダメです。

面接官に良い印象を、与えることは出来ません。

良い印象を与えるには、やはり自然な感じであり、尚且つバランスが大事になります。

床屋や美容院で髪を切る日はいつがいい

また、床屋や美容院で髪を切る日も、ある程度計画を立てて切ることが大事です。

面接の前日に髪を切ってしまうと、もし失敗した場合に取り返しのつかないことになります。

そして、上手くいったとしても、少し不自然な感じになってしまうことが多いからです。

故に、面接時の大体一週間前には髪を切って準備することが必要です。

スポンサーリンク

就活中は髪型だけではなく「スメルハラスメント」にも注意する

 

ワックスを多用したメンズの髪型も、新入社員として浮いてしまうので注意が必要です。

特に匂いのあるワックスは、人にスメルハラスメントと思われてしまうケースがありますので注意しましょう。

メンズの髪型の注意点

就活中といえども、オシャレに興味がある男性であれば、できるだけ凝ったメンズの髪型にしたいと考える事もあるでしょう。

そのような場合、パーマをあてたり、髪を染めたり、毛先を遊ばせたいものですが、あまりに凝りすぎたヘアースタイルは「社会性がない」とみなされてしまいます。

ファッション関係の職場ならまだしも、他の会社への就職を望む場合は「パーマはあてず、髪の色は黒、毛先も遊ばせない」ことです。

自分のセンスは、横に置いておくようにしましょう。

周りの人にアドバイスを求めることも必要

人は何かに夢中になっていたりすると、視野が狭まり、全体的に物事を見ることができなくなります。

ことわざに、こう言った言葉があります。

「人の事は目に見ゆるわが身の事は人に問え」

これは、他の人の事は見て理解できるけど、自分のことは理解できないことが多いので、自分のことは他の人に聞きなさいと言うものです。

確かに、就活中はなるべく早く就職先を決めて「後はのんびりしておきたい」という気持ちが強いのは紛れもない事実です。

就職することに無我夢中で、髪型や服装と言った外見についても「無頓着」になっているのかもしれません。

ですので、周りにいる人に指導を仰ぐことも必要なのです。

 

就活が上手くいく人は職場に相応しい髪型を察知できる人

N745_yousuwomirusarari-man-thumb-autox1000-14743

会社に就職する場合、企業の利益を追求する人材が求められます。

その職場に勤務する社員として、相応しい髪型を察知できる人が採用されるのです。

自分が作りたい髪型は、プライベートな日にいくらでも試せるのです。

就活中の男性にとって、最も無難なヘアースタイルは「すっきりとしたショートカット」です。

前髪も、目にかからないほど切っておけば間違いがありません。

企業のカラーを重視する

一方就職を希望する企業によっては、自由な髪型が許される事もあるでしょう。

特に、人間のヘアースタイルに関わる職業に就きたい場合、逆に個性的な髪型の人が採用される事もあります。

就活中の男性にとって、自分が採用してほしい企業のカラーを見抜く努力は欠かせません。

もしも個性を大事にする職場の面接に、無難なヘアースタイルで赴いた場合、印象が薄くなってしまう可能性もあるのです。

ただし、不潔な髪型は多様な人に、良い第一印象を与えませんので注意しましょう。

乱雑に髪が散っているような、メンズのヘアースタイルは危険です。

第一印象

面接の場面では、特にこの第一印象は大事です。

社会心理学者らのリサーチによると、

この最初の印象が、後に面接官らによって受ける質問などの答弁に意味付けされてしまい、最悪の場合、言動の全てが「否定される」と言われています。

初対面の相手の見た目が残念だった場合、面接などの短時間の間にこの信用を回復させるのは困難であり、いくら頑張っても第一印象を良好なものに修正することは出来ないのです。

故に就活中は、ヘアースタイルなどの外見にも気をつけ、TPOに応じた服装を心掛けることが大切です。

関連記事

転職活動がうまくいかないあなたへ!これだけやって仕事が決まらないのなら、それは時代のせいです。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

就職に「失敗した、失敗した、失敗した!」と後悔したら、客観的にOOを診断してもらおう

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職