おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

転職活動期間の平均は!働きながら転職活動かそれとも退職してから始めるか

      2016/12/05

 

転職活動期間の平均はいったいどのくらいなのでしょうか。

今現在、転職活動をしている人にとってはとても気になることではないでしょうか。

働きながら転職活動か、それとも退職してから始めるかについても悩みどころです。

転職活動は、年齢、求めている業種や職種、退職してから行うのか仕事をしながら行うのかなど様々な条件によってその期間もだいぶ異なります。

ここでは、そんな疑問や質問にお答えしたいと思います。

スポンサーリンク

転職活動期間の平均について

 

転職活動機関の平均はだいたい平均的な期間は3ヶ月程度とされていますが、実際にはなかなかうまくいかないケースもあります。

20代

20代のうちは社会人になりたての人が多く、学生時代の就職活動の感覚がまだ強く残っているため、どんどん勢いで進めることができます。

30代

Green19_taisyoku20141123133801-thumb-815xauto-17853

30代になると、結婚や家族や生活などいろいろなものを抱えるようになり、失敗できないというプレッシャーが強くなるため、なかなか勢いだけで進めるのは難しくなり、つい慎重になってしまいます。

40代や50代

40代や50代になると、就職における様々な制限が出てきてしまうのでさらに難易度が上がります。

自分の求めている職種や業種にあまりこだわりすぎずに、選択肢に幅を持たせるのも大切なことです。

希望の職種や業種をあきらめたり妥協するのではなく、より柔軟な考えで行うということです。

そうすることにより、より多くのチャンスにつながりやすくなります。

さらに、転職活動はスタートのさせ方によっても大きく異なります。

 

働きながら転職活動かそれとも退職してから始めるか

 

退職してからスタートさせるのか、仕事をしながらスタートさせるのかそれぞれにメリットとデメリットがあります。

ここでは、そのメリット・デメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

就職活動を退職してから始める場合

退職してから行う場合は、時間が自由に使えるため、転職活動に集中できるというメリットがあります。

キャリアアップのための勉強や企業の情報収集などに使える時間がたっぷり作れるということです。

企業側から早期の就職を求められてもすぐに対応することもできます。

しかし、収入がなくなるため生活面の心配や、離職の状態が長くなるのではないかという不安や焦りなどによる精神的なダメージが懸念されるというデメリットがあります。

転職活動を働きながら行う場合

仕事をしながら転職活動を行う場合は、収入がありますので気持ち的に余裕を持つことができますし、自分の仕事を抱えながら行うので時間も自ずと有効に使うことができて効率的に進めることができるというメリットがあります。

しかし、自分の業務が忙しかったり面接の日にどうしても休むことができないなど時間が思うように使えずに結果的に長期に渡ってしまうということが懸念されるというデメリットがあります。

まとめ

GREEN_KO20140125-thumb-815xauto-16624

転職活動期間の平均は3ヶ月程度とされています。

20代は、勢いで何とかなるものですが、30代は、家族、生活などのプレッシャーが多く20代の時のように勢いだけでは難しくなります。

40代、50代は難易度が上がります。

その為、職種や業種にこだわりすぎずに選択肢に幅を持たせることが大事になってきます。

働きながら転職活動かそれとも退職してから始めるかどちらもそれぞれメリット、デメリットがあり自分に合った方を選んで転職活動に励んでください。

 

最後に

 

転職は、自分の生活の状況や現在就いている会社を退職するタイミングなど、様々な条件によってその期間が違ってくるのもです。

平均的な期間は3ヶ月程度とされていますが、長い人もいれば短い人もいるので焦らずに妥協せずに効率的に行いたいものです。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職