おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ドリームジャンボ宝くじの確率!宝くじ関係で一番当たりやすいのは?

      2016/10/10

 

日本で一番人気がある賭博というのはやはり宝くじです。

その中でも最近はtotoやロト6、スクラッチなど種類が豊富になってきましたが、その中でも一番王道で、何かと話題になるのはドリームジャンボ宝くじではないでしょうか。

スポンサーリンク

 ドリームジャンボ宝くじの確率

 

ドリームジャンボは年に何回かに分けて販売されますが、ドリームジャンボに置いては、1000万を一ユニットとして販売して、その中で一枚だけ一等のくじが存在するという確率になっています。

その為どのジャンボ宝くじも、一等の確率は変わらず、販売枚数からある程度辺りくじ枚数などを導き出せますが、

N695_ichimanensatu-thumb-815xauto-14263

*基本は1000万分の1の確率です。

では他のくじに比べるとどうなのかという部分ですが、理論値上もっとも当たりにくいのは、ジャンボくじとなっています。

 

サッカーくじの確率

 

サッカーくじの確立と比べるとランダムに選ぶtotobigは478万2969分の1であり、ロト6は609万6454分の1が理論値として出されていますし、totoは160万程度と言われています。

そう言う視点においては、ジャンボくじというのは当たりにくいくじという事になるのですが、ここで重要になるのはこれらのサッカーくじはキャリーオーバーという概念があるという事です。

サッカーくじは外れやすい

サッカーくじは基本的にサッカーの勝敗を機械、もしくは自分で当てるゲームですから、いくらでも「全員の予想が外れる」という事態が起こります。

その際は賞金のキャリーオーバーが行われるのですが、その分一等当選の可能性というのは減るわけです。

一方でジャンボくじは1000万分の1とは言え、毎回確実に誰かに一本は当たる可能性があり、その分実際の確率はこちらの方が高くなることがあります。

こういった事情があるため単純にこの二つを比べる事は出来ません。

スポンサーリンク

宝くじ売り場で売られている他のくじと比べてみる

 

では、くじ売り場で売られている他のくじと比べてみるとどうなのか、という事になるのですが、これは様々な比べかたが有ります。

控除率で比べる

例えば、税金や運営側の取り分としての控除率で比べると、ジャンボくじが一番低めの50%前後で運営されており、その分利用者への返金も多いと考える事が出来ます。

当選の可能性

それでは当選の可能性で考えるとどうなのか、と言うとそのくじの特性によるとしか言えないのですが、どんなくじでも概ね55%から50%程度は会社や国の取り分としてあらかじめ差し引かれているので、当選の可能性というのはあたりくじがどれだけ低額かという所に関係し、そういう意味では少額のあたりくじを大量に出すスクラッチが一番当たりやすいと言えます。

 

まとめ

freee151108309478-thumb-815xauto-19975

ドリームジャンボ宝くじの確率は1000万分の1の確率です。

複数買う場合は、また確率が変わってきますので、当たる確率が低いとはいえ絶対に当たらないことはありません。

飛行機事故の確率

また、1年間に飛行機事故で死亡する確率が1100万分の1と言われていてそう考えると、もしかしたらと思ってしまいます。

飛行機事故の確率の方も、乗る回数は個人で違うので、非常に確率が高い方もいれば、全く乗らない人もいるので、確率は個人で変わってきます。

最後に

宝くじ関係で一番当たりやすいのはスクラッチが一番当たりやすいと言えます。

このようにそれぞれのくじに特徴が存在するので、購入の際には調べてみる事をお勧めします。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - お金