おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

エアコンの選び方や買い方!おすすめのメーカーはどこなのか

      2016/11/03

 

手軽さから家電の通販サイトが注目されており、中でも、1年通して利用したいのがエアコンで、各家電メーカーが機能性能やデザイン性能の高い製品をラインナップしており、おすすめ製品が多数提案されていることもあり、エアコンの選び方に難色を示す方が多いのも実情として挙げられています。

スポンサーリンク

エアコンの選び方、おすすめのメーカーはどこなのか

 

冷房・暖房・除湿機能が備わっているだけではなく、近年では加湿をはじめ、お部屋の空気をキレイにする空気清浄の機能が搭載された製品も増えています。

現在、古い製品を利用している場合、コストパフォーマンスを考慮しても、しっかり元が取れる点で省エネ対応製品がおすすめされています。

各家電メーカーで年間消費電力量も20%以上を実現できるなど、高額な買い物でありながらも経済的に導入できる価値が挙げられています。

容量で選ぶ

setsuden_airconditioner

エアコンの選び方として一番にチェックしたいのが、最適な容量を見極めることにあり、主に6畳用から展開されていますが、冷房は6畳から9畳・暖房は5畳から6畳程度の機能に留まる点にポイントがあり、対応できる範囲は冷暖房によって変化するため、お部屋の広さよりも一回り大きい容量を選択することも重要です。

機能で選ぶ

さらにエアコンの選び方としては、必要な機能で選ぶことにポイントを持ってくることにより、効率良く利用が可能になります。

 

除湿や空気清浄の機能

例えば、環境の変化でおすすめなのが、除湿や空気清浄の機能が備わっているタイプで、雨や雪などが多い多湿地方では浮遊ウイルスやカビ菌に作用する、空気浄化システムを持つメーカー品が適しています。

脱臭機能

また、ペットや喫煙者がいる家庭においても脱臭機能によって臭い成分を分解・除去してくれるため、お部屋の空気をキレイに保つことが可能です。

手入れ方法で選ぶ

さらにエアコンの選び方としては、手入れ方法にメーカー別で違いが生じており、機能性だけに目を向けずに、利用するその後にまで着目することも性能を長期間維持させるために必要な内容です。

例えば、目詰まりしやすいエアコンでは、フィルター自動掃除機能が付帯している製品選びがポイントで、5年に1度、ダストボックスに溜まったホコリを捨てるだけの手間を省ける製品も展開されていますし、ブラシとブレードでフィルターの両面を掃除してくれるため、お手入れの手間を極力省きたい家庭におすすめの機能です。

さらにメーカーによって自動運転機能にも様々あり、室内と屋外温度に応じたり、人の動きや物の位置などのセンサー機能を搭載しているなど、設置したい場所をはじめ、ライフスタイルなどを考慮して選ぶことが賢い買い物のポイントとなります。

スポンサーリンク

エアコンの買い方

 

エアコンを買うときは、どこで買えば良いのかと迷ってしまうことが多いです。

個人の電気屋、家電量販店、ネットなど、買おうと思えばどこでも買えますが、その際のポイントとしてはまず長期保証などの特典が付いているのか、と言うことです。

また、保証が付いていても店舗によっては、「購入後の対応が悪い」と問題になっているケースもあり、購入後のアフターケアがしっかりしているお店を選ぶことも重要です。

料金システムについて

量販店やネット

量販店やネットなどで購入の際は、工事費も別途必要になります。

また、量販店やネットなどは、販売業者と取付け業者が分かれてることもあります。

そのため、現場にて取付け代とその他の材料費を支払わなければなりません。

エアコンなどを運ぶ際は、運送会社の人達が運ぶのですがコスト削減のため、運送会社のスタッフが取付けまでを行う場合もあります。

そして、運送会社のスタッフであっても当然、電気工事士の資格は有していると思いたいです。

 

個人の電気屋

個人の電気屋であれば、自宅に一度訪問しエアコンから取付け、専用コンセント、配管カバー、その他の費用をまとめて見積りしてくれます。

また、購入後に何かトラブルがあれば、電話さえすれば直ぐに来てくれますし、エアコンの取付けに関しましても電気のプロであることから安心して任せられます。

田舎であれば、地元の電気屋で購入した方が後々便利なことが多いです。

お金の支払い方法

GREEN_kureka_TP_V

お金の支払いに関してですが、中にはクレジットカードで支払う人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、こういった商品を購入する際はいくらカードが便利だ、とはいっても借金をし利息を支払わないといけないと考えれば、自ずと現金購入を選んだ方が得ということがわかります。

では、このクレジットカードで商品を購入するのはいけないことなのか、と言えばそうではありません。

状況によっては、クレジットカードを使った方がいい場合もあります。

そして、このクレジットカードの特典を最も受けることが出来るのは、公共料金を支払うときです。

電気、ガス、水道、電話、新聞、インターネット代、これらを全てカード払いに変えれば、それだけポイントが付くことになります。

故に、公共料金などを払う際はカードを利用することで、節約する事も出来とても便利になっています。

要は使い方の問題なのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 電気