おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

美容師の辞めたい理由に対応します。

      2016/12/06

 

美容師として働くためには、国家資格であるライセンスの取得が必要不可欠で、その後、一般的にはサロンなどで見習いやアシスタントからの活躍となります。

しかしながら、華やかな職種にもデメリットと呼ばれる部分もあり、アシスタント時代は待遇面で厳しさがあり、一般的な初任給はおよそ10万円台であることも重なり、この見習いの時期に辞めたいと考え離職を視野に入れる方は増えています。

この時期の辞めたいニーズに配慮し、近年では待遇面でサポート体制も整えられており、昇格することによって給与面でも優遇されます。

スポンサーリンク

美容師の仕事内容

 

美容師としてサロンでの仕事内容には、カットやカラーリング、パーマやヘアアレンジなどまでが任され、来店するお客様の要望や希望を叶えることが仕事の内容です。

美容師として駆け出しの場合、辞めたい理由には技術面も大きな問題として取り上げられていますが、研修や勉強会、さらにはサロン独自のイベント開催などによって技術力向上を図れるサポートが提案されはじめています。

また、技術面だけではなく、お客様を相手にするため、接客スキルやコミュニケーション能力までも必要となります。

特に、指名による担当制を導入するサロンにおいては、こうしたスキル不足によって離職を考える美容師も意外と多く、接客などのもてなしなどを指導することにも努めています。

 

美容師の辞めたい理由

 

接客が辛い、コミュニケーションが苦手なので辞めたい

150403376144_TP_V

「毎日笑顔は嫌だ、愛想笑いが辛い」と言うように、お客様とのコミュニケーションを苦手だと感じていて、仕事を辞めたいと思ってしまう美容師の方も多いです。

ただ、客商売はお客様に明るい印象を与えた方が良いのは常識です。

美容師の方の中には、「暗い性格は元々で今さら変える気もない」と言って、お客様に嫌われるような態度で接客を行う方もいます。

確かに、愛想笑いはすぐに相手にばれます。

しかし、ここで大事なのは一生懸命に仕事に取り組もうとする姿なのです。

お客様もこういった姿を見れば、悪い気はしません。

そして、一生懸命に仕事に取り組んでいると、次第にお客様の考えや気持ちまでもわかるようになってきます。

同時にお客様目線で物事を考えることが、出来るようになり、ここで本当の微笑みが出て来ます。

故に、自然にこういった微笑みができるまでは、仕事を続けてみるのも良いのではないでしょうか。

ただ、本当に辛いのなら辞めるべきです。

そして、本当にしたいと思う仕事を見つけることが大事です。

まず、最初のステップとして自分を知ることから始めましょう。

 

何がしたいかわからない時は仕事を転職するべきなのか

 

結婚や出産が理由で辞めたい

女性の場合、ライフプランによって離職するケースも少なくはなく、例えば、結婚や出産を機に両立が図れずに辞める女性が多く見られます。

この問題に関しても、美容業界全体で新たな取り組みがスタートし、最近では子育てしながら短時間だけ働くことができる内容や、託児所を併設しているサロンなどが増えるなど、女性が働きやすい環境が整えられているため、離職率をくい止める結果に繋げられています。

また、国家資格でもあるライセンス保持であることにより、一度美容師の道を諦めた場合でも、みたび美容業界で活躍することは可能で、年齢を重ねても続けていける職種でもあります。

スポンサーリンク

仕事に飽きたから辞めたい

いつの時代においても必要とされ、サロンを辞めたい理由に仕事への飽きを挙げる場合、他の美容業界への転職もテクニックの1つです。

例えば、美容メーカーで企画や開発に携わったり、美容コンサルタントとしての活躍、その他、ネイリストやアイリストなどの道に転職することで、新しい職の楽しさを見つけることも可能で、選択肢の広さは現代のニーズによる内容と言えます。

その他にも、今までの経験を活かしてファッション関係の仕事に就く方もいます。

アパレル業界への転職や、今まで仕事で関わってきた和服などの道を極めて、プロの着付師として活躍している方もいます。

 

色彩感覚という才能

元々美容師の方は色彩感覚に優れた方が多いと思われます。

近年のブライダル業界では、ウエディングに自分らしさを出したい方が増えています。

それに伴い、色彩感覚に優れた人材を企業は欲しています。

故に、ブライダル業界への転職もおすすめになります。

また、色彩感覚に優れているということで、フラワー系やデザイン業界、建築(インテリア)業界でもその才能を活かすことが出来ます。

出会いがないから辞めたい

一般的に、美容師は毎日お客さんと顔を合わせているので、たくさんの出会いがありそうですが、実際はいい人がいても既婚者などという場合が多く、女性にとってのいい出会いの場にはならないそうです。

学校の同級生達が20代後半で結婚しているのに、「私はまだ」などといった焦りもあり、そんな中プライベートな時間も余りないと言ったことで美容師を辞めたくなる女性はとても多いです。

たとえ今仕事を辞めたからといって、美容師として働けないということではない事を理解しましょう。

結婚後に、もう一度美容師として働くことも出来ます。

また、結婚後に独立開業という方法もあります。

故に、心機一転、転職して新しい出会いに期待するのもいい方法です。

独立して開業したいから辞めたい

OOKA78_kinkyutaiou20141123111027_TP_V

「美容室を経営したい」と思い、辛いアシスタント時代を乗り越え、全ての業務をそつなくこなせるようになっていれば、もう仕事は辞めてもいいでしょう。

ただ、辞める場合は開業資金の目途がある程度ついてからの方がいいでしょう。

そして、経営については、美容室、理容店の場合には、一度来たお客様を逃がさない為のリピーター戦略が大事になります。

 

6ヵ月なだれの法則

現代では美容室、理容店に限らず次々と新しい店舗ができ、そんな中閉店へと追い込まれる店舗も少なくありません。

では、ここで成功する店舗と失敗する店舗の違いはどこにあるのでしょうか。

これは、カフェなどを開業した際によく言われることなのですが、「6ヵ月なだれの法則」というものがあります。

6ヵ月なだれの法則とは、

必ず6ヵ月前後でお客様が目に見えて増えてくる

と言うものです。

カフェなどの飲食店の場合、通常は開業となる一ヶ月目は「見物客」がやってきて、お店は商売繁盛します。

ですが、二ヶ月目以降はお客が来なくなり、どこの店舗であっても売り上げは落ちるとされています。(見物客が減る為)

そして、六ヶ月目はお客が多くなる店と、お客が来ない店に分かれてしまいます。

その結果当然ながら、前者は成功する店舗となります。

では後者のお客が来ない店舗は、どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。

それは、例えば、他のお店との差別化を図ったりなどの工夫、特徴がなかった為に女性による口コミの効果が得られなかった為です。

また、この口コミは将来多くのリピーターを作ってくれる為、成功の法則なのです。

故に、美容室、理容店でもこういったリピーター戦略を取り入れることでより集客力をアップさせることが出来ます。

そして、このような経営戦略を立てることで、「経営者になるんだ!」と言った強い気持ちを持つことができ、そういった心構えをしっかりと持つことが大切なポイントです。

関連記事

なぜハローワークで転職した自分よりも、勉強ができなかった同級生の方が収入が多いのか。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事