おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

バドミントンのフットワークの練習方法【コツと鍛え方】

      2016/10/09

 

バドミントンは初心者でも気軽に行うことができるスポーツとなっていますが、上級者になればなるほどフットワークが大切と実感するようになります。

この動きをしっかりと身につけることで、シャトルが落下する位置に素早く移動することができるので、試合の際に有利となります。

スポンサーリンク

バドミントンのフットワークの基本

 

バドミントンのフットワークの動きには、基本となる動きがあります。

まずは、自分を中心に前後斜めの4方向です。

そして、左右の2方向となります。

2016y01m10d_172804040

ホームポジションからフロントコートへの動き方

フォア前

フォア前に動くときはシャッセ(すり足)を使い、右前に動くときは継ぎ足などの方法も使います。

そしてフィニッシュは、大きく踏み込むと同時にバランスも維持します。

・シャッセは剣道などのすり足ではなく、フェンシングなどの動きであり、これにより一瞬の間に距離を縮めることが可能になっています。

 

バック前

バック前に動くときは、シャッセは使いません。

ここで意識するのは、最初に踏み込む左足です。

バック前ではこの足を注意してさえいれば、後の2歩目は大丈夫です。

 

ホームポジションからリアコートへの動き方

フォア奥

フォア奥の動きで重要なのは、下がったときの右足です。

右後方に下がることにより、右足に体重がかかります。

それを上手く安定させることで、インパクトが安定してきます。

また、このとき一秒でも早く元のポジションに戻るコツとしては、打ち終える間に足の入れ替えを終わらせることです。

 

バック奥(ラウンド)

バック奥をラウンドで対処する方法は、右足で一歩目を踏み出し下がるのですが、このとき一緒に右肩も引くのがポイントです。

次に、打つ動作に入るときは右足で上体のバランスを保ちながら打ちます。

また、打ち終わるのと同時に足を入れ替え、着地時には右足の場所には左足が来るようにしておきます。

 

リアコートからフロントコートへの動き方

フォア前

フォア前ここでは、「くの字」に動きます。

右サイドから中央、そしてまた右サイドへの動きですが、このときはシャッセを使いフォア前に軌道修正します。

そして、フィニッシュは右足を大きく踏み出して打ち返します。

 

バック前

バック前はフォア前とは違いシャッセは使いません。

バック前は、左サイドのリアコートから一気に駆け上がります。

そして、フィニッシュは右足を大きく踏み込んで行きます。

 

バドミントンのフットワークの鍛え方について

badminton-308952_960_720

またこのフットワークの動きをしっかりと身につけることで、同時にスタミナも身につけることができるので、持久戦の際に有利になります。

バドミントンではこのようにフットワークが重要と言うことがわかりますが、実際にその鍛え方はどのようにすればいいのかわからないという人がたくさんいます。

そこで大切なことは、体重をあまり増やしすぎないと言うことと、足の瞬発力を鍛えることが大切になります。

このほかに体幹のバランスをよくするということも大切です。

これらの要素が鍛え方の際のポイントとなります。

フットワークを鍛えるには体重を増やさず、足の瞬発力を鍛える

バドミントンでは、体重が重ければそれだけ移動の際にかかる力が大きくなってしまいます。

したがってここでは、体重は必要な筋肉を残す程度にし、軽くすることを心がけます。

しかし、このような中でもできるだけ早く動くためには、足の瞬発力が必要となってきます。

これはフットワークを鍛えるときには重要となります。

最終的に打球への反応速度を速くすることにもつながります。

しかし、このように移動を早くすることができても、そこでバランスを崩してしまうと次につなげることができません。

したがって、バランスを崩さないような体幹のトレーニング(力)も大切です。

このような要素をバランス良く満たすような鍛え方をすることが大切です。

スポンサーリンク

練習方法

練習の際には構えや足の運びをしっかりと確認します。

ここで大切なことは自分のセンターの位置を決めることです。

自分のプレイスタイルで自分のセンター位置を決めて練習を行います。

またスムーズな動きの習得を目指すようにします。

前後左右や斜めに動く練習をし、これらの動きが一連の流れのようになめらかに動くように意識をします。

最初は体だけの動きで練習を行いますが、慣れてくれば実際にラケットを持った動作を取り入れるようにします。

フットワークがスムーズになれば、次はいかに早く動くことができるかを意識することが大切です。

そのために反復横跳びを行ったり、縄跳びを行うようにします。

反復横跳びは20秒で60回以上を目指します。

縄跳びは持久力を強化することもできますが、フットワーク強化のために行うので前回しでスピードをあげて100回から300回程度繰り返し飛ぶようにします。

 

バドミントンのフットワークのコツについて

E146_shinkyakusurudansei-thumb-autox1000-15235

バドミントンではシャトルの落下位置に素早く移動をしてしっかりと反応することが大切です。

したがって足の動きが非常に大切となります。

試合で有利に進めるためには足の動きをしっかりと鍛えることが必要になりますが、そのためにはフットワークの強化が重要です。

バドミントンではフットワークが重視されていますが、毎日の練習の中でどのように練習をすればいいのかというコツをつかむことが一つのポイントです。

縄跳び

そこで、身近にあるものでフットワークを鍛えるコツとして注目されているのが縄跳びです。

「縄跳びで鍛えることができるのか」と疑問に感じている人もいますが、特別な道具を用意しなければいけないと言うこともなく、自宅でもできるおすすめの練習方法となっています。

縄跳びではバドミントンの必要な脚力や体力、集中力を鍛えることができます。

練習と聞くとラケットやシャトルを使うという方法を頭に思い浮かべる人もいますが、このような基礎練習は1人でも行うことができます。

毎日積み重ねて行うことによって、スムーズにプレーをすることができます。

このほかに縄跳びを行うことで手首も同時に動かしますので、手首の力をつけることもできます。

また縄跳びを跳ぶときに軽やかに動作を行うことで、試合中にも足をべったりと付けない軽やかな動きをすることができます。

 

縄跳びを使った練習方法

そこで具体的な縄跳びを使った練習方法のコツとしては、具体的に連続で20回飛べるようにします。

1分間跳び続けたりというように自分にあった練習メニューを行うことが大切です。

体力重視のメニュー

体力重視のメニューを希望する人がいますが、この場合には前跳びを3分間続けるようにします。

ここでの課題は一度も引っかからないようにすることです。

例えば、、何回も何回も縄に引っかかっていたとすると、これで体力がつくと思いますか。

少しはつくかもしれませんが大抵の場合は、余り効果が期待できません。

当然のことですが、これではやる意味がありません。

効果を出したいのなら3分間続けることが大事です。

その他の方法

また、このほかにフットワークを鍛えるためのメニューとしては、

ダッシュやバックラン、サイドステップやツーステップがあります。

これらの練習を行うときには、必ず体育館やグラウンドなど縦の長さが広い場所で行うようにします。

長い距離でトレーニングを行うことによって、体力の向上などの効果が期待できます。

またこのほかにどこを鍛えたいのか、と言うことを理解しながら行うというのもコツとなります。

バドミントンのコートを使って行うトレーニングとしては、コートの横幅を使います。

 

シャトル置き

両サイドのラインにシャトルを置いて、低姿勢でシャトルを拾う、という動作を往復で30回程度行うようにします。

コートに置いたシャトルを反対側まで運ぶ、置くをひたすらに続けるトレーニングになります。

このときのコツとしては、必ずホームポジションで正面を向くということです。

これにより、常に相手を意識したトレーニングが可能になります。

関連記事

バドミントンのスマッシュの打ち方とコツ

バドミントンのサーブの打ち方とコツについて

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 趣味・特技