おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

髪の毛を早く伸ばす方法!一週間で効果はあるのか

      2016/10/01

 

髪の毛が自然に伸びるにはそれなりの時間がかかりますが、間違って切りすぎてしまったりしたときは、早く伸ばしたくなるものです。

そういった場合には、髪の毛を早く伸ばす方法を実行してみましょう。

そういった方法は、ちゃんと継続して実行すれば、一週間もすれば効果が見られることもあります。

スポンサーリンク

髪の毛を早く伸ばす方法

 

まず髪の毛を早く伸ばすには、基本的に髪の毛に対して良い効果を与えるようにすることです。

そういったことは決して難しいことではなく、日常的に実行できることがほとんどです。

食生活の改善

たとえば食生活の改善も効果的で、バランスの良い食事を実行するようにしましょう。

積極的に摂取したい栄養素としては、たんぱく質や亜鉛、大豆イソフラボンなどです。

demonstration-425278_960_720

とくに亜鉛は効果が期待できるため、一日に7ミリグラムから9ミリグラムぐらい摂取することが理想的です。

そんな亜鉛が多く含まれている食材としては、牡蠣や豚肉レバー、牛肉やたまごなどです。

この他にも亜鉛を含む食材は多くあります。

例えば、うなぎ、チーズ、納豆、ゴマ、緑茶や抹茶、アーモンド、などに亜鉛は含まれています。

中でも牡蠣は豊富ですが、食材での摂取が難しい場合には、ちょっとしたコツとしてサプリメントなどを利用しても良いでしょう。

頭皮のケア

それから髪の毛は頭皮から生えていますので、頭皮の状態も大切です。

そのために頭皮マッサージを実行して頭皮の健康と柔らかさを保ち、血行を良くして栄養が行きわたるようにしてあげましょう。

ちなみに頭皮マッサージは薄毛対策にも良さそうですし、育毛剤などを使ってマッサージすると頭皮に良い働きをしてくれるので、より高い効果が期待できます。

頭皮マッサージ

男性、女性に関わらず薄毛というものは悩みの種であり、コンプレックスにもなります。

私も将来を気にして、毎日欠かさず頭皮のマッサージを行います。

私の頭皮マッサージの簡単なやり方はこうです。

まず、濡らした頭皮の生え際に両指を当て、そのまま前後に動かします。

生え際が済んだら徐々にてっぺんに向かって少しずつ動かしていきます。

頭皮全体を柔らかくするイメージで硬い部分は入念に行います。

後は髪を洗って終了です。

髪は濡らした状態の方がやりやすいので、私はお風呂に入った際に行います。

やり方は人によって様々あると思いますが、私自身はこの方法を毎日行っています。

スポンサーリンク

ストレスと睡眠

また髪の毛を早く伸ばすには、ストレスをためないようにすることも必要で、十分な睡眠を確保することも忘れないことです。

ストレスや睡眠不足は髪の毛に悪い影響を与えるだけでなく、他の病気の原因になることもあります。

まとめ

このように髪の毛を早く伸ばす方法としては、健康的で規則正しい生活を送ることが一番の近道と言えます。

このようなことをしっかり実行していると、早ければ一週間ぐらいで効果が出ることもありますし、髪の毛以外にも体調が優れるなどといったプラス効果が得られる可能性もあります。

もちろん個人差もありますので、必ずしも一週間で効果が実感できるわけではありませんが、一か月もすれば大抵は効果が実感できるはずです。

髪の毛は鼻毛より伸びるのが圧倒的に早い

old-man-915219_960_720

髪の毛ではありませんが、鼻毛も同様に伸びますのでその際は「鼻毛カッター」を使用することをおすすめします。

最近では「鼻毛ワックス」なるものまで登場しています。

鼻毛や髪の毛に関わらず、もちろん体毛の伸び具合には個人差がありますが、鼻毛で言うと2m、髪の毛では950kmまで、平均年齢を生きた場合は伸びるとされています。

こう考えると、髪の毛が伸びる速さは圧倒的に早いことがわかります。

故に髪が伸びないと心配する必要はないのです。

これが逆に髪が伸びない原因でもあるからです。

 

髪の毛を早く伸ばすために控えたいこと

 

また実行すれば良い方法だけでなく、髪の毛を早く伸ばす方法には、控えた方が良いという方法もあります。

ドライヤー

それはドライヤーなどで髪の毛を熱しすぎないようにすることです。

ヘアーが決まらないからといった理由で長時間、ドライヤーを当ててはいけません。

ドライヤーの熱風は髪を乾かすのにはとても便利ですが、発育を妨げてしまう効果もあります。

そのために温風よりは冷風で乾かすようにしましょう。

シャンプー

シャンプーは適当に選ぶのではなく、自分に合ったものを使用することも必要です。

関連コンテンツ

 - 髪型