おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

子育てのストレス解消方法

      2016/08/23

 

子供はとても大切だし可愛いものですが、一日中毎日子供と接していると、気を抜けなくて疲れてしまいます。

そういったものが積み重なっていくと、酷い場合は育児ノイローゼやうつ病になってしまったり、虐待に走ってしまったりする可能性もあります。

そうならないためにも、子育てで溜めこんだストレスを発散させるようにしましょう。

スポンサーリンク

子育てのストレスの原因

 

まず子育によるストレスは、その原因を理解することが大切です。

おもな原因としては、誰も辛さを理解してくれないといった孤独感や、どんなに辛くてもそれをぶつけるところがないといったストレス発散の場の欠如などがあります。

時間喪失・自信喪失

他にも自分の時間がなくなる時間喪失や子育てへの責任、育児への不安による自信喪失なども原因となります。

金銭的喪失・心身疲労

girl-1064658_960_720

子育てにお金がかかるために自分の好きなものを買うことが出来ない金銭的喪失や、子供の夜泣きや授乳などで十分な睡眠が得られず、好きな時に眠れない心身疲労などもあります。

このように原因はさまざまですが、そのどれもが一人で抱えこんでしまい、解消することができないためにどんどん自分を追い込むことになってしまいやすい傾向にあります。

こうならないためにも、子育てのストレス解消は必ず必要です。

 

子育てのストレス解消方法について

 

まずは、考え方だけでも変化させればそれなりの効果が見込めるので、子供への過度な期待をもたず、物事をもっとアバウトに考えるようにしましょう。

考え方を変える

また、完璧な親を目指さず、子育てに正解といったものはないと認めることも大切です。

そしてこういった考え方の変化とともに、ストレス解消方法として自分の趣味を充実させたり、一人になる時間を作り出すようにしましょう。

もちろん子供の面倒を見ながら、その合間にそういった時間を作るのはなかなか大変です。

そこで頼りになるのがパートナーです。

パートナーや協力者を見つける

パートナーがいる場合は、必ずパートナーの協力を得るようにしましょう。

他にも実家の親や兄弟など、信頼できる協力者に短時間だけでも子供を預け、休息を得るようにするのも良さそうです。

もっともそういった協力者がいない場合は、費用がかかってしまいますが、ベビーシッター制度などを利用するという方法もあります。

話をする

あとは話をすることも大切です。

これは親などとの電話でも良いですし、本格的にカウンセリングなどを受けてみても良いでしょう。

とにかく愚痴で構わないので、誰かに聞いてもらうことは重要です。

また親同士のコミュニティや集まりなどを、市区町村などで開催していることもあります。

そういったものに参加して、同じように悩んでいる相手と親しくなるというのも良さそうです。

スポンサーリンク

社会に出る

結婚して会社を寿退社し出産、育児と家庭を切り盛りしているといつしか視野が狭くなりがちです。

ですので、少しでもこの視野を広げることを意識してください。

例えば、社会に出てもう一度働いてみるのも良い方法です。

専業主婦の場合、また一からのスタートになりますが、何か新しいことを始める際の緊張や高揚を働くことにより、また感じることができます。

人間には適度な緊張も必要なのです。

逆に、休みすぎるのもダメなのです。

休みすぎることについて、カーネルサンダースの有名な話がありますので紹介します。

「人間は働き過ぎて駄目になるより、休み過ぎてサビがつき、駄目になるほうがずっと多い」

と述べています。

毎日食事をしっかり摂る

育児に忙しい主婦は、子供に付きっ切りで朝食も摂れず、珈琲一杯で済ませているなんて方も多いのではないでしょうか。

これでは、ストレスは溜まる一方です。

ストレスを解消する方法を考える前に、毎日の食事を3食しっかり摂るようにしましょう。

食事を摂る際は栄養バランスも考えて、インスタント食品ばかりに偏らないように注意しましょう。

今後の健康維持の為にも毎日3食、軽食で済ませるのではなくしっかり食べることが最も重要です。

関連コンテンツ

 - 子育て