おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

夏バテ対策の食べ物について!汗の匂いを少なくする効果も

      2015/07/27

PPU_asufarutodebakusuineko_TP_V

夏バテとは、

日本特有の高温多湿の夏に体が対応できなくなって体がだるかったり、

重く感じるようになったり、食欲不振になったりらする夏になる体の不調のことを言います。

 

原因として、

クーラーの効いた部屋と外出した時の気温差による自律神経の乱れや、

熱帯夜による睡眠不足、過剰な汗による体の中の水分不足など考えられます。

 

食べ物で対策

 

夏バテ対策を行う時、重要なポイントの一つに食べ物があります。

夏バテ対策となる食べ物を摂取することで体のだるさを起きないようにするのです。

 

栄養価の高いものを食べることが大切です。

ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質、炭水化物と

バランスの良い栄養価の高いものを食べましょう。

例えば、

疲労回復に効果のあるビタミンB群を多く含んでいる豚肉やうなぎや大豆などがオススメです。

高エネルギー、高ビタミンの食材を取ることが大切です。

また、

暑くて何も食べたくない時など、ただ喉ごしの良いそばを食べるだけでなく、

とろろを加えて食べるだけで栄養価がぐんと高くなります。

 

クエン酸

クエン酸も疲れの元となる乳酸をなくす働きがあります。

また、汗の匂いを少なくしてくれる働きもあるため、汗をかく夏にはありがたい成分です。

そのため、クエン酸を多く含むものも食べることが大切です。

150x100x2012-07-01-17.25.18_01-150x100.jpg.pagespeed.ic.JsXzVuoNiP

クエン酸を多く含む食材

お酢や梅干し、レモン、グレープフルーツなどに多く含まれています。

さっぱりしたものが多く、暑い夏でも食べやすい食材が多いのです。

食後のフルーツをグレープフルーツに変えるだけで効果があります。

 

他にも夏に食べたくなる冷やし中華もお酢が多く入っています。

それにビタミン豊富な焼き豚や野菜を多く加えるだけで栄養価の高いメニューが出来上がります。

 

まとめ

 

暑いからといって食事をしないことは、体に良くありませんし夏バテが治りません。

しっかりと休息して食事を摂ることが大切です。

 

関連コンテンツ

 - 病気