おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

朝礼一言【10月】とその具体例

      2016/10/09

 

10月というものは神無月と旧暦では呼びますが、その由来は全国の神様が一か所に集まることにあります。

唯一出雲は神在月という変わった呼び方をしますが、このような俗説を含めたエピソードは朝礼一言の場面でも大いに役立たせることができるのです。

スポンサーリンク

朝礼一言【10月】

 

人前で話す際には本編へ持っていく前に導入の部分を交える場合がありますが、季節柄に応じた蘊蓄を含んだ朝礼一言は、聞く人の心に長い間残ることにもつながります。

季節的に過ごしやすい10月だからこそ、朝礼一言の例文をマスターして実りある内容に収めていくことが重要になるわけです。

stretching-498256_640

その一方で10月は秋真っ盛りというシーズンであるため、食欲や運動など幅広い事柄を一言であっても織り込むことができます。

また寒暖の差が日によって微妙に異なっていくことから、上手に服装を考慮して生活をしていくことも大切なのです。

朝礼一言は過去の事例を参考にして語られることが多いものの、常に時節の要素を心掛ければ最高の結果を得ることにもつながります。

人前に話す機会があるならば、まずは聞き手が引き込まれるようなエピソードを上手に活用することが大事なのです。

したがって、社員どうしの円滑なコミュニケーションを支えるツールがこういった場所にあるわけです。

 

10月は重要な分岐点である

 

それから10月は上半期かた下半期へ移る重要な時期にも該当しており、前向きなメッセージが伝わるような一言を提供していくことも大切です。

これまで培ってきた良い部分を踏襲しながら、次のステージへ進むきっかけを朝礼では披露することも重要になっていき、過去にそういったエピソードを伝えたことで躍進した企業の例も報告されています。

日々の積み重ねである一連の行為を大事にして、企業の躍進につながるよう個人個人が努力をしていくことが大切なのです。

 

情報収集はインターネットも活用する

press-1015988_640

インターネットでは朝礼の際に役立つ情報も多角的に紹介されており、今すぐに朝礼一言を発言する必要性に迫られている人に対して、わかりやすくアドバイスをしています。

疑問に感じる部分を容易に調べることができるようになった現在は、挨拶の文例以上にどれだけ誠意が伝わるかが重要な意味合いを持っているのです。

 

最後に

 

以上の事柄を冷静に振り返ることで、何を優先させるケースが望ましいかも自然と見えてきます。

それに加え、社会的な背景やニーズにきちんと応えるような取り組みがこれからは重要な側面にもなるわけです。

また10月という時期は、ハロウィンもあるのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 朝礼ネタとスピーチネタ