おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

ホタルブクロの育て方について!日陰でも育てることが可能

      2015/07/27

E3839BE382BFE383ABE38395E38299E382AFE383AD1

ホタルブクロは、

東アジア原産の宿根草です。

もともとは野山に自生している野草ですから、

丈夫で育てやすいという特徴があります。

落葉性、耐寒性が共に優れており、

日陰でも育てることができる植物なのですが、

正しい育て方を理解していないと、花数が減ってしまうおそれがあります。

1年草の場合は毎年植え替えが必要になりますからそれなりに手間がかかります。

 

ホタルブクロ

 

ホタルブクロは多年草ですので、正しい育て方を知っていれば、

植え替えをしなくても毎年可愛らしい釣り鐘状の花を楽しむことができます。

ホタルブクロを種から育てることもできますが、

園芸初心者の場合は、苗を買ってきて植え付けるようにした方が間違いありません。

 

植え付けの適時は

2月から3月にかけてですので、

だいたい1月の下旬頃から園芸店やホームセンターの店頭に苗が出回ります。

開花時期は5月末から7月にかけてです。

上手く育てていれば、

白やピンク、紫などの可愛らしい花をたくさん咲かせることができます。

 

上手く育てるコツ

 

先程も述べた通り、

日陰でも育てることができる植物なのですが、

明るい日向の方が元気に育ちます。

また、

水はけが良い土地を好みますので、

植え付け前に水はけの良い用土に入れ替えておくようにした方がよいです。

 

生育期には、

土の表面が乾いたら、タップリの水を与えるようにします。

ただし、地植えの場合は、雨水だけでもそれなりに育ちますので、

あまり神経質に水やりをする必要はありません。

また、

冬は休眠期に入りますから、水やりを控えて乾かし気味にするのが、

元気に育てるコツです。

生育期には週に1回ペースで液体肥料を与えるようにするのが望ましいです。

たくさんの花を咲かせるためには、施肥を省くわけにはいきません。

しかし、

あえて野趣を楽しみたいと考えている場合には、

肥料を控えめにしてみるとよいです。

 

注意するポイント

 

気をつけなくてはならないのは、害虫対策です。

ホタルブクロはヨトウムシの大好物ですので、

5月から6月にかけては夜間にヨトウムシの

駆除を行うようにする必要があります。

 

最後に

 

ホタルブクロの花言葉は

「正義」「貞節」「忠実」「愛らしさ」です。

上手く育てて

 

白やピンク、紫などの可愛らしい花をたくさん咲かせましょう。

 

関連コンテンツ

 -