おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

PASMOチャージの上限について

      2016/10/16

 

PASMOはチャージして使えばいつても切符を購入せずに電車に乗ったりバスを利用したりすることができるのが魅力です。

このPASMOはあらかじめカードにお金をチャージして使うことになります。

そのチャージの上限は2万円と決められており、この上限を超える金額がカードに残っているときには追加のチャージはできないことになっています。

スポンサーリンク

PASMOにチャージする際の上限

 

入金方法はいろいろあります。

まず駅の自動販売機にカードを入れて入金することができますし、最近ではバスの社内の清算機をつかっても入金が可能になっています。

また一部のPASMOを利用できるお店でも入金することができて便利になっています。

入金の上限は2万円

friends-1013918_640

こうしたどの方法でも入金の上限は2万円と決められています。

最近では残額が少なくなってくると自動的に入金されるオートチャージサービス付きのカードも登場して便利になっています。

こうした機能あるPASMOを利用することができれば、いちいち不足時に入金する必要もなく利用することができますので、利用頻度の多い人にとっては非常に便利なサービスであるということができます。

このカードの場合、一回で入金できる金額単位は入金できるサービスを提供している事業者によって異なりますので、注意が必要となります。

また誤って入金をしてしまった場合には、未使用の状態に限り入金した駅やバス事業者の営業所などで取り消しをしてもらうことができます。

しかし手間のかかる作業ですから、迂闊に入金したりしないように注意することが肝要になるのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

預かり金500円には注意!

このカードの場合初回にカードを購入した場合2000円を入金してもデポジットとして預かり金が500円発生しますので実際に利用できるのは1500円ということになります。

但し次回金額が足りなくなって3000円入金した場合は、満額が利用できるようになっています。

したがって初回カード購入時だけが預かり金分だけ少なくなることは知っておく必要があります。

 

最後に

 

PASMOの場合私鉄やバスでの入金以外にもJRの駅で入金することができますし、入金できる機械が設置されているところはかなり増えていますので便利に利用することができます。

いちいち小銭を出さなくても簡単に交通機関を利用することができるこのカードによるシステムは実に快適な利用ができますし、切符の購入金額で間違いが起きたりすることもありませんから、1枚もっているだけでとても利用価値の高いカードということができます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - クレジットカード