おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

edyチャージの上限とコンビニでの入金について

      2016/10/16

 

edyは前払い方式によってカードの通貨価値をチャージする形で利用を可能にする電子マネーであり、最近では利用できるお店やシーンが非常に増えていることから利用者も拡大し、同様のサービスを提供するものの中でも、もっとも便利なカードとなっています。

スポンサーリンク

edyチャージの上限について

 

このedyのチャージは1枚のカードとしての上限が50000円となっています。

また利用対応店舗におかれているレジやedyのチャージャーを利用しますと1回あたりの上限25000円の入金が可能となっています。

doll-550583_640

ほかにも登場している商品と比較しますと入金可能上限額が大きくなっているため、本格的な買い物にもしっかり使える電子マネーであることがよく理解できます。

 

edyチャージがコンビニでもできるようになった!

 

入金についてはカードを利用できる加盟店の店頭で依頼すること以外にもパソコンと専用機器を接続して自宅でチャージすることも可能になっています。

またネットを通じて金融機関を利用し入金する方法も確立されており、かなり便利に利用できるようになっているのです。

さらに最近ではオートチャージで残高が減ると自動的に一定額を入金してくれるサービスも登場しており、ほとんど入金のことを心配する必要がなくなっていることがわかります。

こうしたサービスはスタート当初は利用できる店舗も限られていたため、実験的に使ってみるといった雰囲気で利用回数も限定的でしたが、今ではほぼすべてのコンビニをはじめ飲食店、両院店、通常のリテール系の店舗などで広範囲に利用できるようになっているため、使い勝手は格段に向上しています。

スポンサーリンク

edyカードの利用限度額について

 

利用限度額も大きくなっているため比較的高額な買い物にも使えるのがうれしい特徴といえます。

都市部ではほとんど意識しなくてもほとんどのお店で利用ができるようになってきていますので、edyは本格的な電子マネーとして成長していることを強く実感することができます。

ただし、もはやその機能は現金と同様になってきていますので、紛失したり盗難にあった場合にはしっかり利用を中止できるようにするなど迅速な対応が必要になってくることはいうまでもありません。

なにより紛失しないようにかなり気をつけるべきカードになっているのです。

 

最後に

 

edyカードは今後利用シーンもさらに拡大が予想されるため、利用者数もそれにともなって拡大していくことが想定され、国内での主力の電子マネーの地位を不動のものにしていく可能性が高まっているといえます。

今後さらに利用金額の上限も拡大することが期待されます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - クレジットカード