おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

シャーペン【0.3mm】のおすすめ3選!

      2016/10/12

 

シャーペンは0.5mmのものが一般的ですが、細い線が書ける0.3mmのものも、次に定番商品となっています。

製図用シャーペンに0.3mmのものが多く販売されていますが、細いだけでない独自の機能を持った商品がいろいろ出ています。

0.3mmの商品の中でおすすめ3選を挙げてみます。

スポンサーリンク

シャーペン【0.3mm】のおすすめ

 

ここでは、0.3mmのシャーペンの中でも特におすすめな商品に絞って紹介します。

オレンズ

51xvyZb3TRL._SL1000_
ぺんてる シャープペンシル オレンズ ラバーグリップ付き 0.3mm オレンジ XPP603G-F

まず、ぺんてるの「オレンズ」です。

元々0.2mmの極細芯で販売されている商品で、人気を受けてその後0.3mmも発売されました。

元々、どれだけ細い芯が可能なのかをかけて開発された商品で、発売したところ、受験生など狭いスペースにたくさん細かい字を書きたい、芯が折れるのが嫌という人に受け、人気となった商品です。

その名の通り折れにくい芯が特長です。

仕組みは、芯が減ると先端のパイプが自動でスライドしていくシステムになっています。

そのためノックして芯を出す必要がなく、止まることなく書き続けられます。

ノックしなくていいという機能は、他にはないメリットと言えます。

デルガード0.3

51aRz7D5B+L._SL1001_
ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 P-MAS85-BK ブラック

次に、ゼブラの「デルガード0.3」です。

こちらも力を込めても芯が折れないことが売りの商品です。

71o7kgtdIOL._SL1378_

ペン内部に内蔵された2つのスプリングが、垂直方向の衝撃を緩和し、先端の金属部分が斜めからの衝撃から芯が折れないように守るようになっています。

シャーペンの芯は短いものをギリギリまで使うこともありますが、短くなった芯が内部で詰まることを防ぐ機能もあります。

芯の詰まりはけっこうな学生が不満に思っていることで、詰まりを防ぐことでスムーズに書き続けることが出来ます。

61EBKln+c6L

こちらは0.5mmと0.3mmのラインナップがあります。

クルトガ

51LiNUsCQEL._SL1001_
三菱鉛筆 シャープペン ユニ クルトガ ハイグレードモデル 0.3mm ブルー

最後は三菱鉛筆の「クルトガ」です。

書いているうちに芯が斜めに削られ、線が太くなるのがシャーペンのデメリットでしたが、クルトガは書く度に芯が少しずつ回り続けて、常に芯が尖り続けるという機能を持っています。

自動で芯が回るので、自分は特に気にすることなく書き続けられます。

常に芯の形状が均一なので、紙に芯が引っかかりにくいというメリットもあります。

こちらも0.5mmも販売されています。

 

最後に

 

以上が0.3mmのシャーペンのおすすめ3選になります。

パソコンやスマホの時代で、紙に筆記具で書く機会が少なくなった今だからこそ、書く時はこだわりの文房具を使いたいという要望は高くあります。

おすすめ3選以外にも、従来の文房具と差別化するために、今まででは考えられなかった画期的な機能を持った文房具が生まれています。

関連記事

【学生】シャーペンのおすすめ3選と伸びる勉強法!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 勉強