おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

朝礼一言、11月の実例

      2016/11/21

 

朝礼一言とは、文字通り「短い朝の一言」となります。

朝礼一言と似た言葉に、朝礼ネタがあるのですが、朝礼ネタという場合には、時間も3分ほどのスピーチであり、内容も時候の挨拶や時事ネタなど広範囲に及びます。

一方、朝礼一言という場合には、無難な身近なネタで、尚且つ短めにが基本となります。

そして、「今日は何の日」などが、もっとも無難で選ばれている内容となっています。

スポンサーリンク

朝礼一言、11月の実例について

 

朝礼は、会社や企業、学校、そのほかの団体や組織などで、幅広く行なわれています。

そして、多くは朝礼を行う月にふさわしいネタが選ばれています。

meeting-room-730679_640

「今日は何の日」については、インターネットで検索すると、すぐに複数のサイトを見つけることができますし、ためになる話も拾うことができます。

例えば、11月22日は「いい夫婦の日」となります。

そして、続く11月23日は「勤労感謝の日」であり、11月23日は「外食の日」でもあります。

ゆえに、11月21日もしくは22日の朝礼では、

「いい夫婦の日、勤労感謝の日、外食の日ということですので、夫婦そろって外食に行き、お互いへの感謝をこめて過ごしてみてはいかがでしょうか」

などと、朝礼一言を述べるのも良いかもしれません。

 

朝礼一言、11月のネタの内容

 

また、毎年11月には年末恒例の新語・流行語大賞が発表されていますので、今日は何の日以外に、

例えばノミネートされた言葉を取り上げて、どの言葉が年間大賞に選ばれるのかなどを、朝礼で話してみるのも選択肢となります。

流行語大賞のノミネート以外にも、実際に、今年の漢字やサラリーマン川柳、今年の10大ニュースなどを、年末に向けたこの時期に朝礼一言ネタとして、披露される方が多い傾向にあります。

そもそも朝礼とは、連絡注意事項の伝達や、社員や生徒など、その朝礼に参加する人たちの意識統一・協調性を養う場となります。

一言を考える際には、その話題が朝のその場面に相応しいか、聞く人たちの共感を得られやすい話かなどを、吟味する必要があります。

その点においても、今日は何の日は無難な選択肢となります。

 

最後に

 

実は朝礼では、一言を聞く側にもマナーが存在しています。

話す人に気持ちよく話してもらうような態度が基本となります。

朝から能面のような表情で、話を聞いているか、聞いていないのかといった態度はNGです。

話をにこやかにうなずきながら聞いたり、そこまでしないにしても、その一言に共感している、興味があるという意識は持つようにしましょう。

関連記事

会社の朝礼ネタ【11月】と作り方!

朝礼スピーチのネタの一例とコツ!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 朝礼ネタとスピーチネタ