おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

高級シャーペンを選ぶ際のポイントとおすすめ3選を紹介!

      2016/10/09

 

「高級シャーペンは普通のシャープペンシルと何が違うのか」と言うとそれはフィット感でありこれは質量の中心を低くすることで得られるものになります。

通常使用のものは手に馴染まないものも多くそのため、疲れやすいということがありますが、この高級シャーペンにおいては重量があり安定性も増しています。

そのため疲れにくく、書きやすいシャープペンシルになっています。

ここでは、選び方や使用例、おすすめのシャープペンシルについて紹介します。

スポンサーリンク

高級シャーペンの選び方

 

シャーペンはボールペンに比べて芯の太さや芯送りの仕掛けなどに作りてのこだわりが見て取れます。

細い芯を使って長きにわたって書くためには1本のペンとしての兼ね合いが必要で1つの箇所にこだわりすぎず、全体を通して見ていくことが重要です。

pencil-cases-505330_640

例えば芯を送り込む機能は作り手によって違いますが、定番はノック式とツイスト式になります。

使用する際はこのようなノック式とツイスト式の仕掛けにも目を向けて見ることが大切です。

芯の太さ

次にシャープペンシルを選択する際は芯の太さ(濃さ)にもこだわる必要があります。

現在、学校や職場などでは0.5×60mm(HB、B)が大部分を占めていますが、海外製は0.7mmが大部分を占めています。

海外製の高級シャーペンには0.7mmを使用することから、まずは0.7mmの太さが自分に合うのかどうかも判断しなければなりません。

負担がかからないペン軸

次に長きにわたって心安らかに使用するためには、手や腕に負担がかからないペン軸が大事になります。

軸には作り手のこだわりが表れます。

フォルムから原料まで、とことんこだわります。

その中で私達は少しでも手や腕の負担にならないものを選択する必要があります。

店舗に足を運べない方は

*最近はネットでいろんな商品を手に入れることができますが、高額になればなるほど実際に商品を手に取って書き心地を確かめる必要があります。

ですからシャープペンシルをネットで購入する場合も、店頭で書き心地を確かめられるのなら、確かめてからネットで購入するべきですが、

そんな時間がない方は、管理人自身のおすすめを参考にしてみてください。

 

高級シャーペンのおすすめ3選!

 

ここでは管理人が選んだ高級シャーペンのおすすめベスト3を紹介します。

アルテイタリアーナ 0.7ミリ

おすすめ3選の第1位はオマスの「アルテイタリアーナ0.7ミリ」です。

参考価格は約27000円と超高額商品です。

万年筆でよく用いられる美しい素材のセルロイドを使用した究極の一本です。

ラグジュアリーな見た目だけでなく、人間工学に基づいた12面体のボディーが気持ちがいい書き心地をもたらします。

イントゥイションプラチノ 0.7ミリ

おすすめ3選の第2位はファバーカステルの「イントゥイションプラチノ0.7ミリ」です。

継ぎ目のないストリームラインのイントゥイションにボディーの直径が太いプラチノを合わせ、重量感が増したことで、よりボディーとのコントラストが強調されています。

直径は通常のイントゥイションの約1.08-1.2倍で、より安定したホールド感を味わえます。

FABER-CASTELL(ファーバーカステル) イントゥイション プラチノ ウッド シャープペンシル 【T05P20May16】

エリゼブラックラッカー&パラディウム 0.7ミリ

おすすめ3選の第3位はデュポンの「エリゼブラックラッカー&パラディウム0.7ミリ」です。

フランスのエリゼ宮殿公式筆記用具として採用されているエリゼは12層塗りのブラックラッカーの艶めきやキャップの絶妙なカーブがエレガントな雰囲気を醸し出します。

高級シャーペンの使用例【職場・ビジネス】

 

このシャープペンシルはプレゼントとしても使えますし、職場やビジネスの場面では大活躍すること間違いなしです。

ここでは、そんな職場やビジネスの場面における使用例を紹介します。

職場での使用例

roundtable-828546_640

私自身もこの高級シャーペンを愛用しています。

職場の上司が使用していたこともあり私も欲しくなってしまったからです。

その上司は順調に会社で出世していき今では会社の幹部になっています。

一般的に見れば、高級といっても5千円~1万円程度を想像していたことと思います。

しかしながら、前途しましたように第一位のオマスの「アルティイタリアーナ0.7ミリ」の参考価格は約27000円と値が張ります。

自宅用にするのであれば、通常のシャープペンシルでも良いかもしれません。

ですが、職場やビジネスの場面では違います。

職場では特に周りの目を意識しなければなりません。

平社員で終わるか、出世するかはこういう意識の差が大きいのです。

 

ビジネスでの使用例

ビジネスの場面であれば、よく言われるのが、第一印象です。

この第一印象が悪いと、営業では契約も取れずノルマだけが溜まってしまいます。

人は見た目が9割とよくこの言葉を耳にしますが、コトバンクのメラビアンの法則の一説によると、

人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う

出典:コトバンク

 

このことからもわかるように、人は出会った相手を第一印象で判断していることがわかります。

では、営業においては「外見だけを磨けばいいのか」と思われる方もいらっしゃると思いますがそんなことはありません。

外見以外にもコミュニケーションであったり、会話のテクニック(話術)が必要になります。

しかし、この外見以外のことは短期間での習得は難しく、経験の積み重ねによるところが大きいのです。

一方で外見を変えることは、今日からでも始めることが可能です。

 

トップセールスマン

 

営業でトップを走るトップセールスマンであれば、時計から、靴、髪型、鞄などお客様から見られる箇所は特に注意を払っているものです。

その際、この高級シャーペンを使用しているセールスマンも数多くいます。

高級シャーペンを使ったからといって「契約が本当に取れるのか」と言われればそれはわかりません。

ですが、通常のシャーペンと比べた時と、どちらに説得力があるのかと考えれば自ずとわかることです。

それ故、この高級シャーペンはおすすめなのです。

 

最後に

 

ここで高いからと言って購入を躊躇する人は向上する意識の低い人なのかもしれません。

職場では、ここで「出世する人」、「しない人」に分かれるといっても過言ではありません。

ビジネスでは、今までと何も変わらず、契約も取れず、ノルマも減らないという現実が待っています。

長い目で見てみると、この高級シャーペンには値段以上の価値があることがわかります。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 仕事