おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

新国立競技場の場所について!絶好のロケーションだった

      2016/10/16

150x100xm20140416-150x100.jpg.pagespeed.ic.t8aotuzGlv

新国立競技場について、これから説明していきたいと思います。

 

新国立競技場とは

 

2020年の東京オリンピック開催のために建設される競技場です。

場所は1964年に東京オリンピックが開催された神宮外苑に隣接した競技場を解体し、新たに新設計の競技場とする予定です。

その内容をめぐっては、一旦建設案が決定しましたが、屋根をつけるかどうかでかなり議論が白熱している状況にあります。

実際に屋根がつけば、オールラウンドに使える可能性が高まるため、必要とする説と、できるかぎりエコに建設したほうがいいという意見もあり、早期にどうするのかを決定する必要があります。

 

新国立競技場の場所は

 

新国立競技場は、都内でも非常に恵まれたところにあり2020年以降も利用度の高い場所となるため、多角的に利用価値の高いものを建設することが望ましい状況です。

000624_li

2020年のオリンピックは

コンパクトに開催することがコンセプトになっており、湾岸エリアからの移動が8キロ以内と言うことも重要なポイントとなっています。

そういう意味では新国立競技場の建設場所は現状での建設地としては絶好のロケーションにあるということが言えます。

 

都市の再開発

 

こうしたビッグプロジェクトがないかぎり、なかなか都市の再開発と言うものはできないのが実情になっています。

今回のオリンピック招致で大きな建築物が向こう50年間以上有効に利用されること、と期待したいものです。

新国立競技場のデザインはすでに新国立競技場の建築物については詳細が開示されていますが、デザイン的にもかなり斬新なものとなり、今後は東京のランドマークとなれば大きな価値を発揮してくれることになりそうです。

 

最後に

 

日本は人口減少や高齢化が進み、これからはなかなか活力を発揮しにくくなってきますが、こうしたビッグイベント好機として東京という都市を変化させることがうまくできれば非常に大きな価値をもたらしてくれることになりそうです。

そういう意味でも新しい国立競技場の今後のできるだけ早期における建設実現を望みたいものです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 勉強