おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

健康診断【バリウム検査】前日の食事と飲む際のコツ

   

 

健康診断のバリウム検査は、嫌なものですが自分の健康状態をチェックする上で欠かせないことですので頑張りましょう。

また、バリウム検査を受ける際に飲むこととなる白いドロドロとした液体ですが、これについては以前よりも味が改善されてきているようです。

検査を受ける前日の食事も注意が必要ですので紹介していきます。飲む際のコツもあるので参考にしてください。

スポンサーリンク

健康診断【バリウム検査】を受ける際の前日の食事について

健康診断を前日に控えた男性

ここでは、検査前日の食事や過ごし方、当日の朝ご飯について色々と決まりごとがあるので説明していきます。

健康診断前日の食事内容

暴飲暴食は絶対にダメです。

前日の食事は消化に良いものを摂ることをおすすめします。

前日の食事(21時前までに)は早めに済ませます。

あまり遅くに食事を摂ると、正しい健康診断が出来なくなるためです。

前日のアルコールは飲んではいけません。

アルコールは胃を荒れさせるので、正しい健康診断ができなくなります。

お茶と水はOKです。

なお当日はタバコを吸うことは禁止されていますので注意してください。

前日の過ごし方

健康診断の前日はなるべく運動することは避けて、身体を万全の状態にして検査に臨みましょう。

睡眠不足にも気を付けて早めに寝ましょう。

当日の朝ご飯について

バリウム検査を受ける場合、前日の夜ご飯を食べた後からは絶食ですので、朝食をとってはいけません。

バリウム検査がない方は、何とかなるかもしれません。

しかし、せっかく健康診断を受けるのですから、正確なデータを取ることを考えた場合、やはり当日はご飯を食べない方がよさそうです。

会社で受ける際は自分の番が来るまで、お腹が空いた状態で待機しなければなりません。

きついかもしれませんが、みんな同じ筈ですので空腹に耐えましょう。

検査が終われば、自由ですので前もっておにぎりや弁当などを準備しておいて健康診断が終わった際に食べることをおすすめします。

 

健康診断でバリウムを飲む際のコツ

マイカップ

検査の最初は、白いドロドロとした液体と一緒に発泡剤を一気に飲みます。

げっぷをしたくなりますがとにかく我慢。

発泡剤で胃を膨らませて、検査するため、ゲップでカスを排出してしまうと、胃が縮んでしまい正しい検査ができなくなるためです。

ゲップを我慢するコツは顎を引いて、視線を下にむけます。

ゲップがでる直前のタイミングで、唾液を飲みます。

なるべく鼻呼吸をします。

発泡剤を飲んだ後は、バリウムを二口ほど飲みます。

次に残りを全てを一気に飲みます。

 

バリウムを飲む際のコツ

飲むコツは、視線を上にしてカップの中を見ずに飲むと、一気にのみほしやすいです。

カップの中のドロドロ感をみたり、ちびちび飲んでいると味や匂い、違和感が気になり、かえって飲むのがきつくなります。

 

飲み終わると、本格的な検査を開始します。

指示にしたがって体を数回転動かします。

これは胃壁にバリウムをくっつけるための作業です。

一番きついのがうつ伏せになって、お腹の下に枕を置かれる検査。

この時は特にゲップをしないように注意します。

その後もいろいろな指示を出されます。

検査の最後は、機械の左側からロボットアームのような物体が出てきて、お腹を押します。

検査は10分前後ほどで終わる検査です。

 

健康診断、バリウム検査終了後

 

検査終了後に、下剤を渡されるので、すぐに大量の水と下剤を飲みます。

長時間、胃や大腸のとどまっていると固まってしまい、排泄が困難になるため、下剤を大量の水と一緒に飲みます。

何錠飲むかは、自身の体質に合わせて飲みます。

下剤を飲んでから排泄したくなってきます。

排泄する際のコツ

ここでのコツは、家に戻るまで我慢せずすぐに排泄します。

便が真っ白ですが、これはバリウムが排泄された証であるので、正常な状態です。

排泄を促すために、検査後は断続的に多めに水分摂取を心がてください。

アルコールにはバリウムを固めてしまうという特性があるため、検査当日のアルコール摂取も控えます。

白い便はくっつきやすく、うまく流れないこともあるので、便器にこびりつかないように、便器にあらかじめトイレットペーパーを敷いておくことで、トイレを汚さずに使用でき掃除をせずに済みます。

これは、自宅でも同じですので、白い便を出し切るまで続けましょう。

 

健康診断後の病院からの移動

病院から帰宅

ある程度、排泄を済ませると病院から自宅に移動することになりますが、その際に公共交通機関を利用する際は注意が必要です。

車やタクシーなどを利用する際は、自分で何とか対応できますが、バス、電車などを利用する際は人の目もあり中々急には止まれませんので、腹痛に襲われるたびに停車した駅やバス停で下車することになります。

バリウムを出し切る目安としては2日間とされていますので、便の色が白から、茶色に変わるまでは注意しなければなりません。

 

バリウムが飲めない場合は胃カメラもあります

 

健康診断でどうしてもバリウムが飲めない方は、胃カメラによる検査もできるようですので、そちらをおすすめします。

胃カメラ

胃カメラは麻酔をしてから、喉からカメラを飲み込む方法が一般的ですが、鼻から入れる方法もあります。

ただ、喉から入れる際に麻酔の効き目が悪いと苦しいですし、飲み込む際も、「うぇ!おぇ!」などとなり吐き気を催します。

知り合いに胃カメラとバリウム検査を受けた方がいて、感想を聞いてみた所「バリウムの方が飲むことさえ我慢すれば楽」ということを話してくれ実際、胃カメラは苦しかったようです。

 

最後に

 

バリウム検査はバリウムを飲むことさえできれば後は楽ですので、勢いで一気に飲んでしまいましょう。

関連コンテンツ

 - 医療