おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

食後下痢がすぐに起こる原因と治療法

      2016/10/19

 

便意については、人それぞれに違いがあり、毎日でなくても、1日おきに便意をもよおすのが快調な証になっている人なども見られます。

しかし、食後すぐに下痢をしてしまう人もいますので、その場合には対策が必要になります。

スポンサーリンク

食後下痢がすぐに起こる原因は食中毒

 

食後下痢になる、すぐに起こる原因の一つには、食中毒などの集団感染をしているケースなどもあります。

食べ物を口にしてから、割と早い段階で発生し、同じものを食べた人にも同じ症状が見られる特徴があります。

この場合には、外食をしている時など、料理を提供する側の店の衛生環境に原因が発生している可能性があります。

症状改善のためには、早期に病院で適切な治療を実施しておく必要があります。

 

食後下痢がすぐに起こる原因は潰瘍性大腸炎

 

食後下痢をしてしまう、すぐに起こる原因としては、大腸に問題が起きている可能性があります。

症状としては、食べ物が十分に消化されずに、水分を多く含んだ状態になっています。

健康な腸の働きであれば、体内の胃液、その他の水分を含んで、脱水された適度な固さの便が排出される事になります。

OZP85_yabeeonakaitai_TP_V

この働きが不十分であるために、症状を引き起こしている場合には、大腸の働きが弱っている、あるいは潰瘍性大腸炎などが発生している事が疑われます。

潰瘍性大腸炎の場合には、ストレスであったり、欧米化した食べ物を多く摂取しているなどが原因になっている場合があります。

食後下痢をしてしまう、すぐに起こる原因の大きな要因の一つになる病気でもあります。

潰瘍性大腸炎の治療法

この場合には、病院で適切な治療を受けて、症状を改善していく事も大切なポイントになります。

病気を発症する人も多くなってきているため、病院での対応も進みつつあります。

潰瘍性大腸炎が疑われる場合の、自分でできる対策としては、日頃からストレスなどは溜めない生活を心がける事も大切になります。

ストレスを100パーセント取り除く事は難しいかもしれませんが、ストレスが大きく溜まらない様に、解消法を見つけてみるのも対策になります。

気分転換が精神的環境を良くする場合もありますので、適度な運動なども含めた方法を実施してみてください。

 

潰瘍性大腸炎の場合は食事管理に気を付ける

 

潰瘍性大腸炎の場合には、食事管理も大切なポイントになっています。

敏感に反応するのが、特に油っこい食べ物であったり、冷たい飲食物になります。

これらの食事を避け、腸の働きを整える発酵食品などの摂取も、腸の働きを整えるのに効果的です。

その点においては、日本で食される和食は、腸への負担も少ない食事であるとされていますので、和食に切り替えてみるなども行ってみてください。

更に、ビタミンD群は、腸内の免疫力を高める働きがあるとされていますので、サプリメント摂取などの手軽な形で取り入れてみてください。

 

朝食後下痢がすぐに起こる原因は過敏性腸症候群(IBS)

 

朝食後の急な下痢や腹痛これらの症状は、過敏性腸症候群(IBS)と呼ばれる病気です。

学校や仕事のある日に症状が出ることが多いとされています。

原因は緊張や不安によるストレスにあります。

ストレスが原因ですので、会社や学校が休みの日は下痢や腹痛の症状も改善します。

過敏性腸症候群(IBS)の具体的な症状としては、下痢や腹痛、腹部不快感、便秘などの便通異常が起こります。

過敏性腸症候群(IBS)の特徴として、出勤前や通勤途中になると腹痛、腹部不快感が起こり下痢になりますが、学校や会社に着くと症状が治まることもあります。

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

AL001-onakagagu-20140830_TP_V

治療法としては、生活習慣を改善することで結果としてストレス解消にも繋がり過敏性腸症候群(IBS)の治療にもなります。

下痢や腹痛

下痢や腹痛の場合は、なるべく朝食後の冷たい水や乳製品の摂取は避けて身体を温める食事や飲み物を摂ります。

また、夜就寝中にお腹をだして寝ることで下痢になりやすくなっていることもあります。

その際には腹巻などでお腹がでないように工夫しましょう。

 

腹部不快感

腹部不快感の場合は、お腹にガスが溜まっていることで起こることが多いのでガスが溜まりやすい食事(イモ類)や飲料水(炭酸水)は避け、朝会社や学校に通勤する前に家でお腹に溜まったガスを出すことも重要です。

ガスが溜まる原因としては、食べ物や飲み物の早食いで飲み込む際に、空気と一緒に飲み込んでしまうことも原因の一つとして挙げられます。

  • 食べ物はゆっくり噛んで食べること。
  • 飲み物を飲む際は喉を鳴らして飲まないこと。

これらの対策で空気を大量に飲み込むことを防ぐことが出来ます。

 

便秘

便秘の場合は、運動不足や食生活の乱れなどが挙げられます。

運動は歩くことでも良いですので、体を動かすことを心掛け、食生活では野菜(食物繊維)を積極的に摂ることを心掛けましょう。

 

  • これらの方法でも過敏性腸症候群(IBS)の症状を改善することが出来ない場合には、医療機関を受診して薬物療法を受けましょう。

 

最後に

 

食後下痢がすぐに起こる原因は様々です。

腸は第2の脳と言われる程人間にとっては大事な器官ですので、大切にしましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 医療