おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

カラスが襲う人の特徴やカラスの特性を知ってから対策を実施する!

      2016/10/10

 

家にペットを飼って、家族同様に可愛がっている人も多く存在します。

その一方では、人にとっては余り好ましくない生物なども身の回りで生息しています。

都心部では特に、カラスの問題が発生しています。

ゴミを荒らすなどの行動や、場合によってはカラスが人を襲うなどのケースも発生しています。

スポンサーリンク

カラスが襲う人の特徴と対策【服装】

カラスの絵

カラスが襲う人の特徴としては、服装の色なども指摘される事があります。

カラスが襲う人が、その時たまたま黄色い服装をしているなど、黄色に反応する場合があります。

この場合の対策としては、カラスが多く生息している、あるいはカラスがよくうろつく場所では、黄色い洋服などは避けておく方が無難になります。

 

カラスが襲う人の特徴やカラスの特性と対策

森に巣

カラスが襲う人の特徴として、その人が生活する地域的な問題などもありますが、まずは、カラスが襲ってくる時の特性などを鑑みる事は、人にも対策として実行できる事があります。

カラスの特性

カラス自体の特性として、4月から7月にかけては繁殖期にあたり、巣で子育てをする事があります。

ご存知の方も多いですが、カラスは頭が良く、人間が使用しているハンガーなどを上手く利用して巣作りなども行っています。

子孫を残して育てる使命も負っていますので、カラスが作った巣は、カラスにとって非常に大切なものとなります。

そこで生まれたヒナたちを育てているからです。

巣立ちをするのが7月頃でもありますので、7月くらいまではカラスの巣周辺100メートルまでは危険範囲として見込まれます。

繁殖期のカラス対策

対策としては、カラスの巣周辺には近づかないでおく事が、最も大切なポイントになります。

カラスは巣をとても大切なものとして捉えていますが、人から見た場合、カラスの巣がどこにあるかは明確にはわからない事が多くあります。

場所が明らかな場合には、近づかない様にする事ができます。

他には、カラスが子育てを行う4月から7月は、特にカラスがエサ場以外の同じ場所を飛び立つ様な場合には、その周辺に巣がある可能性が考えられますので、近づかない様にする事が一番です。

 

カラスが襲う人の特徴と対策

黒いカラス

カラスが襲う人の特徴としては、人が生活する立地も関係してきます。

カラスの巣を見下ろす様な場所に位置している場合には、注意が必要になります。

カラスにとっては、子育て中の巣については、大変な警戒心があります。

そのため、その周辺に関しては、巣が狙われていると感じてしまう事があります。

巣の場所がわからなくても、襲われてしまう様な場合には、カラスが人の顔を覚えて認識している、マークされている可能性があります。

どうしても度々襲われてしまう様な場合の対策としては、近くを通る時に、傘を広げて、特に後頭部を隠す様な形でかぶって防御してください。

人間のこどもを襲う事もありますが、この場合の対策としては、大人が付き添う事で、被害を防ぐ事が基本になります。

 

カラスに襲われた体験談

トリの置物

私はカラスに直接襲われたことはありませんが、カラスには仕事中に糞や骨などを落とされた経験があり、とても痛い思いをしています。

食肉関係の仕事をしていた頃は特に骨を上空から落とされることがありました。(結構な高さでした)

仕事場で解体した骨が出るのでそれをカラスが持っていき、私めがけて落とされることがあり、今から考えると私はマークされていたのかもしれません。

マークされない対策としては、カラスのたまり場などには近づかない方が無難です。

 

最後に

 

カラスの特性を知って、襲われない様に行動してください。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - ペット