おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

親に仕事辞めたいと言えない場合の対処法

      2016/11/09

 

生活の手段として、普段仕事をしている人は多く存在しています。

いわゆる、社畜です。

会社人間、企業戦士などと昔は呼ばれることもあったようです。

仕事漬けの毎日で、プライベートでも仕事のことを考えている人は真面目で良い人も多いです。

会社を辞める際も「まだ親に話していない、言えない」などと話す人もいます。

ここでは、そうならない為の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

仕事を辞めたい理由

 

様々な事情によって、退職を考える場面も同時にあります。

例えば、

  • ノルマが厳しい
  • ブラック企業
  • 夢の実現の為
  • 人間関係に疲れた
  • 転職したい

など、仕事を辞めたい理由は人によって様々です。

しかし、仕事辞めたいという事を、親に言えない場合があります。

サラリーマンやOLを辞めても、会社に通うふりをして就職活動をする人も多く、親に言えれば楽になれる筈ですが、実際はなかなか難しいものです。

親から、「良い息子」や「良い娘」と思われているのなら尚更言いにくいですが、話の切り出し方やシチュエーションを工夫すれば、意外とわかってくれる親も多いものです。

 

親に仕事辞めたいと言わずに辞めた場合

親に怒られた

仕事を実際に、辞めた後に申し出る場合と辞める前に申し出る場合では、少し内容や事情が違ってきます。

例えば、実際に仕事を辞めてしまった後で、前提的な言い方として「仕事辞めたい」と切り出す事もできます。

言えない理由として、大きく叱責される可能性があるからなどがあります。

だからといって、ずっと仕事を続ける事で、自分が心身ともに疲れて、限界を迎えてしまった場合など、猶予がない時などもあります。

その場合には、仕事を辞めてしまってから、少し様子を見て仕事辞めたい、理由、現在の自分の心身の苦しい状態などを話す事ができます。

結果として、ウソをつく事になりますが、辞めてしまったというよりも、親に対しての衝撃が少なくて済む場合があります。

辞める前の状況であれば、意見を少し聞いたりしながら、穏やかな話し合いの中で、賛成を得る事もできます。

スポンサーリンク

親に怒られるのが怖くて仕事辞めたいと言えない場合

 

一般的には、仕事を実際に辞める前に、仕事辞めたいと言えない状況が多くあります。

人によって、切り出した時の親の反応が怖かったり、心配をさせてしまうのではないかと不安になる事があります。

言葉を切り出した時の叱責が怖いのであれば、話をする時を選択するのも一つの方法です。

何も話題がない時に切り出せば、話が目立って重くなってしまいます。

ある程度の期間をかけて、現在の職場の辛さや、精神的・肉体的に参ってしまっている事を複数回話しておくなどもできます。

いきなりよりも、自分の現状をより深く理解してもらえます。

賛同を得るために、少しずつ苦しい情報を増やしていく方法もあります。

 

親を不安にさせるから仕事辞めたいと言えない場合

親を不安にさせたくない

また、仕事辞めたいと言えない理由として、親に心配をかけてしまうのではないかという「不安が過ぎる」事があります。

この場合には、退職理由によっても違いはありますが、新しい職場や新しい仕事に関する情報を提供すると、安心してもらえる可能性もあります。

自分が新しい職場への意欲が大きくあって、希望を抱いているのであれば、その点を強調することにより理解してもらる可能性があります。

自分の今の職場が、自分にとって苦しい場合には、素直に辞めたい事と理由を述べてみる事もできます。

そして、親がそれに対して意見を述べてくれる事があります。

自分の中では辞める事を決定していたとしても、まずは相手の意見を聞き入れる態勢で臨むと、コミュニケーションとしても成り立ちます。

いきなり結果だけを深刻に切り出すよりも、与える衝撃も少なくなります。

できるだけ、時や場面を考えながら、内容を工夫して伝える事が大切です。

関連記事

転職活動がうまくいかないあなたへ!これだけやって仕事が決まらないのなら、それは時代のせいです。

「就職・転職なんて簡単、ハローワークですればいいし」、こう思ったあなたは要注意!

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使ってみた

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 転職