おすすめ情報 ランキングSite

役に立つ幅広い情報を配信します。

*

会社の朝礼ネタ【10月】と作り方!

      2016/10/09

 

会社内では、各部署に所属する人たちが集まって、持ち回りで朝礼の際にスピーチなどをする場合があります。

自分の番が回ってくると、話すテーマであったり、文章として構成するのに困ってしまう事などもあります。

10月の朝礼ネタを探す場合には、やはり季節的な共通性のある話題を提供すると、共感を呼ぶ事にも繋がります。

スポンサーリンク

会社の朝礼ネタ【10月】と作り方について

 

10月の場合には、半期決算を終えて、新たな時期が始まる会社も多くあります。

数字の管理が必要な上役の場合には、この様な決算の結果や新規一転した取り組みなどを朝礼ネタにする事ができます。

0I9A858415070153yuka-thumb-815xauto-18976

話の作り方としては、余り細かい数字などを話したとしても、各人の頭に残る、あるいは共感を呼ぶ事には繋がらない場合があります。

朝礼の時ですので、良い結果、悪い結果位を述べた上で、新たに各人がどんな努力が必要なのかを具体的な内容で示すなどが挙げられます。

真面目過ぎてしまうと、仕事の延長として辛く響いてしまう事がありますので、できるだけ季節的な話題などを盛り込んでみたりすると効果的です。

 

会社の朝礼ネタ【10月】のテーマと内容について

 

秋には、食欲、スポーツ、紅葉狩りなどは一般的に連想できるテーマになります。

からだを動かしながら、発想の転換を図り、仕事に従事するなどを盛り込んだ話の作り方ができます。

多少会社毎に真面目なネタだけを話したり、面白ネタを話すなどの特色の違いがあるかもしれません。

しかし、季節の特色を盛り込む事で、共通意識が生まれる事に繋がります。

ハロウィンネタで作ってみる

全員が持ち回りで話す場合の10月の朝礼ネタの中には、若い人なら、ハロウィンネタを取り上げてみても、老若男女を問わず一瞬の興味を引くネタとして利用できます。

夏を過ぎたあたりから、巷ではハロウィングッズが多く見られる光景になりますが、その由来は古代ケルト民族に始まります。

キリスト教の万聖節で聖人をお祭りする、あるいはケルト民族の暦が11月1に新年を迎える大晦日に行う行事として始まったという由来があります。

簡単な由来と共に、仮装パーティーなどで楽しむ人たちもいる事を話したりもできます。

パーティーを楽しんで、気分転換を図りながら、心機一転仕事にも従事していきましょう、などを話す事ができます。

食欲の秋をネタに作ってみる

10月と言えば、食欲の秋、味覚の秋とも言われ特に旬の食材には食欲をそそられる時期でもありますが、食べ過ぎによる中毒症状には気を付けなければなりません。

この時期の旬の食材として銀杏が挙げられますが、銀杏の食べ過ぎは食中毒を起こすこともあり、大人では40個未満とされています。

このような雑学ネタを披露するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

季節ネタで作ってみる

10月は、夏の暑さが落ち着いて、季節的にも過ごし易い気候になります。

年末へ向けてのがんばり時期が始まるところでもあります。

朝礼ネタの作り方としては、季節の催しを取り入れてみたり、仕事への新たな気持ちを述べるなどしてみる事ができます。

 

会社の朝礼ネタ【10月】のキーワード

 

10月の行事、イベント

  • ハロウィン
  • 食欲の秋
  • 衣替え
  • さつまいもの日
  • 運動会
  • 体育の日
  • プロ野球のクライマックスシリーズ、日本シリーズ
  • 大リーグのワールドシリーズ

今が旬の野菜や果物、魚

  • 柿【かき】
  • 銀杏【ぎんなん】
  • 栗【くり】
  • 里芋【さといも】
  • 椎茸【しいたけ】
  • 大根【だいこん】
  • ブロッコリー
  • マッシュルーム
  • 新米【しんまい】
  • 鰯【いわし】
  • 鮭【さけ】
  • 公魚【わかさぎ】

 

最後に

 

10月の朝礼ネタは、ハロウィン、運動会などの自分の周辺で実施される様な内容を取り上げることがコツで、周囲の人にも映像として想像がし易くなります。

関連記事

朝礼ネタ・ためになる話【頭のいい人の話し方】【ケアレスミス】

朝礼スピーチのネタの一例とコツ!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

 - 朝礼ネタとスピーチネタ